2017年08月03日

城東老健33 ティッシュペーパー

昨日、箱ティッシュの減りが早いので、
どうしてそうなのか聞いた。
すると、うちの名前が書いてあるティッシュを使われると言う。
誰に? と聞いたら、手で左側を指し、
こっちのお婆ちゃん、と言う。
9枚と13枚使われたそうだ。

こっちのお婆ちゃん、面会の家族があまり来ない。
もう90過ぎな感じ。
耳が悪くて聞こえない。
行くといつも、
ペットボトルにビー玉が入ったリハビリおもちゃを動かしている。

箱ティッシュ使われてなくなったら、
持って来いと言われるのはこっちだ。
じゃあ理由はどうあれ、
明日持ってくるよ、と言って帰った。
他人のティッシュを使うのは、老健ではよくあることなのか?
介護士等がどういう対応をしているのか不思議になった。
なので昨日、フロアの介護士に聞こえるように、
でっかい声で2人でティッシュの話をした。

今日箱ティッシュ、名前をでっかく書いて持っていった。
すると、
「今日ティッシュ返してもらった。」と言った。
9枚返してもらったそうだ。
「返してくれたけど、どんな思いで返してくれたのかわからない。」と言うので、
それはあんたが考えることじゃなくて、
左のお婆ちゃんが考えることだよ、と言ったら納得していた。

暇なんだな、そんなこと考えるのは。

テレビ観える席に変えてもらおうかな。
テレビ観るのもリハビリだ。
認知症の人ばかりのフロアではなくなったけど、
ここのフロアにも認知症のようなお爺ちゃんお婆ちゃんがいる。
ただ時間を過ごしている爺ちゃん婆ちゃんなら、
フロアで車椅子に座ったきりでいいだろうが、
かーちゃんには刺激がない。
余計なことを考える暇がある。

ちょっと明日ケアマネに電話してみるかな。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 17:14| Comment(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。