2018年03月10日

内科15 ゼリー食の見学

「ゼリー食、うちで作った方がいいよ。」とケアマネHさんは言った。
宅配業者に頼むと1食800円900円もするそうだ。
かーちゃんの食事だけで1日3000円も出せない。
3000円30日で9万円だ。
破産する。
そういうわけで、果たしてゼリー食とはいかなるものか。
うちで真似っ子して作れるのかどうか。

180307_04.jpg
メインディッシュ、のし鶏。
鶏を叩いてのして焼いて、
ミキサーにかけたのをゼラチンで固めた物。

180307_05.jpg
ほうれん草のおひたし。
おひたしをミキサーにかけてゼラチンで固めた物。

180307_06.jpg
ブリックゼリー。
メイバランスの甘い味がついてるプリンみたいなもの。
これは市販の介護食売り場で売ってるそうだ。
ごま豆腐みたい。

180307_08.jpg
お粥をミキサーにかけてゼラチンで固めたご飯。

180307_09.jpg
お品書き。

これがゼリー食なのか!!!!!
ゼリーって言うよりわらび餅とかくず餅とか、
そういう物体だった。
プルンプルンしている。
固くてスプーンですくえない(切れない)ので、
看護婦さんがゼリーにスプーンで切り込みガシガシ入れて、
それをスプーンですくって切り崩して食べていた。

何年か前の墨東でプルンプルンのとろみほうじ茶見て、
かーちゃんと笑っていたが、それより衝撃的だった。
あんな弾力あるゼリー、家じゃ作れないわ。
検索かけても実用的なレシピがない。
参考にする料理がない。
医者が宅配食勧めるわけだわ。

昨日かーちゃんのご飯のことを見ている看護師さんが来て、
ちょっとお話しさせてもらった。
「うちであれ作るのは無理があります。そうかといってゼリー食宅配にするのも無理があります。破産しちゃう。何とかミキサー食になりませんか? ミキサーなら対応できます。」

自宅でどんなもの食べさせていたかまた聞かれたので、
豆腐に焼売納豆炒り卵、芋かぼちゃの煮物にミキサー味噌汁。
「今とろみ茶でむせるんですよね。」と言われたので、
「うちではとろみにしてませんでした。とろみ材の容量通りにとろみ茶作って飲ませたんですが、それ吐いちゃって、もう飲みたくないって言われちゃって、というようなことがありました。」
「担当医とも話しますが、ミキサーにするとなると月曜からになります。」

かーちゃん、週明けからミキサーになりそう。
頼む、それで退院する日にちが決まるから、
どうかむせないでミキサー食食べてくれたまえ。

今日は3時前に着くように面会に行く。
競馬見たいと言うので、3時からテレビ見せようと思っている。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by よっしー at 13:57| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。