2017年05月31日

たけのこご飯鮭ツナサラダ味噌汁の料理2017年5月

本日グリーンサークル虹。
料理のプログラム。
メニューはたけのこご飯、鮭塩焼き、ツナサラダ、
味噌汁にデザートは缶詰フルーツ。

たけのこご飯食べるのは良いが、
作り方知らないだろうと思って、
レシピプリントアウトして持って行った。
たけのこご飯

ジャカジャン♪
今日も画像なし。
U井さんが携帯で出来立てを撮っているのを見て、
あぁ、デジカメ持ってくればよかった、と反省。
次回。次回の料理は持って行きます。

今回の出来。
美味しかったよ。
虹の皆様、うちの味を食べてくれてありがとう。
男子には量がちょっと物足らなかったかな?
11人でお米6合炊いたんだけど、
私がお代わりしたいと思った時には、
もうたけのこご飯は売り切れていた。

やっぱり今回もM本さんが買い出し班でゼロコーラ買ってきた。
医者に飲んじゃ駄目、って言われてるって言ってた。
そういう物って止められないんだよね。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンサークル虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

城東老健9 きざみ食を食べたそうだよ

面会に行ったらフロアに老健ケアマネがいて、
声をかけられた。
「(かーちゃんに)今日試しに、粒のあるお粥ときざみ食をお出ししたら、むせることなく食べたそうで、これなら大丈夫ってお話ししていたんですよ。」
「ええっ? 本当ですかっ? それは良かった。良かった。」
喜んだ。
かーちゃん、ようやっとミキサー食から脱出できそう。

ついでにケアマネに、
福岡のおじさんおばさん宛に手紙を書いていて、
かーちゃんの近影を撮りたいので、
施設内でデジカメ撮影するのを許可してもらう。
他の入居者さんは撮りません、と、きちんとお伝えした。

椅子を持ってかーちゃんの側による。
相棒(再)を見ていた。
「あんたミキサーじゃなくて、きざみと粒のあるお粥食べたんだって?」
「粒があった。」
「良かったねー。この調子で、食べてる時に寝るんじゃないよ。寝たらまたミキサーに戻っちゃうよ。」
食べることもリハビリなんだよ、とお話しする。

話してたら、「死んじゃうよー誰か来てー。」と毎日叫んでいるお婆さんが来たので、
かーちゃんと目と目が合ってお互い笑う。

かーちゃんは、このお婆ちゃんが来ると、
イライラするそうだ。
そりゃそうだ。
死んじゃうとか、お尻が痛いとか、
誰か来てとか、そんなことしか叫ばない。
ずっと叫んでいる。
叫び声を聞いてると、
ここ(老健)にいるのが嫌になっちゃうそうだ。
私もこの叫び声を聞いていると、早く帰りたくなる。

何日か前に、かーちゃんとこのお婆さんの話しをしたら、
お互い『嫌』になるとわかったところだ。
なので今日、目と目が合って、2人で笑った。
そして、「明日また今日くらいに来るよ。」早々に退出。

手紙も今日撮ったかーちゃんの写真も、
あとはプリントアウトするだけなので、ようやっと、
かーちゃんの夏物に名札をつける時間が取れそう。
半袖物持って行ったら、カーディガンも着るだろうし、
名札付けられそう。

毎日大体夕方合わせで面会行くので、
たとえ2、30分の面会でも、
こちらの生活リズムがズレてしまう。
往復時間合わせて小1時間だ。
それでも近所だから、毎日面会に行く時間が取れる。

もう若くないから、
家帰ってすぐご飯の用意とかできないんだよね。
アイスコーヒー飲んで、一息入れないと動けないんだよね。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

おじさんにお線香あげに福岡へ3

22日月曜朝、朝ご飯食べさせてもらって、
今日は帰る日。
K江おばさんが博多駅まで送ってくれた。
福岡の地下鉄に初めて乗ったのだけど、
どの駅にも転落防止の防御ドア(って言うのかな?)がついていた。
これなら安心して、車椅子で地下鉄に乗れる。
「東京はこれがないから驚いた。」とおばさんに言われた。
「東京は乗り換えなんかは便利かもしれないけど、どこも古くて危ない。」と返事した。

うちはJR地下鉄、あまり利用しない。
都バスでの移動をメインにしている。
運転手さんが親切で、
車椅子を乗せたり降ろしたりを助けてくれる。
東京は車椅子では電車のホームは危険。
新都市福岡の実力を地下鉄に見た。

170522_01.jpg
新幹線で食べる用にお弁当買う。
一番搾りの福岡づくりも買う。
「Y子ちゃん、おつまみどうすると?」と聞かれたので、
「私ご飯で飲めるんですよ。」と笑った。

170522_02.jpg
広島過ぎて開ける。

夕方5時過ぎでうちに帰って来れたので、
うさのすけ引き取りに行く。
6時半過ぎに帰ってきて、
もうかーちゃんの所には行けないので、
7時過ぎて夕食用に買ってきた福岡の弁当開ける。
170522_03.jpg

170522_04.jpg
開けたら、これはおかずになりそうなお肉が入っていたので、
ぬるいビール1本開ける。

最近の福岡のかしわご飯弁当は、炊き込みごはんじゃなくて、
ただの醤油味付けご飯に、
何かをしている(鶏肉がのってるとかそぼろになってるとか)弁当だった。
希望を言うなれば、ただの味付けご飯じゃなくて、
いろんな具材が炊き込んである、
本来のかしわご飯の弁当が望ましい。

170523_01.jpg
これは翌朝のうさのすけ。
うちに戻ってきて、もうリラックスモード。

170523_02.jpg
香典返しもらって帰ってきた。
岩田屋の包装紙開けたらスターバックス。

170523_03.jpg
コーヒーのセットいただく。
かーちゃんが退所してきたら飲ませようと思って、
うさのすけにかじられないところに置いた。

今回のお線香あげ旅行反省点。
お香典ケチって失敗した。
次はケチらない。
T彦おじさんK江おばさんAちゃんに良くしてもらった。
次は「うちに泊まればよかと。」に対抗できる、
切り返しスキルを身に着けておくこと。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
posted by やすぞう at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

城東老健8 介護ベッド引き取りに来た

今日午前中、介護用品レンタル会社が、
介護ベッドと車椅子を引き取りに来た。
長年うちの担当のお兄さんが、帰り際、
「やっと(かーちゃんの介護の)息が抜ける感じですか?」と聞いてきた。
「いやー、(老健に)毎日面会に行ってますから(笑)。」と返事したが、
福祉介護関係従者は、
こういうことを聞いてきてはいけない、と思った。

お兄さんと言っても、あたしから10か15若いくらいの、
会社で言うところの部下のいる中堅な感じのお兄さんだ。
失礼なことを言ってるみたい、と思ったが、
言われて腹は立たなかった。
介護関係の仕事はしているが、
大事な肉親を介護したことがないんだな、と思った。
要介護5が老健に入ることになって、
介護者は楽になったのだろう、とでも思ったかな。

私はかーちゃんが入院して退院して、
その間リフレッシュできていて、自宅介護やる気満々だった。
かーちゃんが退院してきて入所するまでの間の、
あのおむつ交換のペースだったら、
自分のペースでやれる、と思ったのだ。

排尿排泄関係がクリアできるのであれば、
夜中にトイレに行きたくて私のことを起こさないのであれば、
かーちゃんと一緒に生活できる。
好きなテレビを見てもらって、好きな物を食べさせられる。
私はちっとも苦ではない。

夕方小松に行ったので、老健面会は夕食後を狙って行った。
まずはかーちゃんが寝ている部屋に行き、
そうしたら今日もおそそうした洗濯物が出ていた。
洗濯物引き上げてかーちゃんの側へ。
「あんた、遅い。」かーちゃんの第一声。
昨日早く来ると約束したのだが、
遅くなったので文句を言われた。
「今日午前中はベッド引き上げるのが来て、午後は小松に行ったから、夕食後を狙って来たんだよ。」

またおそそうしてるから、
「あんた、あたしの春物ズボン持ってこようか?」と聞いた。
かーちゃんと同じデザインで柄違いの春物部屋着が3着ある。
この調子で毎日おそそうしてたら、洗濯が間に合わない。

「あんた、おしっこうんちもリハビリなんだよ。ご飯食べるのもリハビリなんだよ。だからここに入ってもらったんだよ。自分で寝ないでご飯食べるのもリハビリなんだよ。」と今日お話しした。
返事はしなかったが、
顔がハイハイと返事してる風に聞いていた。
そして、夕ご飯食べて眠くなってきてるみたい。
目をショボショボさせている。
「あんた眠たいの?」と聞いたら、
「ほら、皆寝てる。」
かーちゃんの視線の先を見たら、
車椅子に座ってるお爺さんおばあさんが、
顔をうなだれて眠っていた。
「7時になったら寝てるんじゃないだろうね?」
「横になったら寝る。」笑いながら返事がきた。

話してたら介護士さんが寄ってきた。
「もうお部屋に帰りますから。」
「じゃあ明日何時になるかわからないけど来る。洗濯物は明日持ってくる。」
介護士さん5階の、
徘徊する入居者が勝手に降りられないようにしてある、
ロックされているエレベーターを解除してくれて、
かーちゃんをエレベーター前まで押してきてくれた。
「手を振りましょう。」
扉が閉まるまで、かーちゃんがバイバイしてくれた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小松クリニック9

何か3月4月の小松クリニックがない。
それは本当は小松クリニック9、10だった。
もう先月先々月何を話していたかもうわからないので、
今回5月を9とする。
3月4月はかーちゃん入院で、
それどころじゃなかったんだよね。

本日小松クリニック。
朝10時ごろまで寝てたので、必然的に昼が遅くなる。
1時過ぎに昼食。
必然的に1時台のバスに乗れない。
いつも午後一で診てもらうんだけど、今日は、
待ち合いが空いてくる4時台に行く。

福岡に行った話や、かーちゃん老健の話などを話す。
「女子会中止なんだって?」と聞いてくるので、
「O塚さんが足と腰が痛いんですって。」
さっき西友前でK茂さんに会ったから、情報元はそこだな。
K茂さんとは「水曜ねー。」と言って別れてきた。
ストレスかかってない? と小松に聞かれたので、
いつも通りですー、と返事。

非課税家庭はあといくら位稼いで大丈夫なのか? を、
聞こうと思っていたのだが、他の事話してすっ飛ばした。
まぁ、いい。
これはO野さんに聞こう。
社適という道もある。
社適ならM本さんにも聞ける。

それよりも、小松に3月と4月に行った記憶がない。
この事実の方が重要だ。
薬飲んでたから行ったみたい、ということにしておこう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじさんにお線香あげに福岡へ2

翌日21日日曜日、
亡くなったおじさんにお線香あげに連れてってもらった。
昨日博多に着いた20日もそうだったんだけど、
いとこのAちゃんが土日仕事お休みで、
車出してくれて私に付き合ってくれた。

いとこのA彦兄さん夫婦が出迎えてくれた。
泊まってるおじさんのところにビールを宅配したが、
おじさんもAちゃんも飲まない、と言われた。
ええっ? どうしよう……。
ビール1ケース、A彦兄さんちへ持っていく。
「ビール飲む?」
「飲む。」
「あーーー良かったーーーー。」

おじさんにお線香あげて、
仏壇見たらお婆ちゃんのお位牌もあって、
更にお線香あげたくなったのだが、心の中で拝んできた。
それから過去帳というものも見せてもらった。
うちに関連してある記述もあった。
驚いた。
あまり長居しても仕方ないので、小1時間ほどで退出。

A彦兄さん家から近所だというので、
かーちゃんの姉さんが入院している病院へ連れてってもらった。

昨日K江おばさんが、
「H姉さんのベッド脇の引き出しに、S代姉さんの写真が入ってた。」と言ってたので、
おばさんが寝てるのをいい事に、ベッド脇の引き出しを開けた。
今年2017年版の、
かーちゃんがケーキを持ってニッコリ笑ってる年賀状が入っていた。
ハガキがよれていた。
ということは、この年賀状を見た形跡があるということだ。
おばさんと一緒に住んでいた息子さん夫婦が、
この年賀状を持ってきた、ということだ。

おばさんがかけていたバスタオルやタオルケットに、
おばさんの苗字がカタカナで書いてあった。
おばさんと息子さん夫婦は血の繋がりがない。
言わばおばさんは継母になる。
おばさん一家の関係はちょっと複雑なのだ。
だけどきっとカタカナで書いた苗字は、
きっと息子さん夫婦が書いたのだろう。
かーちゃんの介護をして、
そういうことは誰がやってるか身をもって知ってる。
おばさんを病院に預けっぱなし、面会にも来ていない、
というのは違うだろう、と思った。

おばさんに、S代の娘のY子ですよ、と声をかけた。
軽いいびきをかいて寝ていたが、
寝ている目に少し反応があった。
「もう誰が誰やらわからなくなっとると。」
あまり長居しても仕方ない。
おばさんが入院している病室を後にした。

昨日K江おばさんに、
「Y子ちゃん、明日大宰府行かんと?」と聞かれて、思わず浮き立った。
「行く行くぅーーー。」

170521_02.jpg
家を出る前にデータ放送で福岡の週間天気を調べて行ったが、
予報通り、晴天の大宰府。
空が抜けていて、とてもとても気持ちが良かった。

170521_03.jpg
平安時代に祭り事をやっていた大宰府跡に連れて行ってもらった。

170521_04.jpg
史跡に残る柱跡。

170521_05.jpg
祭り事を行っていた記述のある石碑。

170521_06.jpg
その後、太宰府天満宮へ。
昔さっきお見舞いしたHおばさんと、かーちゃんと私で、
子供の頃に連れて行ってもらった。
福岡で3月だというのに雪が降って、
甘酒と梅ヶ枝餅を食べたんだけど、
物凄く寒くて、ブルブル震えて早々に帰ってきた記憶がある。
それ以来だ。

170521_07.jpg
牛さんの像もあったのだが、牛さんで写真を撮ろうと思ったら、
撮りたい人の行列ができていて、人気の薄い麒麟さんの写真。

170521_08.jpg
お参りして参道の茶屋へ入る。
茶屋からは池が見えて、菖蒲がたくさん植えられていた。
この池には鯉もいて、茶屋を出てから鯉の餌買ってあげた。
「Aちゃん、一緒にやらない?」と誘ったのだが、
やらないと言われ、1人で鯉に餌あげた。
面白かった。

170521_09.jpg
うぐいす茶屋で、甘酒と梅ヶ枝餅のセットいただく。
今は5月で雪が降ってなくて良かった、と思った。
美味しかった。

170521_10.jpg
太宰府天満宮の梅。
実がついていた。
おばさんによると、
梅の実は限定商品として売るんじゃないか、と言っていた。

170521_11.jpg
太宰府天満宮と隣接している九州国立博物館へ。
ニューオータニかオークラの喫茶室があった。
カフェラテいただく。

170523_04.jpg
博物館見学後、お土産購入。
珍しく自分用に買った。
鳥獣戯画の小風呂敷。
青と緑とあって、迷ったけど緑にした。
バンダナくらいの大きさだったので、三角巾代わり。
次の料理の時に持っていく予定。

170523_05.jpg
もう1枚小風呂敷。
これもバンダナ用。
梅の和柄で綺麗。
ひょっとしたら上野の国立博物館でも売ってるかな? とも思ったが福岡の記念。
大事に使います。

K江おばさんったら、夜ご飯お肉焼いてくれて、
ご飯を少なくしてもらって肉にかぶりついた。
美味しかった。

こんな感じで福岡2日目終了。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
posted by やすぞう at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

おじさんにお線香あげに福岡へ1

2017年5月13日夕刻。
福岡の、かーちゃんのお兄さんが亡くなった。
かーちゃんの弟の奥様からメールが着た。
そんで、電話が繋がらない、と書いてあった。
おばさんのメールアドレスは知っていたが、
携帯番号を初めて知る。
知らない番号の電話は取らないことにしているので、
おばさんの携帯番号登録する。
電話が繋がった。

間が悪いことに、昨日12日にかーちゃんが退院してきて、
13日は病院へ、14日は理容室へ、
お葬式のある15日はまた病院へ、と、
かーちゃん老健入る前にスケジュールがてんこ盛りだった。

かーちゃん3月から圧迫骨折で入院してて、
次は老健に入る前に病院周りをするので、
お葬式には行けない、と手短に話した。

かーちゃんにおじさん(かーちゃんの兄)が亡くなったことを話す。
「あたしは行けない。」とかーちゃんはうなるように言った。
16日はかーちゃん老健入所日だ。
おじさんの長男のA彦兄さんに電話する。
こちらの様子を手短に話す。
「お葬式には出席できないので、日を改めてお線香あげに行きます。」
かーちゃんと話して、わたしが行くことになった。

K江おばさんから電話がかかってきた。
土日ならA彦兄さんの仕事が休みだろうと思ったし、
かーちゃん老健入所であれやこれや持って行ったり、
買いそろえたりしないといけないだろうと思って、
おばさんに「土曜に行くことにします、ホテル取って……。」と話したら、
「ホテルになんか泊まらんでも、うちに泊まればよかと。」
きたー必殺お決まり文句がきたーーー。
これ言われちゃったら、かーちゃんと私は断れない。
断ってはいけないことになっている。
「いえいえ。気を使わせますから……。」
「気なんか使わんから、うちに泊まるとよかよ。」
「かーちゃんと相談して、電話入れます。」と言って電話切って、かーちゃんと相談した。
泊めてもらうことになった。

かーちゃん老健入所後、
やっぱり毎日あれやこれや持って来い、になって、
土曜東京出発にして良かった。
かーちゃん置いて福岡に行くので、
心のゆとりと日数の余裕がちょっと欲しかった。
うさのすけも預けないといけないので、
宍戸先生に電話して、予約を取った。
朝起きれないとまずいと思ったので、O塚姉さんに、
モーニングコールをお願いした。
江戸川区名産小松菜うどんのお土産も買いに行った。

うさのすけは金曜の夕方に、宍戸先生のところに連れて行った。
預けてから6時半すぎに老健に行って面会。
もうすっごく忙しくて、老健から帰ってきて、
晩ご飯食べるのがせいぜいだった。
目覚ましを5時半にセットして早寝した。

土曜朝、目覚ましが鳴る前に起きれた。
だけどあと30分ある。
ベッドでモゾモゾしてたらO塚姉さんのモーニングコール。
どうもありがとうありがとう。
起きてサンドイッチを食べて、自分の荷物を詰め込んだ。
6時50分ごろ出発。
バスで錦糸町に出て、錦糸町のみどりの窓口で、
今日の新幹線博多まで自由席、と言って買い求め、東京駅へ。
東京駅に着いていきなり昼用の弁当を買う。
自分1人なので、自由席にすぐ座れた。
1人旅は10年ぶりくらいだ。
いざ博多へGO!

170520_01.jpg
新神戸あたりで弁当を広げる。

170520_02.jpg
鶏照り焼き重。
ビールはうちから持ってきた。
ぬるかったけど美味しかった。

新幹線の中で、何だかキツネにつままれたような気分になった。
本当に今日のうちに福岡に着くのか。
うさのすけがいるから、旅行とは全く無縁で今までやってきた。
本当に1人旅をしているのか。
そんで新幹線に乗ってから、あぁ、喪中は会社休めるから、
別に土日合わせで来なくても良かったんだな、と気づく。

博多に着いたら改札口までおばさんと、
いとこのAちゃんが迎えに来てくれていた。
おばさん宅(かーちゃんの弟宅)に到着。
おじさんとも会えた。

「S代姉さん(かーちゃんのこと)死んだらどうすると?」と聞かれたので、
かーちゃんの遺言書の控えを持って行った。
おじさんに読んでもらった。
「永代供養とかどうすると?」
それは東京にある深川不動尊でもうやってもらっているとお話する。
多分かーちゃんの意向をおじさんおばさんに伝えられたと思う。

170520_03.jpg
夜、おばさんたら天ぷらを用意してくれて、皆で囲んだ。

170520_04.jpg
ものすごいご馳走。
あぁやっぱり気を使わせてしまって、
こんなにおもてなししてくださって、本当に本当に感謝した。

長くなりそうなので、今日はこの辺で。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城東老健7

行って洗濯物のチェック。
またおそそうした模様。
ズボンの在庫確認。
今日は日付が変わった辺りから雨予報なので、洗濯は無理。

洗濯物引き上げて食堂へ。
テレビの方に向いてお相撲観ていた。
あごに何か黒い物がついてる。
来たよ、と話し始める。

「あんた食べてる時に寝てるそうじゃない。それじゃあきざみ食にもならないよ。ご飯の時に起きてて、自分で食べられるようにしないと。ご飯食べるのもリハビリだよ。」と、昨日看護師ケアマネから聞いた、かーちゃんの食事時の様子話をする。
「いっぺん決まっちゃったら変えられないんだよ。」と言うので、
「きちんと食べないとね。変更できないんだよ。」と言ってきた。

「お婆さんのところに面会の人が来て、1日3回ご飯を食べさせに来る。」
どのお婆さんだか知らないが、身内の人が来ているのだろう。
「あんたもそうしてほしいの?」と聞いたら、うん、とぬかすので、
「それは無理無理。忙しい。」とお断りした。

何甘えたことぬかしてんだ。
こっちだって諸事諸々合間を縫ってやって、
かーちゃんが起きてるであろう時間を見計らって面会に行っている。
「こっちは何もやることがない。」とかーちゃんは言った。
明日運動でもしろ、と言うつもり。

明日介護ベッド車椅子を介護レンタル会社が引き取りに来るので、
かーちゃん部屋の空いたスペース使って、
部屋の模様替えをゆっくりやるつもり、と話した。
かーちゃんが使ってない和箪笥2つある。
捨ててもいい、とのたまっていたが、もったいない。
年代物の和箪笥捨てるなら、
私の部屋にあるカラーボックス等の、
今の収納棚を捨てて、和箪笥使いたい。
かーちゃんは和箪笥の中身も捨てる気になっていたので、
掘り出し物があれば遠慮なくキルトトップに切り刻める。

介護士さんがかーちゃんのお茶コップの様子を見に来た。
ついでにあごの黒い何かを拭ってくれた。
「プリンのカラメルですー。」
「あんた今日プリン食べたの? うちじゃ出ないよ。」
介護士さんは新しいお茶とろみ付きを持って来てくれた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

城東老健6 今日こそ福岡の話をする

洗濯したお着替えを持って行く。
行ったら起きてて、車椅子に座ってお相撲観ていた。
椅子を借りて隣に座る。
今日こそ、昨日話したのに眠くて聞いてないであろう、
福岡の出来事の話をする。
昨日話したことを、デジカメ画像を見せながら再度話す。
かーちゃん宛に見舞金もらっちゃったので、
そのお金をどうするかのお話をする。

今日は、全部話し終わるまで、かーちゃんは起きていた。
「全部聞いたね? もうデジカメ持ってこないよ。」
「聞いた。」とかーちゃんは言ったのだが、
どうも眠たい模様。
どんどん眠たくなってきている模様。
こちらの言ってることの返事が、どんどん小さくなってきた。
「あんた眠たいみたいだから帰る。帰っていい?」
「帰っていい。」

帰り際エレベーターのところで、看護師さんにつかまる。
かーちゃんミキサー食やめたい件の話をされる。
「ご飯の時に眠っちゃって、器がしっかり持てなくて、寝ながら食べてるんですよ。この調子だと、きざみや普通食にしても、きちんと食べられないと思います。」
「そんなに急にきざみに変更しなくていいですから、様子を見てやってくれませんか?」と返答。
フロア担当看護師介護士さんが本人に向かって、
「これじゃあお食事普通食にはできませんよ。」と言ったそうだ。
そうしたら、「わかった。」とかーちゃんは返事したそうだ。

1階に降りたら、老健ケアマネにつかまる。
かーちゃんミキサー食やめたい件の話をされる。
同じ話を違う人にされたので、
「そんなに急にきざみに変更しなくていいですから、様子を見てやってくれませんか?」と返答。
ちょっと違う風にも話した。
病院やうちでは、食後寝れていた。
だけど老健では、やれお風呂だ、リハビリだと、
起きてないといけなくなってること。
多分体内時計が狂ってきているんだろう、とお話した。

まずは体内時計かな。
老健の日常に合うようにしないといけないところからやらないといけないかな。

金曜日に介護用品レンタルのところが、
介護ベッドと車椅子を引き取りに来る。
借りっぱなしにするかとも思ったが、
ひと月何某かのお金がかかる。
3ヵ月後にまた検討することにして、いっぺん返すことにした。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五和貴江東クリニックのデイケア見学2017年5月

本日グリーンサークル虹。
バスに乗って、亀戸6丁目にある、
五和貴(いわき、と読むそうです)江東クリニックの、
病院がやっているデイケアを見学。
最初1時間ほど、どんなことをしているのか、
五和貴のデイケアに参加しているメンバーさんたちも含めて、
お話を聞く。
お茶を出していただく。

医療法人社団耕和会 五和貴江東クリニック

五和貴のデイケアは週4回。
朝から3時半頃まで拘束される。
参加メンバーそれぞれで、
体調や様子を見ながら参加できるシステムになっている。
五和貴江東クリニックの患者さんが主な参加メンバーだが、
患者じゃなくても参加できるそうだ。
あまり大人数ではなく、こじんまりとしたデイケア。
江東区は保健所がやっているデイケアもあるそうだが、
どうも病院がやっているデイケアの方が主流のようだ。
そういうデイケアが何か所もあるというお話も聞いた。

一通りお話聞いた後で、虹のスタッフったら、
ボッチャボールをまた江戸川区スポーツ課から借りてきて、
五和貴デイケアメンバーさんスタッフさんも巻き込んで、
ボッチャをやる。

五和貴VS虹で対戦したのだけど、五和貴さんってば、
ボッチャ初体験とは思えぬほど上手かった。
何ゲームか対戦したけど、全部五和貴チームが勝った。

「ブログに書いちゃうぞ。」と言ってゲラゲラ笑ったんだけど、書いちゃうぞ。
虹チームはU井さんが、ボール投げるの物凄く上手かった。
あまりにもナイスボールを投げるので、
虹スタッフS戸さんから指名がかかるほど上手かった。
指名がかかった後も上手かった。

「今度時間が合えば、健康サポートセンターがやってるデイケアの見学もしてみたい。」と、五和貴のスタッフさんがおっしゃっていた。
是非虹に来てください。
ボッチャしましょう。

病院がやっているデイケアの見学、と言うよりも、
ボッチャをやりに行った感のある楽しいプログラムだった。

来週は料理。
何かたけのこご飯を作るそうだよ。
うちのレシピ持っていくかな。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンサークル虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする