2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年8月初旬くらいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年06月02日

今年は梅酒2018年

火曜に八百屋に行って梅があるかどうか聞いたら、
いるなら1キロ詰めてあげるよ、と言われた。
しかしいつもの買い出しでいっぱいだったので、
木曜に来る、と言ってさよなら。

木曜に買う気満々でまず八百屋に寄る。
「梅ある?」
聞いたら並んでるよと返事。
何袋もあったので安心してまずは西友。
しかし、いつもあるはずなのにホワイトリカーがない。
店員のお姉さんに聞く。
「いつもあるんですが棚に並んでなかったら売り切れです。」
やってまったよおい。
ホワイトリカーがない!
梅の季節に乗り遅れた!
氷砂糖だけ買う。

八百屋で梅買いながら、
「ホワイトリカーがない。」と半べそかいたら、
お父さんが、はなの舞の並びにある、
まいばすけっとを教えてくれる。
「そこならあるよ。」
信じて行く。
まいばすけっとはあったが、ホワイトリカーがない!

仕方ない。
最後の砦イイダに行く。
イイダでホワイトリカー西友より150円くらい高いのを買う。
買った梅早く漬けないと熟成してしまう。
もう買ってる側から梅の香りが立っていた。
家に帰ってすぐ洗う。
ざるで1晩かけて乾す。

昨日水天宮から帰ってきて梅仕事。
梅仕事といっても、
梅酒の場合はヘタを取るだけなのですぐ終わった。
梅シロップはまだあるので、今年は梅酒にした。
去年に引き続き2回目だ。

180601_01.jpg
宝酒造のノーマルのホワイトリカー。
去年ブランデーベースのリカーを使ったが、
どうもかーちゃんが作った味にならなかった。
かーちゃんの梅酒が飲みたいのだ。
トロトロの甘いやつ。
それをオンザロックで飲みたいのだ。

今年はもう1本、コーヒー酒を作る予定なので、
それに使う氷砂糖200ぐラム抜いて、
氷砂糖800グラムで漬けてみた。

灯台下暗し。
金曜の午前中近所の中村屋に寄ったら、リカー売っていた。
しかもこの近所のどの店よりも安かった。
1本しかなかったので即購入。

平井はコーヒー豆量り売りしてくれるところがないので、
近日中に錦糸町のカルディで豆買う予定。
コーヒー酒もオンザロックで飲みたいのだ。

去年梅酒2本仕込んで良かった。
1本はもうじき飲み干してしまいそうな勢いで飲んでいるが、
2本目は手つかずで取っておいてある。

梅酒は熟成に1年かかるそうだ。
今年の梅酒はこれから1年ゆっくりかけて熟成させて、
その間に去年の1年熟成した物をゆっくりと飲む。
心のうるおい。
とても贅沢だ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by よっしー at 16:53| Comment(0) | おいちー食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。