2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年8月初旬くらいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年07月20日

自分の西先生12くらい 爪をはがされる

昨日かーちゃんを西先生に連れて行ったので、
ついでに自分も診てもらった。

1カ月くらい前に左足の甲を思いっきりぶつけたんだけど、
薬指の爪が今でもグラグラしていた。
痛いのはもう通り過ぎたんだけど、
自分ではがしていいものか、
そのままにしていいものか迷っていた。

「先生、打撲の痛いのは治まってるんですが、爪がグラグラしています。」
「どれ?」
「これ。この薬指。」靴下を脱ぐ。
「ああ、これね。じゃあ。」言いながら手が出てきて、
「じゃあ」のところで私の左足薬指の爪をはぎ取った!
「ひえぇーーーーー!」
痛くなかったが叫んだ。
「取っちゃいましょう。」
先生、もう取ってるってば。
居合わせたかーちゃんは一部始終を見ていて笑った。
居合わせた大姉さん看護婦さんも私の反応を見て笑った。

「こういうのをつけたままにしておくと良い爪が生えてこなくなりますから、取っちゃって大丈夫です。」
爪取ってから先生は言った。
荒療治、って思った。

外科とか整形外科の先生ってこうだよね。
にっこり笑ってこういうことするよね。
内科も見てくれるが、西外科胃腸科クリニックは、
外科も整形外科もやっている。
忘れていた。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by よっしー at 17:41| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西先生22 少し太りましたね

昨日猛暑の中、かーちゃんを連れて西先生。

きのうのかーちゃんバッチリだった。
受け答えバッチリ。
先生の問いかけに即座に答えられた。

「8月に老人健診するから、それでもいいかと思いますが、やはりその前に血の検査をしましょう。ちょっと太ったみたいだから。」
「血ぃ採るんだってよっ。」これは私。
「むくみではなく太ったみたい。」
先生にそう言ってもらえて、良い傾向だと思った。
4月に城東退院直後、
食は細くなって帰ってくるし、運動しないし、
食べさせるのに一苦労、運動を促すので一苦労している。
かーちゃんは血を採ると言われてもケロッとしている。

昨日は大姉さん看護婦さんが採ってくれた。
かーちゃんは看護婦さん泣かせの細い血管だ。
「出ない……出ない……出て! 出たっ!」
声が祈っていた。

かーちゃんの薬の処方箋薬局を、
城東の向かいの調剤薬局に変えた。
粉砕してもらうので、時間がかかる。
薬を取りに行くのは、家から近い方が良い。
城東の向かいだったら、歩いて10分で行ける。

今とにかく、
かーちゃんの食事作り置き作成で時間が取られてるので、
ヘタすると1日食事の事で追われるので、
バスに乗る時間は短縮したい。
あとで取りに行く。

今日も午前中からお粥作り。
とうもろこしをシリコンスチーマー。
ぬか漬け仕込みと取り出し。
冬瓜100円だったので漬けてある。
取り出した冬瓜は昼ご飯に合わせてこれもミキサー。
美味しくできてるかな?

さっき書き忘れ。
先生にこんにちはした後、
「介護認定の更新です。意見書をお願いします。」と、
ケアマネに言われたことそっくりそのまま先生に言えた。
付箋に書いていった。
言うの忘れなくて良かった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by よっしー at 11:46| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする