2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年7月いっぱいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年11月01日

かーちゃんのプロフィール

うちのかーちゃんのプロフィールを書こう。

2018年1月25日現在、うちのかーちゃん86歳。
趣味は競馬。
40何年やっている現役ベテラン女馬券師だ。
武豊大好き。
毎週土日は手弁当を持って朝からWinsへ行って、
毎週競馬をやっていた。
2013年6月からはうちからパソコン投票をやっている。
86にもなって馬券当てて暮らすのを夢見ているが、へっぽこだ。
破産しそうになる。
毎週「当たってくれぃ!」と祈っている。

相撲サッカーテニスオリンピック卓球水泳も見るが、
相棒、科捜研の女、ドクターXも好きだ。
(テレ朝再放送時間帯最高!)
インディジョーンズを見たり、
最近では精霊の守り人を撮ってくれと言ってうるさい。
テルマエロマエのことを『お風呂の映画』、
阿部寛のことを『お風呂のお兄ちゃん』と言ったりする、
お茶目な婆さんだ。

ペットショップで見たうさのすけを、
抱っこしてその気になって5分もしないで「飼う!」と言って、
財布からすぐにお金を出した、太っ腹かーちゃんだ。

2003年私が離婚したため、
仕方なく私と初代うさぎと暮らす羽目になった。
仕方なかったかもしれないが、私発病入院退院等の経過を経て、
今では何となく3人で楽しい我が家をやっている。

主な病歴。
糖尿病、パーキンソン病レビー小帯病、大腿骨骨折手術、
窒息による誤嚥性肺炎、逆流性食道炎、第一腰椎圧迫骨折。
認知の具合は年相応。
2018年1月現在要介護5。
自力では立てなくなって1人でトイレできなくなったため、
リハビリパンツは卒業。
テープ式おむつに用を足してもらっている。
ちなみに1人ではうーーーんと頑張らないと起き上がれない。

2017年3月の圧迫骨折入院退院をしてからは、
自分の力で起き上がれなくなった。
老健退所してきてからも自力では起き上がれない。
ベッドから車椅子に乗るのに介助。
部屋の中は車椅子移動。
車椅子からベッドに移るのに介助、という具合の要介護5だ。

2017年11月、入れ歯が合わなくなって歯医者に行ったが、
パーキンソンで口が動く症状が出ているため、
入れ歯を新しくするのは断られた。
2017年の城東入院と老健で、ミキサー食を食べさせられた。
自宅に戻ってきてからは、味噌汁はミキサー。
副菜芋類煮物とトマト、豆腐と焼売と梅干しで食いつないでいる。
固まり肉は墨東退院(2016年8月)以来食べてない。
元々食いしん坊。食欲魔人。

こんなかーちゃんですがよろしくお願いします。

以下は、かーちゃんの病歴等のまとめ。
ブログより抜粋。

2013年02月18日
かーちゃんの診察時に付いていたら、とうとう先生から、
「糖尿病です。」と、はっきり宣告されてしまいました。
これは西外科胃腸科クリニック、西先生。江戸川区平井。
以降、糖尿病の薬は西先生から投与。

2014年05月23日
かーちゃんの介護認定が下りました。
要介護1。

2014年06月19日
今日、船堀のタワーホールにある、
江戸川区がやっている医療センターへ行ってきました。
かーちゃんの、脳のMRIを撮るためです。
かかりつけの西先生に勧められて、要予約で撮ってきました。

2014年11月29日土曜日。
順天堂東京江東高齢者医療センターへ行きました。
行ってみたら脳神経内科ではなく、
メンタルクリニックの予約でした。
問診をいろいろされて、進行性核上性麻痺ではないとのこと。
次に上がった病名はパーキンソン病でした。
順天堂東京江東高齢者医療センターから、
初めて薬の処方箋が出ました。
かーちゃんはドーパミンの数値が標準より少ないので、
そのドーパミンを薬で増やす、
ドーパミン療法というのをやるそうです。
人はドーパミンが5あるところ、
かーちゃんは1しかないそうです。
認知症の薬もこの時から投与。

2014年12月16日
本日、認知症の検査のため、
順天堂東京江東高齢者医療センターへ行ってきました。

2014年12月27日土曜日。
かーちゃんの認知症検査の結果を聞きに、
順天堂東京江東高齢者医療センターへ行ってきました。
会話をする言語の数値は人並みにあるそうです。
その数値は低くない。
しかし前頭葉と頭頂葉の数値が低いそうです。

2015年1月5日。
朝6時半に起きて、江東高齢者医療センターへ。
かーちゃんはMIBG検査を受けてきました。

2015年1月24日土曜日。
この間のMIBG検査結果を聞きに、
順天堂東京江東高齢者医療センターへ行きました。
パーキンソン病の症状がたくさん出ているので、
パーキンソン病のレビー小体病です、と診断されました。
この時にはもう既に、パーキンソン歩行の症状がありました。

2015年09月11日
西外科胃腸科クリニック内で、大腿骨けい部骨折。
江東区亀戸の東京城東病院へ入院、手術。
10月下旬退院後、家での歩行は歩行器、外出は車椅子。
トイレは、自宅の段差で足が上がらないのでポータブル。
風呂は、段差と風呂桶をまたげないので、週1デイサービス。
入れた骨の位置の確認のため、現在は半年に1度程度の検査。

2015年10月26日
要介護4認定。

2015年11月10日
井関先生で土曜日診てもらったばっかりの日曜日。
かーちゃんは動くことができなくなった。
歩行器で歩けなくなった。
何とか担いで居間の椅子に座らせたら、手が震える症状が出た。
手が震えて体が震えている。
振戦だ。
初めての振戦の症状。
本人は震えている自覚がなかった。

2016年01月11日
便秘と同時にかーちゃんの振戦が出ています。
今回は本人も震えているのを自覚しています。

2016年4月
パーキンソンを診ていただいていた医療センターの井関先生が、
クリニックを開業したため、ついて行く。
シニアメンタルクリニック日本橋人形町。

2016年6月23日
自宅にて夕食で食べていたお肉が詰まり、救急車を呼ぶ。
墨東病院ERへ緊急入院。
窒息からの誤嚥性肺炎。
7月21日に退院。
以後自宅にて水分と食事はとろみ食ミキサー食。

2016年07月23日
シニアメンタルクリニック日本橋人形町4
本日午前中、井関先生のところへ。
窒息からの誤嚥性肺炎で、
墨東ERへ緊急入院していたことを伝える。
「パーキンソンからくる誤嚥かもしれませんね。」と言われた。

2016年7月31日
退院してきて10日ほど経つが、
居間の椅子には歩行器移動で座ることができるが、
自力で立つことが介助が必要になってきた。
昨晩は自力で立つことができず、立たせるのを助けたが、
歩行器で歩こうとして歩けずに転んだ。
どこも痛くないと言うので、様子見。

2016年8月28日
昼を食べさせていたら、食べる側からはいた。
これは単なる食あたりではない。
昨日唯一私と違うもの杏仁プリンをかーちゃんに食べさせたのだが、
それが臭いと思っていたのだが、違うっぽい。
「西先生に行くのに待ってられないから(日曜休診)、城東で診てもらおう。」
かーちゃんは今度は観念したらしく、そうする、と返事した。
救急車呼ぶと、どこの病院に連れて行かれるかわからない。
城東に直接電話した。
「逆流性食道炎の恐れがあります。水曜に胃カメラしましょう。」
電話の時に万が一入院と言われたのだが、
その通りになった。

2016年09月13日
城東病院退院。
すぐに訪問リハビリ手配。

2016年10月09日
介護認定が下りる。
今回は要介護5。

2016年10月22日
歩行器を使って部屋内を移動するが、すぐ転ぶような事態が以降続出。

2016年12月08日
かーちゃんがベッドに座ってる姿を、
デジカメに撮ってあるので見てもらう。
「ええっ? こんなになってるんですかっ?」リハビリ先生も驚いた。
前傾がすごいのだ。
「来週メンタルクリニックに行くので、その時も見てもらおうと思って。」
絶対に、パーキンソン病の前傾。
「ご飯食べてる時は食べれてるので、いつでもこの姿勢というわけではないんですけど。」
先生とリハビリしている時は、かーちゃんもしっかりする。
背筋が伸びる。
だけど、普段は前傾している。
不安だが見守るしかない。

2016年12月19日
ケアマネと、もうミキサー食でなくてもいいのではないか?
というお話し合いの元、
6月に入院するまでに食卓に出していた普通食のおかずを作ってみた。
飲み込みが衰えたわけではなく、
食べ物が詰まって誤嚥になったので、普通食に戻してみた。

2017年02月15日
今朝の失禁。
今朝見たら、介護ベッドの上で、おむつはかないで座っていた。
お尻の下は濡れていた。
自分で失禁してるのにも気がついてないかもしれない。
防水シーツを使っているが、そんなものでは間に合わない。
レンタルベッドのクッションにまで到達していた。

2017年02月16日
今日も朝4時に起こされた。
履くおむつ腿下に下げたまま畳に転がっていた。
ズボンを脱いでいるので、上に持ち上げられない。
エライ苦労してベッドに座らせた。
もう1回寝て、起きてきたら、また履くおむつを腿下に下げたまま、
畳に転がっていた。
1人でポータブルでトイレができないのだ。
ケアマネほっしーもリハビリ先生もテープ式おむつを勧めるので、
今日からテープ式おむつを着用しないといけなくなった。
お尻丸出しでベッドに座って、
失禁しているのにも気がつかない。
お尻丸出しで前傾姿勢で転んで畳に転がっている。
もうかーちゃん1人ではどうにもならない。
1人で立てなくなっていた。

2017年02月26日
履くおむつを上げられないでいます。
お尻出してベッドに座る。

2017年03月10日
今日もかーちゃんはベッドにお尻丸出しで腰かけて失禁していた。
毎日シーツを取り換えては洗濯している。
また施設に行ってもらう話をした。

2017年03月07日
今朝起きたら、テープ式のおむつを自分で外して、
お尻丸出しでベッドに座っていた。
お尻出してるうちはポータブルに座ってって言ってるじゃん。
朝のパンツ交換までは、
テープ式に用を足してくれって言ってるじゃん。
もう2週間近く、毎日こうだ。
危ないから座っていてくれ。
汚れるからベッドに座らないでくれ。
もう自分でパンツを上にあげられないのだ。

2017年03月19日
井関先生に、リハの先生から言われたことを伝える。
「僕の方で、薬の調整しましょう。」
診察終わって会計。
処方箋見たら、ドーパミンが1錠増えていた。
薬をもらったら、寝る前に1錠、と書いてあった。
晩ご飯を食べてたら、
「腰が痛い! 痛くて食べれない。」とのこと。
とりあえず湿布して、今日明日様子見。
激痛が続くようなら救急車。
様子見てまだ痛かったら、火曜の中澤先生。
どうして土曜日曜休日がらみでどっか悪くなるかな。

2017年03月21日
東京城東病院整形外科へ。
レントゲン撮って先生の診察。
「ここの骨(骨の名前を言われたのだが覚えてない)が潰れています。圧迫骨折です。」
「家にいてどうですか? 何とかなりますか?」と聞かれた。
要介護5で、骨が折れてる85歳のめんどうは見きれない。
それじゃなくても要介護5で、毎日トイレと飯の世話に追われている。
「家だと何ともなりません。」
「じゃあ入院しましょう。明日コルセットも作りましょう。」
第一腰椎圧迫骨折で、東京城東病院に3月22日から入院。

2017年05月12日
今日かーちゃんは東京城東病院退院だ。
看護士さんたちにお見送りされた。

2017年05月15日
ドーパミン1錠増えてからあごがひとりでに動いて、
始終モゴモゴして(うちでは山羊さん、と呼んでいた)、
これは薬の副作用ではないですか?
明日から老健に入所しますので、薬出せるだけ出してください。
ドーパミン1日3錠に戻してもらった。
老健に入るので、薬90日分出してもらった。

2017年05月16日
今日は老健に入所だ。
東京城東病院付属介護老人保健施設。
略して城東老健。
最初認知症フロアに入れられて、物凄く毎日嫌な思いをする。

2017年10月16日
城東老健無事退所。
かーちゃんのお風呂問題は、
城東老健デイケアとなごやかデイサービスの2本立てにする。
うちに帰ってきてからは、もうリハビリパンツ使わないで、
テープ式おむつだけにする。
退所後すぐは自分でトイレがしたいと夜中明け方騒いで、
何度も起こされたが、あなたはもう自分1人では立てない、とお話しした。
1人でおしっこうんこが自分では知らないうちに出てしまって、
それはリハビリパンツでは対処できないので、
もうテープ式おむつになってもらうしかない、とお話しした。
そうしたら、夜中明け方、トイレがしたいと言わなくなった。

2018年02月19日
土曜日曜と、ベッドに横にすると、
ゼイゼイ息をして苦しそうな事。
土曜寝れないくらい咳とゼイゼイがあった事。
月曜慌てて東京城東病院で受診。
先生から「初期の肺炎か、初期の心不全の疑いがあります。」と言われ、
緊急入院する。
諸々検査の結果、誤嚥性肺炎と診断される。

2018年04月03日
東京城東病院無事退院。
自宅の食事はミキサー食、区分3舌でつぶせるレトルト、
カロリーメイトゼリーになる。
コーヒーはゼリー、梅ジュースもゼリー。
車椅子からベッド、ベッドから車椅子の移動は介助。
自分で移ることはできない。

2018年10月29日
今回の介護認定は要介護4。
これから3年、4で頑張ります。

以上2018/11/1



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by よっしー at 18:28| Comment(0) | 登場人物(家族)のプロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

要介護4認定後の担当者会議

本日担当者会議。
なごやかさん、城東さん、ハーティーさんと、
ケアマネHさん。
座るところがないので、かーちゃんはベッド。

「靴下かじられないようにしてくださいねー。」と皆さんに話した。
うさのすけったら普段家族以外の人がいる状況に慣れてないので、
会議中ずっとチョロチョロしてた。
「俺の縄張りに知らないやつが来た、って思っています。」

うさのすけ、ケアマネHさんに挑んでいた。
Hさんは挑まれたのはわからなかっただろうが、
足でうさのすけを払っていた。
何度も払っていた。
口に出して言わなかったが、攻防が面白かった。

名前書いた書いた。
ハンコも押すつもりだったのだが、
S藤所長が代理で押してくれた。

城東のI藤さんが、
「(かーちゃんに)マイクを渡すと必ず歌ってくれます。」と報告してくれた。
うちではかーちゃんが歌える歌のリストをしてあるのだが、
それを連絡帳にはさむので、お歌唄わせてくれませんか? と聞いたら、
「是非(連絡帳に)入れてください。」とお返事をもらった。

あとなごやかさん他に、
「うちでは喋らないので、どんどん喋らせてください。」とお願いした。
うちにいるとご飯と競馬以外はベッドで横になって、
テレビ観るか寝るか、だけになっちゃうんだよね。

ケアマネHさんに、
かーちゃんの長寿検診結果のコピーを渡す。

担当者会議終了。

さぁ11月だ。
さっきかーちゃんとこたつ布団かける話をした。
もう布団あってもいいよね、と話した。
もうじきフリースも出番だ。

それとホワイトリカー今度のネットスーパーで買う話をした。
クリスマス正月用に、今年はコーヒー酒にしようと話している。
リカー来たら豆買ってこよう。
こないだちょろっと飲ませたら、
かーちゃんが心の底から「美味しい。」と言った。
その一言が忘れられない。
おいちーコーヒー酒を漬けよう。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by よっしー at 17:11| Comment(0) | ケア21小松川Hさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする