2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年8月初旬くらいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2017年11月04日

矢口歯科三度2017年11月

またもや入れ歯が当たって痛いと申すので矢口歯科予約。
本日連れてった。

今日は入れ歯の当たって痛そうなところに、ガムのような、
ゴムのような物を入れ歯に張り付けてくれた。
これでまた様子を見る作戦だ。

新しく入れ歯を作ることに先生が慎重だ。
かーちゃんの今の状態だと、
型を取るのが難しい、と言われた。
口を開けてください、閉じてください、に反応が悪い。
型が取れないだろう、と先生が判断している。

矢口終わって、世俗に触れさせるため今日も中村屋へ。
中村屋出口のところで、1人の女性が出てきた。
「あらーーこんなところで久しぶりー。」
私とかーちゃんを見て声をかけてきた。
んんん、この声聞いたことある。
関西弁だ。
どっかで会った。
どこだっけな、病院だ。
城東だ。
いつだ? 去年か?

かーちゃんてば、いい加減。
「こんにちはー。」いつもよりにこやかに挨拶している。
わたしもいい加減。
「お久しぶりです。こんなところで会うなんて。」
「車椅子押してるってことはこの近所なん?」と聞かれたので、
「うちは小学校の裏です。」と返事しながら、
あああーーーっ、今年だよ、今年の城東病院。
看護婦姿の時はいつも髪をお団子にしているのに、
ロングで下ろしていたのでわからない。
いつも制服着ているのに、私服着てたらわからない。
夜番やってたベテラン看護婦さんだよ。
「じゃあ、寄っていきますので、また。お気をつけてー。」別れた。

うちに帰ってきてからかーちゃんが、
「あんたよく看護婦さんだってわかったね。」と言ってきたので、
「あんたあの人、誰だかわかってないでしょう?」と聞いたら、
わからない、と返事した。
ほらみろ、やっぱり誰だかわかってなくてお愛想してるよ。
「あんたさっきの看護婦さんに、ずいぶん車椅子に乗せてもらったよ。」

今年のかーちゃん圧迫骨折での城東入院。
痛くて痛くて食べられないので、
私は退院するまで毎日、1日1回か2回食事介助に通った。
ご飯食べる時間になると車椅子に乗せられるので、
さっき会った看護婦さんに、ずいぶんと乗せてもらった。
そんなことを思い出した。

今年もやるのかうちの重大ニュース発表。
もう11月だ。
今年もネタが多少ある。

昨日今日でこたつ布団を出して干した。
ダイニングテーブルがダイニングこたつに様変わりする前に、
居間のテーブル位置を変更して、
居間でかーちゃんがテレビが観れるようにするつもり。
学校始まる前にやらなければ。
そうだ今年のクリスマス用に、
ドライフルーツをラム酒に漬けこまねば。
昨日のご飯から硬いご飯だったのを軟らかいご飯にしたので、
また明太子頼むのもやらなければ。
かーちゃんが白いご飯だけ食べようとする。
しかも白いご飯だけだと食べ残そうとする。
なので今、明太子乗せたり梅干しちぎって乗せたりして、
食べてもらうようにしている。
トッピングしたらご飯を真っ先に食べるようになった。

それにご飯に明太子。
ないと私も寂しいの。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by よっしー at 17:55| Comment(0) | 矢口歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする