2017年03月23日

東京城東病院整形外科9 圧迫骨折で入院1

昨日夜中3時過ぎに、
かーちゃんがでっかい声を張り上げて私を起こした。
トイレに行きたいと言っている。
無視して寝ようとした。
1時間くらい叫んでいる。
「迷惑なんだよ!」怒った。
介護ベッドの柵をして、自分でベッドに座れないようにして、
怒って寝た。
静かになった。

案の定寝る時間がズレて、朝9時40分ごろ目が覚めた。
「寝る時間がズレるから夜中に起こさないで。」
言いながらベッドの柵を外して、かーちゃんを立たせて、
テープ式おむつを外す。
「何で起こすの?」すごいムカムカしながら聞いた。
「あんたしかいない。」と言った。
夜中はテープ式のおむつに用を足すように言っている。
毎日言ってるのに聞いてくれない。
人が寝てようが何しようがお構いなしだ。
入院してくれて助かる。
ゆっくり寝られる。

当然10時に病院に着くのはできない。
急いではくおむつをはかせて、
サンドイッチ食べさせて薬を飲ませて出陣。
入院すると食べられないから、キットカット食べさせた。

病院に着いて、書類を出して、
薬を病院の医薬に出して、受付傍で待っていた。
名前を呼ばれない。
30分くらい経っても呼ばれない。
そしたら受け付けてくれた事務のお姉さんが、
「整形外科に診察券出さないと、いつまで経っても名前呼ばれませんよ!」と焦って教えてくれた。
ええっ? 急いで出しに行った。
やっと名前を呼ばれた。

無事に5階の包括センターに入院。
持ってったものを、看護婦が見えるように棚に置く。
看護婦が来てパジャマにお着替えしたので帰る。
虹に顔出そうかと持っていたけど、もう12時前だった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

ケアマネ8 いろいろキャンセルの電話を入れてもらう

城東からかえってきてからケアマネに電話。
2時半過ぎに戻ってくるというので、
こちら自宅待機することにした。

3時過ぎて電話あり。
明日から入院することになったのを伝える。
「ええっ。病院どこですか?」
「城東病院。」
「じゃあ明日顔出します。」
「今回は5階に入院だそうです。」
「じゃあリハビリとかやってくれるのかな?」
城東の5階は包括センターになっている。
先生とはリハビリの話にはならなかったが、
6階の整形外科病棟ではなくいきなり5階に入るということは、
リハビリのことも入院前から考えてもらったのだろう。

かーちゃんが城東に入院すると、
必ずほっしーは何度か面会で顔を見に来てくれる。
ケアマネほっしーが勤務する事務所は、
城東病院の隣の建物だ。
フットワークが軽い。
顔出ししてくれて、かーちゃんと喋ってくれる良いケアマネだ。

訪問リハとデイサービスと、初ショートの予約と、
担当者会議は、全部キャンセルにしてもらう。

入院になって、ショートどころではなくなった。
だけど、私にとっては朗報だ。
介護の息が抜ける。
ずっと息抜きしたかった。

銀行に預けようと思っていたトラの子のお金、
さっき確認した。
飲みにも行けそう。
行きたい。
72時間を見ながらビールを飲むのもいいが、
実際に、友達に会いたい。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

東京城東病院整形外科8 圧迫骨折

昨日昼間、焦って介護タクシーを予約。
今日雨が降るとの天気予報だったので、
いくら城東まで歩いて10分でも、
傘さして車椅子押してはできない。

着いたら混んでいたんだけど、
そこまで思いっきりは待たなかった。
先生に、「また来ました。」と言った。
本当に、この間来たばっかりなのに、で、何かしら起こる。

レントゲン撮って先生の診察。
「ここの骨(骨の名前を言われたのだが覚えてない)が潰れています。圧迫骨折です。」
説明ごとに、はいはい、と返事を打つ。
「家にいてどうですか? 何とかなりますか?」と聞かれた。
要介護5で、骨が折れてる85歳のめんどうは見きれない。
それじゃなくても要介護5で、毎日トイレと飯の世話に追われている。
「家だと何ともなりません。」
「じゃあ入院しましょう。明日コルセットも作りましょう。」

コルセット、体に合った物を作らないといけないそうで、
3万から6万だって。
返事ができなかったけど、
1割負担って聞いて、とりあえず胸をなでおろしたけど、
全額建て替えしないといけないんだって。
あとで9割戻ってくるんだって。
でも財布から6万出すことになるのか。
消費税入れたら7万か?
超痛い。

超痛いけど、骨肉腫じゃなくて良かった。
圧迫骨折で良かった。
命には別条ない。

かーちゃんは今この間倒れてから、
日曜からの腰の痛みもあって、昼夜逆転状態だ。
今日整形外科で、入院しましょう、って言われないかな、
と思っていた。
入院してもらって、昼夜逆転を解消してほしい。
その通りになった。

午後に郵便局の帰りに中村屋へ行った。
入院してる間は食べられないだろうカツオの刺身を買った。
そんで帰ってきて、昨日買ったウドの、
きんぴらと酢味噌和えを作った。
酢味噌和えはかーちゃんの春の好物だ。
これも入院してたら食べられない。
今日の晩に出そうと思って、ウキウキしながら作った。

どうしてウキウキしたかというと、明日から、
介護から、解放される。
息が抜ける。
かーちゃんがいなくて寂しいが、息が抜ける。
この1か月半、毎日失禁するので、
トイレとおむつのことで説教したり喧嘩したり毎日洗濯したりで、
ずっと気持ちが張りつめていた。
入院してもらって、いなくなってくれて、多少楽になる。

入院決めてくれた中澤先生どうもありがとう。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

牡蠣と鶏のクリームシチューとチーズパン

170311_01.jpg
先週のある日の食卓。
虹で鶏のクリームシチュー食べたんだけど、
かーちゃんがチーズパンの焼きたてが食べたいと言ったので、
牡蠣のクリームシチューを作った。
買った牡蠣110グラムしかなくって、
肉系が物足りないだろうと思って、鶏肉も入れた。
なので牡蠣と鶏肉のクリームシチュー。

170311_02.jpg
そんで毎回のことだけど、
「焼きたてが食べれるね。」と言ってかーちゃんが喜ぶので、
簡単パンのチーズパン。
私はお包みがヘタクソで、形が悪い。
この間皆(虹女子部)が包んだ方が、物凄く綺麗だった。
だけど焼きたての幸せ。

ホームベーカリー買おうかとも思ったことがあったけど、
簡単パン作るようになってからはその案は却下した。
本当に1時間で作れるレシピだ。

次はかーちゃんに、コーンミールパンを作ってあげる予定。
とうもろこしのパンが食べたいんだってさ。

湿布貼ってコルセットしてロキソニン飲ませたけど、
かーちゃん昨晩腰が痛くて眠れなかった模様。
今朝も、軟膏はないか? と聞いてきた。
かーちゃんは腰周りお尻周りが太っている。
巻けるかどうか懸念されたMサイズコルセットは、ギリギリ巻けた。
可哀想だが今日1日我慢してもらうしかない。
明日城東へ連れて行く。



にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
posted by やすぞう at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おいちー食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

腰が痛いと言い出した

晩ご飯を食べてたら、
「腰が痛い! 痛くて食べれない。」とのこと。
しかし激痛が引いたら、おでん食べだした。
リンゴも食べた。
1人で薬が飲めないと言うので、
錠剤を手のひらに出してあげた。

とりあえず湿布して、今日明日様子見。
激痛が続くようなら救急車。
様子見てまだ痛かったら、火曜の中澤先生。

どうして土曜日曜休日がらみでどっか悪くなるかな。
とにかく湿布貼ってみて、コルセットが必要なら私のを出す。
Mサイズなんだけど、巻けるかな。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | かーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニアメンタルクリニック日本橋人形町11 ドーパミン1日4錠になる

昨日土曜日、井関先生のところ。
2月中旬ごろかーちゃんは倒れたわけだが、
毎週訪問リハの先生と症状を話していて、
「パーキンソンからくるバランスの悪さで倒れたのではないか?」という話になった。

10時15分ごろ病院に着いたら、待ち合いに人がいなかった。
誰もいない。
こんなこと初めて。
予約時間前にすぐ名前を呼ばれた。

花見の話や相撲の話、野球の話など、
今週も先生とかーちゃんは会話ができた。
「あなた夜中何観てるの?」と、先生は昼夜逆転中のかーちゃんに聞いた。
「にっこり。」と答えるかーちゃん。
すかさず突っ込んだ。
「錦織圭のテニスを観ています。」
かーちゃんは錦織圭のことを『にっこり』と呼ぶ。
応援で熱が入ってくると、かーちゃんはテレビを観ながら、
「にっこり。にっこり!」と叫ぶ。

一通りかーちゃんと話したっぽいので、
井関先生に、リハの先生から言われたことを伝える。
「僕の方で、薬の調整しましょう。」
診察終わって会計。
処方箋見たら、ドーパミンが1錠増えていた。
薬をもらったら、寝る前に1錠、と書いてあった。

寝る前に増えた1錠飲むのか。
今、朝食べて寝て、昼食べて寝て、夜食べて寝ている。
もう1錠飲ませるタイミングがない。
薬局のお姉さんに聞いたら、
3時間くらいあけて飲ませてください、と言われた。

生活リズムを病院のようにしないといけないのかもしれない。
どこの病院が良いかな。
城東でいいかな。
朝ご飯8時半、昼ご飯12時、夜ご飯6時、それと寝る前9時だ。
そんなことをつぶやいたら、かーちゃんが、
「無理してやらなくていい。自然に任せればいい。」と悟ったようなことを言った。
悟られても、飲ませるのは私だ。
ちょっと無理して生活リズムを変えていかないといけない。

昨日もいつも通り、今半のかつ煮弁当を買った。
それで、病院に行く手前に、
いつも人だかりの人形焼きのお店がある。
昨日は横断歩道を渡るタイミングでその店の前を通った。
どうせ銀行行かないとお金がないから、もう財布の紐緩める気でいる。
「今日買ってみようかー?」とかーちゃんに言ったら、
「食べたいね。」という話になった。

170318_01.jpg
買ってみた。
有名なお店なのかな。
本当にいつも人だかりができている人形焼きのお店だ。
重盛永信堂
初めてで何買っていいのかわからなかったけど、
迷ってたらかーちゃんが、「どっちも買えばいい。」と言った。
鮎と七福神の顔の詰め合わせのやつと、
カステラだけの袋入りを買った。

何十年か前に買った浅草の人形焼きは焼きたてじゃなかったので、
焼きたての人形焼きを食べるのはかーちゃんも私も生まれて初めてだ。
「こんなの初めてだね。」2人でそう言いながら食べた。
鮎は白餡、神様の顔はこし餡だった。
今度は壺焼き買おう。
壺焼きはつぶし餡だ。
井関先生の病院に来てかれこれ1年。
今半以外の新しいお楽しみが増えた。

お弁当食べてから、強力粉買いに西友に行って、
中村屋におでんダネ買いに行った。
ジャムパン作って女子会に差し入れしようと思っているのだが、
冷めた簡単パンを食べたことがないので、今日か明日実験予定。
それとおでんはさっき仕込んだ。
炊飯器の保温に入れた。
夜にはきっと、大根に味シミシミ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2017年03月17日

二本松眼科4 涙が出て目が見えないの件

2週間前に二本松に行ったばっかりなのに、また行った。
2週間前に家に帰ってきたら、
「涙が出て目が見えない。」とご飯食べながら言われた。
ええっ、行ったばっかりなのに。
どうして今日言わなかったの?
しかも担当の先生、今日明日で二本松をお辞めになる。
次はどなたに診てもらうの。

様子を毎日聞いていたがまだ見えないというので、
今日連れてった。
予約なしでそんなに待たなかった。
新しい先生は女医さんだ。
どうしましたか? と聞かれて、かーちゃんは自分で、
「涙が出て目が見えない。目頭のところが真っ黒になる。」
珍しく自分で症状を話した。
「2週間前の時も大きな異常はないと診断されてますよ。今日明日でそんなに大きな変化が見られるとは思いませんが、瞳孔の検査をしましょう。」
瞳孔が開くようになる目薬をさされて、20分程待ち合いで放置。

私「糖尿から見えなくなるのとは違いますか?」
先生「糖尿からの白内障ではないです。出血もないですし眼球に異常は見られませんよ。」
本日の二本松終了。

じゃあ目が見えないのは、右脳にたまっている水のおかげか?
かーちゃんは右目が見えないと訴えていた。
糖尿でもなく、眼球異常でもない。
疑わしきはこの間の西村のMRIで出た右脳の水。
西村には月末また行くので、その時先生に聞くしかない。
とにかく、二本松で診てもらって、目の異常ではないと診断された。
疑いが1つ消去ができた。

かーちゃんは今昼夜逆転中だが、
転んでから、いや、正確には倒れてから、
逆転のせいもあるが競馬やってない。
どうするよ。
かーちゃんの人生のお楽しみができてない。

二本松の帰りに西友へ寄った。
おでんセット買おうと行ったのだが、売り場になかった。
火曜には置いてあったのに。
売り場からおでんセットが消えていた。
仕方ない、明日中村屋へ行っておでんセット買おう。

八百屋ものぞく。
八百屋の前は一通なので、
車の視野に入るあたりに車椅子かーちゃんを置く。
レジに入っていたいつもの中国人のお姉ちゃんに、
どの位介護しているのかとか、多少聞かれる。
「大変になってきたのは去年の秋ぐらいかな。ここで里芋買って食べさせて、ここでさつまいも買って食べさせてるよ。リンゴも小松菜も食べさせてるよ。」
そう言って2人で笑った。
リンゴも小松菜もみかんもバナナもかぶも、
かーちゃんと私とうさぎの3人で分けて食べている。
うちは今、ここの八百屋がなくなったら、正直言って痛い。
「お母さんいくつ?」
「85。」
「顔つきがいい。笑ったりしてる。まだ元気だね。」
そう願う。
「お、大根買ったの?」とお父さんに言われたので、
「明日か明後日おでん。」
「おでんいいねぇ。」

バスを待っていたらかーちゃんが、
「八百屋のお父さんと目が合ったよ。だからニッコリ笑った。」と言った。
お父さんのカミさんは前はお店に立っていたのだが、
今介護していてもうお店にはあまり出てこなくなった。
だから中国人のお姉ちゃんがお店に立っている。

周りは皆、誰もかれもが介護だ。
介護してない方が少ない。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪問リハビリ26 ポテトチップに突っ込まれる

昨日木曜日、訪問リハビリ。
先生が来て、かーちゃんはベッドに寝ていたので、
ベッドに座ってもらって上半身の運動からスタート。

先月に転んでから歩いてなかったんだけど、
先生の補助付きで、昨日歩行器で歩いた。
こちらハラハラして様子を見ていた。
ベッドから居間に置いてあった車椅子まで歩けた。
「おおっ。歩けますねー。」と先生。

前みたいに歩行器使って居間の自分の席まで歩いて欲しい。
そうなれば、また映画観たりできる。
今かーちゃんの昼夜逆転と、歩行器使って歩けなくて、
居間のテーブルの自分の席に座ってないので、
ブルーレイのHDDに撮り貯めてあるものが全く見れない。

3年か4年前のテルマエロマエから見せないといけないので、
何とか生活リズムを元に戻してほしい。
31日からショートに放り込むので、少し治ってほしい。

受給者証のことで先生からちょっとレクチャーを受けたのだが、
来てからまたどうせまた教えてもらうことになるので、
聞き流した。

介護ベッドの手すりが、
うちに来てからずっと90度に曲がっていたのだが、
一昨日ベッドに平行にならないかと思って触ってみた。
平行になって、かーちゃんがベッドに腰かけられないようにした。
これで夜中勝手に1人でトイレができなくなった。
ベッドの柵をかーちゃんは1人で乗り越えられない。
一昨日昨日今日と、夜中諦めてテープ式おむつに放尿してもらっている。
この3日ベッドに失禁なし。
この調子でいこう。

先生に、ベッドの柵ができることを報告すると、
「今まで知らなかったんですか。」と言われた。
知らなかったんですよ。
もっと早く気がついて、触ってみれば良かった。
「触った事なかったんですよ。」

それと玄関脇に置いてある、
堅あげポテトブラックペッパー味物凄い買いだめに、
先生から突っ込みが入る。
「誰が食べてるんですか?」
「私がビールのお供にしてストレス解消です。もうこの1か月(かーちゃんが歩けなくなってから)飲まないといられなくなっちゃって。」
おむつ替え、車椅子での室内移動、
毎日のおしっこのことでの説教喧嘩で、本当に毎日ヘトヘトだった。
寝る前にビール飲んで、ちょっと一息つきたい日が、
本当に多かった。
堅あげポテトブラックペッパー味は、
ネットスーパーで24袋一度に買っている。
セブンで買うより安い。
 
かーちゃんは失禁はしなくなったが、
明け方今日もまたトイレで起こされた。
「夜中起こさないように。」今日も文句を言った。

先生、また来週。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

東京城東病院整形外科7

本日城東病院整形外科。
かーちゃんの折った大腿骨の定期健診。

先月左足の膝が痛くなって診てもらったので、
今日はそこ重点に診てくださった。
「腫れてないね。熱もないね。薬は要らないね。じゃあまた3か月後(大腿骨)診ようか。」
さっき撮った大腿骨のレントゲンのことには、
一切触れてくれなかったので、
今月の定期健診も問題がない模様。

異常がないと中澤先生ニッコニコ。
今日もノリノリの定期健診でした。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ケアマネ7 

ケアマネほっしー来訪。
特定医療費(指定難病)受給者証と、もう1個、
特養やショートが安くなる証書をコピーして帰っていった。
もう証書がいくつもあって、名前覚えてらんない。

今度30日に、ウエル江戸川の人がうちに来て、
契約することになった。
かーちゃんをショートに送り出す準備が始まることになる。
ウエル江戸川

次の土曜に井関先生のところに行って、
かーちゃんが立てなくなってもう1カ月経った話をするので、
それでドーパミン増やしてもらうかどうかの話になると思う。

かーちゃんには、長くうちにいてほしい。
だけど夜中のべつ幕なしにトイレコールで起こされる。
今日は明け方4時半だった。
テープ式はかせても自分で取ってベッドで失禁している。
もう我慢ならないのだ。
施設に行ってほしい。
長くうちにいてほしいのと、施設に行ってほしい。
どっちの気持ちもある。

毎日葛藤している。
毎日かーちゃんにおむつのことで怒っている。
毎日おむつはかせて優しくもしている。
1日のうちで、気持ちが、行ったり来たりしている。

ケアマネほっしーはわかってくれる。
それだけでもありがたい。
いろいろ提案してくれるのだが、
この1カ月のかーちゃんの様子激変で私が対応できてない。
ようやく寝る時間のリズムが少し戻ってきた。
「ショートとかに、ゆっくり対応していきますので、焦らずゆっくりお願いします。」と、ほっしーに言った。
今日は、見捨てないでください、は、言わなかった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ