2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年7月いっぱいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2019年12月20日

友だちのお母さまが亡くなって思ったこと

友だちのお母さまが亡くなった。
介護同志だったその友だちは、
ああ、クリスマスもお正月ももうじき来るのに、
とうとう1人で孤独になってしまった。

友だちは毎日介護に頑張っていた。
入院すれば、毎日面会。
退院後も訪問歯科、訪問リハビリ、訪問介護、
通院、食事介助、おむつ替え、デイの送り出し,
毎日来るヘルパーの応対等。
お母さまはアルツで要介護5だった。
毎日の介護に係わる時間は、
物凄くハードなスケジュールだった。
それをこなしていた。

お悔やみの言葉を述べた。
そして私が思ったこと。
ああ、介護が終わっていいな。
羨ましい、と思った。

かーちゃんには長生きして欲しい。
ボケてないので、一緒に居れるのは楽しい。
だけど、私も介護に係わる時間は多すぎる。
うちも食事介助、おむつ替え、通院、
デイへの送り出し、食事作り、
車椅子からベッドへの移動等、
介護時間は結構ハードスケジュールだ。
要介護4だ。

昨日かーちゃんに友達のお母さまが亡くなった話しをして、
「あんたが長生きするのは嬉しいけど、いったいいくつまで生きるんだ?」と聞いた。
かーちゃんは答えなかった。
それはかーちゃんにもわからないだろう。

介護同志が何人かいたが、
同志の介護が終わって仲間が減っていく。
皆、過去介護経験者、になっていく。

うちはいくつまで続くだろう。
年明けたら、かーちゃんは88になる。
米寿のお祝いって何をしていいのかわからないので、
多分普段通りの1日を過ごしてもらう。
ケーキは、
かーちゃんが食べられるケーキを作るつもり。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by よっしー at 14:39| Comment(0) | かーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。