2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年8月初旬くらいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2015年12月02日

芋羊羹

10月の頭に皆で浅草に行って、
舟和で芋羊羹買ってから、無性に、
事あるごとに芋羊羹が食べたくなった。
あの味は、舟和でしか食べられないのだが、
もう1つ手がある。
それは自力で作ること。

中村屋で芋羊羹を買った。
しかしそれは寒天が使ってあって、
舟和の羊羹の味ではなかった。
西友で芋菓子買ってみたけれど、それも芋餡が薄くて、
舟和の味ではなかった。

ずっと、浅草に行って舟和に行くか、
それとも自力で作ろうか、天秤にかけていた。

ある日買い物に行くときに、かーちゃんに聞いた。
「何か食べたいものがある?」
「さつまいも買ってきて。」
かーちゃんは大学芋が食べたかったらしいのだが、
言われて、自力で作ろうと決意した。

さつまいもを買ってきた。
自力で作るの大変なんだよね。
でも、あの味が食べられるんだよね。
何年かぶりで、自作で芋羊羹作りました。

■材料
さつまいも 500gくらい
砂糖    70g
はちみつ  大さじ3

■作り方
1.皮をむいたさつまいもを茹でる。もしくは蒸す。うちはシリコンスチーマー使いました。
2.熱いうちにさつまいもに砂糖はちみつを入れて、潰す。
3.大変だけど、手首が痛くなりそうになるけど、ざるやこし網でこす。
4.容器に入れ、表面を押してならして、冷蔵庫で冷やす。

151120_03.jpg
お味は舟和の芋羊羹のようです。
これ食べちゃったら、他の芋菓子食べられなくなります。
家庭料理なので、ちょっと形が崩れたりしますが、
気にしてはいけません。
理想の味です。
物凄くおいちーです。

151120_01.jpg
今回はパウンド型にラップを引いて、型にしました。
洗って乾かした牛乳パックでも大丈夫です。
牛乳パックの時は、ラップ要りません。



posted by よっしー at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック