2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年8月初旬くらいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年05月18日

西先生21 お薬粉砕って言うのをまた忘れる

本日西外科胃腸科クリニック。
昨日電話をかけて、いつも通りか聞いた。
いつも通りでない場合、診察受付が物凄く短い。
短いのに患者さんがいっぱいになる。
診察まで物凄く待つ。
なので必ずいつも通りかどうか聞く。

今日ゆっくり起きたので、必然的に午後に行くことになった。
慌てて行ってもなぁ。
朝食べて午前中のうちにかーちゃんを寝かす。
午後西さんに行くから昼寝しといて。
しかしワイドショーを見てやがる。

「便秘だったのはどうしましたか?」
酸化マグネシウムを出してもらっているのだが、
そのおかげか週に2回出るようになってきた。
月曜デイサービスで出して、木金土の辺りでもう1回出る。
そんなサイクルになってきた。

「ちゃんと食べてますか?」
食べてる、とかーちゃん。
「活きが良かったころは何でもバリバリ食べてたのにねぇ。」
4年くらい前の話しだ。
西外科胃腸科クリニックでは、
かーちゃんの活きの良い時を先生共々みんな知っている。

食が細くなってるんで、もうちょっと食べさせたいんですけど、と言ったら、
「糖尿との兼ね合いもあるから。」と先生は言った。
あまり食べさせると血糖値があがる。

薬はいつも通り処方箋出してもらう。
あぁ、また言うの忘れた。
お薬粉砕してくださいって。
来月また言おう。

何で忘れたかというと、今日採血した。
大姉さん看護婦さんが久しぶりに採ってくれたのだが、
出ない。
かーちゃんの血が出ない。
相変わらず採血者泣かせのかーちゃんの細い血管だ。

「誰か来て!」
大姉さんの呼び声に、
慌てていつものお姉さん看護婦さんが来た。
2人で取ってくれてたら、
他の看護婦さんと事務のお姉さんも寄ってきた。
かーちゃんの血を取るので、
みんなでワイワイになってしまった。
「(かーちゃんが)競馬やってますよ。ハズレ馬券1着3着5着とかで全然当たってないけど、安心して。」と言ったら、
皆が笑った。
かーちゃんも笑った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by よっしー at 18:16| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする