2017年11月24日

小松クリニック15 すっげぇ混んでた

矢口から帰ってきてお昼食べて、
おむつ替えてかーちゃんを寝かす。
2時に行ったら激混みだろうと予測して、3時過ぎて家を出る。
いつもなら4時前後は空いている。
着いたら、すっげぇーーー混んでた。
さすが祝日明け。
「13番目です。」
1時間半くらい待ちって言われたので、「ちょっと出てきます。」

西友の3階にセリアができたと聞いたので、行ってみた。
ダイソーは庶民的な感じだけど、
セリアはちょっとこじゃれた感じ。
時間あるので店内グルッと一回りした。
木製の簡易織り機発見。
即手にした。
それとうさのすけがかじって駄目にした耳かき。
かーちゃんの秋物ちりめんの、代えになりそうなボタン。
かばんのワッペンが剥がれてきてるので木工ボンド。

西友食品街で買い物して、
向かいの八百屋に行って買い物しても小1時間。
戻っても待った。
あと何番目ですか? って久しぶりに聞いた。
「すいません。あと3つです。」と受付のお姉さん。

やっと名前呼ばれて、
どうですか? いつも通りですー、でスタート。
「ケーキの学校終わったんだっけ?」
私の最近の動向を聞いてきた。
もう次の学校に通ってると返答。
「ケーキの学校もそうだけど、そんなに急いで学校通ってどうするの?」と、
一言ありそうな返事が返ってきたので、
「私には時間がありません。かーちゃんが生きてるうちに形にしないと。」
「今度は何の勉強?」と聞いてくるので、
「気学です。」
「あぁーー! そっち(占い関係)にいったのかぁー。気学って何?」
先生は気学知らないのか。
「一白水星とか二黒土星とか。有名どころだとドクターコパ。」
「変な学校じゃないんだろうね?」
「よみうりカルチャーセンターで教えていた先生なので、変な人ではないみたいです。学校できて30何年とかうたってますし、宗教色とか霊感とかで教えているわけではないみたいです。出所はしっかりしています。それに変な人が教えているところもありますから、そういうところとは関わり合いたくないのできっちり調べました。お免状もらったら教室開いていいそうです。」
「ケーキの学校もそうだけど、そういうの(先生)合ってると思うけど、本当に変な人のところじゃないんだね?」とまた聞いてくるので、
大丈夫ですよ、とお答え。
「本に載ってないことを教わるには、やっぱり学校に行かないと。」

何だか知らないけどその後先生、お金の回収率のお話しをしてくれる。
「今そういうこと考えてないでしょう?」と聞いてくるので、
「今はまだ考えてません。授業について行くのでいっぱいいっぱいです。」
回収率はそれは後々考えるとしよう。

サポセンに書類提出しないといけないそうで、
今回は『気学風水の学校に行っている。要観察。』と先生書いたみたい。
「(学校行きだしたのは)O野さん(サポセン私の担当)も知ってますよー。」と、軽く返事しといた。

小松こそ人の未来の回収率を心配するよりも、
本日中にさばききれるかどうかわからない患者を、
早くさばくよう心配した方が良い。
今日は私の後にも人がわんさか来たみたいで、
私の後10人待ちだと受付のお姉さんが応対していた。

いつも通り平井友好薬局に行ったが、もう5時を回っていたが、
応対してくれたお兄さんが、
「今日混んでるみたいですね。」と言ってきたので、
「私の後10人待ちでしたよ。」
「ええーーーーーっ!」
可哀想に。
小松が遅くなれば、薬局も薬出すのが遅くなる。
薬剤師皆今日は残業だ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 21:19| Comment(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

小松クリニック14

金曜午後一には間に合わなかったので、3時狙いで行ってきた。
行ったら4番目。
午後一で行くより待ち時間が少ないや。
これからはこの時間帯かな。

どうですか? の前に、もう今日は何だかベラベラ喋る。
かーちゃんが退所してきた話しとか。
デイを2か所使う話しとか。
「介護と言ってもいろんなことを考えているんだね。」と相槌を打たれた。
いろんな制度や施設に関して知っていないと対処できない。

今日は喋るね、と言われて、その話しの流れで、
「川に釣りに行ってね。5日くらい人と会わなくて喋らなくてね。下界に戻って来たら女の人の足が細くて、妙に魅力的に見えてね。」
「先生それ煩悩ありすぎですよ(笑)。帰ってきて奥さんとは喋らなかったんですか?」
「奥さんとは喋らなかった。他の女の人の足が、魅力的だったんだよー(笑)。」

今日はそんなくだらない話しが炸裂した。
精神科医と言えどもタダの男か。
また来月。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 17:32| Comment(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

小松クリニック13

金曜午後一で毎月診てもらってるわけだが、
先月に引き続き、今月も私の前に人がいる。
午後一で診てもらえるように、
1時40分には着いて順番待ちしてるのに、今日は4番目。
来月から木曜に行くか、午後4時台にしようか。
とにかく午後一が混んでいる。

今日もどうですかと聞かれたので、
大して変わりなく、とお返事。
ケーキ作ってる途中で味見するんでしょう? と、
とんちんかんなことを聞かれたので、
ケーキは作り上げてから味見をするんですよ、と返した。
だけど作った物味見もしないで人にあげてるので、
私全然食べてません、とお返事。
来週行ったらもう最後でお免状もらえる、とお伝えしてきた。

仕事の話になる。
今かーちゃんが死んだら障害年金だけじゃ暮らせない。
もう次の学校に行く予定で動いている、と状況を説明。
何するの? と言うので、
自宅で電話カウンセラーをやるつもりですとお答え。
「そんな仕事あるの?」と驚いているので、
あるんです、とお答え。

まず2年で基礎を勉強して、
そのあと後々心理カウンセラーの資格を取りたい、と返答。
「心理カウンセラーなんて、そんなにいいもんじゃないよ。」と先生は言った。
それは先生、自分の実体験の元に私に話してくれているな。
先生の今の仕事、精神科と神経科の心理カウンセラーだもんな。
1日100人以上の患者と話しているんだろう。

気学と易で2年勉強して、
自宅で電話占いカウンセラーになるというのは言わなかった。
去年か今年の頭に1回言ったら先生に笑われた過去がある。
2年勉強するのは好きなことを更に追及することなので、
今の普段の毎日の延長線にあることだ。
だからそっちの道に行こうと思った。

専業介護を取り囲む現実は厳しい。
もう中村屋でのレジのバイトもできない。
中村屋は年齢制限がある。
私の年じゃもう雇ってくれない。
介護終わったら私はいくつだ?
中村屋だけでなく、どこも雇ってくれないぞ。

セブンのシニアバイトの道はとってある。
セブンは今、シニア世代をシフトに入れてくれる、
ありがたいシステムになっている。
この先何をしても目が出なかったら、
セブンでシニアバイトをするつもりでいる。

ケーキの先生になるのも、日常の延長線のことなので、
センターかさいで教えていたことと、
こないだ虹でパン作り教えたことの延長線だ。
それでディプロマコースに通うのを決めた。

かーちゃんが死んだら、
ゆっくり人集めてケーキの先生でもすっかな、と、
軽い気持ちだったのだが、
かーちゃん老健入所で状況が変わった。
かーちゃんが生きているうちに、
ある程度の収入を確保しないといけなくなった。
今かーちゃんが死んだら、家賃と光熱費が払えない。
障害年金だけでは生活できない。
選択肢が、生活保護になるしかないのだ。
それは嫌だ。
今そのことに気がついて良かった。
本当に良かった。

「デイケアに来ている生保の人は悠々自適に暮らしています。でもそれと同じように同じ水に馴染んだら、障害年金だけでは暮らしていけません。」
生活保護の或る人は、嵐のDVD、CD全部持っている。
或る人はニューバランスの靴を履いている。
BS放送が観れて、好きなCD買って、
映画館に映画を観にいっている。
タンス貯金が50万ある。
生保なのにスマホ持ってる。
家賃6万円まで補助してもらえる。
6万までの家賃だったらタダでエアコン付きの部屋に住める。
1年快適に暮らしていける。
それなのに病院代や介護代や家賃は行政が出してくれている。

その暮らしが羨ましいか?
否。
自由がない。
生活保護になるのは、
お下の管理が自分で出来なくなる80過ぎてからでいい。

うちはかーちゃんの年金と自分の年金でカツカツだ。
生活保護の友達にも「節約してるね。」と言われるほど節約している。

「生保の人は、先のことを何も考えて暮らしてないだろうね。」と先生は言った。
「そういう事(仕事や暮らしの事)に気がつくなんて偉い偉い。」
ケーキの学校には太るから行くな辞めろと反対していた先生だが、
今回は何だか褒めてくれた。
「頑張らないといけないね。」
「はい。そのつもりです。」

エアコンがあってスマホ持ってる暮らしよりも、
パソコンのない暮らしは考えられない。
かーちゃんのいない暮らしと、
うさのすけのいない暮らしも今のところ考えられない。
その暮らしが崩れないうちに、
介護しながら自宅で働けるようにしないといけない。

そういうわけで、もう次の学校に行く準備を始めている。
月末に1Dayセミナーに行く予定。
もう予約入れた。
何とか生き残る道を模索中。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 17:53| Comment(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

小松クリニック12

昨日ホンダホンダを書いてる場合じゃなかった。
昨日小松クリニック12。

いつも通り。
相変わらず、
人が学習意欲を出しているのに賛同してくれず、
話す事のピントがずれた会話をする。

この先生は介護したことがないし、
介護終わった後のことを考えている、と言っても、
どうもピンと来ないみたい。
体験したことがないからわからないんだろう。

介護終わったら働くところがない。
そういったことへの危機感を、
こちらが持っているのが理解できないんだろう。

ネットで調べたら、障害年金もらってる人は、
一応いくら稼いでも良いようになってるらしい。
だけど小松の発言だと、
あまり稼ぎすぎると、年金もらえなくなるらしい。
どちらが本当か。
それは自分で体験しないとわからないみたい。

障害年金もらってる人は、
働かないと立ち行かないくらいの年金額しかもらってない。
皆自分の親が死んだらどうするつもりだろう。
障害年金だけじゃ暮らしていけないだろう。
介護終わって働くところがなくて、
もうそうなったら生活保護しかない。

生活保護になったらパソコンもオーブンレンジもない暮らし。
そんなことになったらお終いだ。
パソコンとレンジがない暮らしは考えられない。
エアコンも買えなくなる。
今のうちからせいぜい焦って、
稼ぐことを考えていかないといけない。

今そういうことに気がついて良かった。
かーちゃんが生きてるうちに手に職をつけなければ。
私が生活保護になっても、小松は助けてくれない。
月1で5分話して薬を処方してくれるだけのただの傍観者だ。
小松だけじゃない。
誰も助けてくれない。
毎日焦る焦る。
小松の言ってる事だけを鵜呑みにはできない。
小松の言ってる事だけに巻き込まれないようにしないと。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 10:44| Comment(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

小松クリニック11 2人でU井さんの心配をする

来週忙しいので今日今月の小松へ。
いつもの「どうですか?」の前に、
「来週忙しいから今週来ました。」と自己申告。

「お母さんどう?」と聞いてくるので、
老健に入ってる、と言ったら、
ああそうだった、という顔をした。
会話がないのはわかるが、そう毎回、
かーちゃんのネタを振って来なくてもいいのではないか?
と思う。

2人でU井さんの話になって、2人で心配する。
U井さん、小松も心配してたよ。
さっきも言ったけど、溜め込まないでね。
無理しないでね。
何かあったら、いや、何かになる前にいつでも言ってね。
ソフトバンク同士で朝9時〜夜9時までタダ友だから、
気にしないで安心してね。

今日いつもの八百屋で桃4つ398円でゲットできて、
診察室の中でも桃の匂いがした。
バス停まで歩いて、日差しがジリジリとした夏の日差しだった。
早く来い、うなぎの日。
(25日ですよ。)
早く来い、隅田川花火大会。
(毎年テレビで観ている。今年は去年は出なかった萬田久子は出るのだろうか? それとも今年も中村獅童は出るのだろうか? あぁ何か病気してるから獅童さんはなしか。どの中村屋が出るんだろう?)



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

小松クリニック10

昨日小松クリニック。
午後一で診てもらおうといつも通り早めに行ったら4人待ち。
私5人目。
火曜は駄目だ。
息子の循環器内科の患者もいる。
しかも息子さんの患者、お婆ちゃんが多くて、
順番が来るまで待ち合いでずーっと喋ってる。
うるさい。
付添いもいるので椅子に座れない。
まるで西村にいる様だった。

小松にケーキの学校に行きだしたと言ったら、
「太らないように気をつけて。」と言われた。
太ることばかり注意された。

新しいことに勇気を出して頑張りだしたのに、
そういう風には受け答えできないものか。
「センターかさいでも大手を振って教えられるようになります。」と言ったら、
「かさいで教えてどうするの?」と聞かれて、
「それはボランティアです。」と答えた。

かさいでボラでお菓子工房の先生をやらせてもらっていたので、
自分の可能性を見出してくれたかさいで、
またお菓子の先生をやらせてもらえたら、
とてもとてもありがたいと思っている。
それはボラでいいと思っている。

小松に行って長いが、やっぱりかみ合わない部分が多い。
まー5分くらいしか診療してくれないしな。
小松も年取ってきたんだろう。
5分の間の上から発言が最近特に多い。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

小松クリニック9

何か3月4月の小松クリニックがない。
それは本当は小松クリニック9、10だった。
もう先月先々月何を話していたかもうわからないので、
今回5月を9とする。
3月4月はかーちゃん入院で、
それどころじゃなかったんだよね。

本日小松クリニック。
朝10時ごろまで寝てたので、必然的に昼が遅くなる。
1時過ぎに昼食。
必然的に1時台のバスに乗れない。
いつも午後一で診てもらうんだけど、今日は、
待ち合いが空いてくる4時台に行く。

福岡に行った話や、かーちゃん老健の話などを話す。
「女子会中止なんだって?」と聞いてくるので、
「O塚さんが足と腰が痛いんですって。」
さっき西友前でK茂さんに会ったから、情報元はそこだな。
K茂さんとは「水曜ねー。」と言って別れてきた。
ストレスかかってない? と小松に聞かれたので、
いつも通りですー、と返事。

非課税家庭はあといくら位稼いで大丈夫なのか? を、
聞こうと思っていたのだが、他の事話してすっ飛ばした。
まぁ、いい。
これはO野さんに聞こう。
社適という道もある。
社適ならM本さんにも聞ける。

それよりも、小松に3月と4月に行った記憶がない。
この事実の方が重要だ。
薬飲んでたから行ったみたい、ということにしておこう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

小松クリニック8 帰ったらかーちゃんがお漏らししていた

本日小松クリニック。
どうですかと言われるので、いつも通りですのスタート。
かーちゃんの話をふってくるので、遂に貯めてた愚痴が炸裂。

「ここのところ毎日、施設に行ってくれの話をしています。」
「はくパンツが自分で上にあげられないんです。」
「毎日おもらしの後始末して洗濯しています。」
「(かーちゃんは)アリセプト飲んでますが認知症もひどくなく、頭はしっかりしています。競馬もやってます(先生笑う)。話してもしっかり受け答えします。それなのに施設に入れないといけないかもしれないので、毎日迷っています。」
一気に喋った。
「そんなに一気に喋って、そんなにテンション高くて大丈夫?」
ひるむ先生。
こんなにガンガン喋ったところを見るのは初めてかもしれない。
「薬増量しようか?」
「ジプレキサ減量してほしいのに(先生あははと笑う)、増量は結構です。介護ストレスが溜まってるだけです。」
では今のままでいきましょう、ということになった。
「愚痴聞いてあげたいけど、他の患者さんもいるから……。」と言うので、そそくさと退散。

帰ったら、ポータブルにお尻出して座っていた。
買い物した荷物の整理したてたら、ベッドに座っていた。
遅くなった昼を食べるので、
車椅子をかーちゃん部屋に持っていって座らせようとしたら、
ズボンのお尻がぬれていた。
「ちょっと一体どうゆうことぉ?」
ベッドを見たら、座っていたお尻の位置で濡れていた。
また失禁している。
羽根布団シーツも濡れていた。
あぁ、また洗うのかっ。
シーツはがしたら羽根布団まで被害が及んでいた。
羽根布団も洗うのかっ。
キルト綿の冬肌着も濡れていた。
ズボンとおむつは履き替えさせたから、
今度は上に着ている物も全取り換えした。

ご飯食べながらまた説教。
「あんたもうここでは生活できないんだよ。毎日同じこと言われてるのにどうしてできないの。施設に行けばあんたの下の面倒文句言わずにみてくれるよ。ここで生活しようと思ったら、言われたことやらないといけないんだよ。」
「言うのは優しい。」と言い返してくるので、
「何甘えたこと言ってんの。今まで運動してこなかったからこういうことになってるんでしょ。もっと1日起きてる間中運動しなよ。右足動くんだから朝昼晩で100回ずつ足の上げ下げできるじゃない。うちにいたかったら運動しなよ。自分で自分の体が支えきれないんでしょう。」
もっと文句垂れたかったが、このくらいにしておいた。
デザートにココアと梅ヶ枝餅どっちがいいかと聞いたら、梅ヶ枝餅がいいと言う。
本当に頭ははっきりしている。

冬の羽根布団糖尿の尿臭くて水洗いだけでは済まないので、
石鹸つけて洗った。
今はがしたシーツも洗ってる。
羽根布団乾くまで、
夏掛けやらタオルケットやらキルトやら毛布やらで何重にもかけた。
寒かろうが我慢してもらうしかない。

とにかくこの10日ほど毎日怒っている。
毎日毎日説教している。
思ってもみないお漏らしで毎日絶叫している。
介護ストレスが溜まってきている。
昨日もリハの先生相手にずっと喋った。

雛祭りはうちでやってあげて、
その後ショートに行ってもらうかもしれない。
今日も雛祭りはちらし寿司がいいか、
たけのこご飯がいいか聞いた。
ケーキ作ってお寿司食べて、なんていう夢を、
全部かーちゃんがお漏らしして壊している。

あなたがショートに行かなければいけないのは、
自業自得なのだ、かーちゃん。
でも10月まで行かせないかもしれない。
わからない。
いつショートに行ってもらうか毎日悩んでいる。
とにかく今年のうちには、ショートに行ってもらうことになる。
遅かれ早かれだ。

置き忘れていった携帯に、U井さんからメールが着ていた。
洗濯の最中読んだ。
心が和んだ。
どうもありがとう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

小松クリニック7言いくるめられる

火曜午後に小松クリニックへ。
火曜午後は小松の息子さんが、
同じクリニック内で循環器内科をやっている。
初めて顔を見た。
小松に似てないでしょうゆ顔だ。
ママ似だー。
「眼鏡かけてた?」
「かけてない。」これは女子会でのトーク。

今回は話すことがあるので、いつもの、
どうですか? の前に切り出す。
「城東病院の禁煙外来に行きたいので、情報提供書書いて欲しいんですが……。」
「副作用でるから駄目。」
「ええーーーーーーーーっ!」駄目出しをくらった。
「書いても副作用でるから(禁煙外来で)断られるよ。それに3割の人しか成功しない。」
「先生、今年学校に行くので、どうしてもタバコ止めたいんですが、自分で止めるの無理なので、禁煙外来にいきたいのですが。」必死でくらいつく。
「3年半くらい前になかた先生(平井の北口の病院)に行ったじゃない。」
「(なかた先生では)チャンピックスにしないでニコチンパッチでした。ですので今回もニコチンパッチにしたいのですが……。」またもやくらいつく。
「ニコチンを体に入れるのは同じだから副作用が出る。」
「どんな副作用が出るんですか?」またもや喰らいつく。
「幻覚妄想幻聴うつ症状、ハイテンション。人によって様々。入院してた時どうだったの?」
そんな古い話を聞かれた。
「入院してた時の記憶はありません。」私は発病中の記憶が真っ黒で、思い出せない。
「またそうなったらどうするの。お母さん(要介護5)いるのにどうするの。」
反論できず。
小松痛いところをついてくる。
61か62歳の先生に、53歳言いくるめられるの図。
あたしゃ子供かっ。

時間がないのでもう1個の要件も言う。
「先生。タバコの件はわかりました。もう1個お話があって、今金曜で薬がなくなるようになっているのですが、2、3日分薬を余計に持っておきたいので、4週間分よりちょっと多く薬を出してもらえませんか? 火曜に余裕を持ってくるんじゃなくて、木曜か金曜に来たいです。」
「じゃあ30日分ね。」
この件はすんなり話が通った。

「じゃあ言いくるめられて今日は帰ります。」捨て台詞だけ吐いてきた。
本日終了。

自力で禁煙しないといけなくなった。
きっついなー。
最近タンと咳が出るんだよね。
かーちゃんがそうだったように、同じ症状なんだよね。
それに学校行きだしたら、9時間くらい吸えないんだよね。
禁煙外来でやめようと思ったのだが、進路を絶たれた。
「節煙すればいいじゃない。タバコは生活習慣病だから、生活習慣変えないと止められないよ。1日2本減らすのからやればいいじゃない。」
言うは行うよりやすし。
くっそう、他人事だと思いやがって。
小松厳しー。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 12:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

小松クリニック6今年最後2016年12月

本日は小松クリニックへ。
今年最後の受診。
行ったら、もうドアが開いていた。
中に入って診察券入れたら、先客がいた。
やっぱ2番目じゃん。
午前中は混んでたんだろうな。
でも、先生が階段を昇ってきて、
ドアが開くまで待たなかったので、平井の用事を済ませる。
みずほに八百屋、ハナマサ。

戻ってきて携帯のスケジュール確認してたら、肩をたたかれた。
ローズさんが来ていた。
にっこり笑って話しかけてきた。
「今飲んでる薬が合ってる。ゆいに行くようになった。クリスマスでビンゴを当てた。景品明日香ちゃんが喜んだ。」
ちょっと上手いたどたどしい日本語で一気に話しかけてきた。
良かったね。
笑ってるその顔がいいよ。
この間まで辛そうな顔をしていた。
心配だった。
呼ばれて順番が来たので、話の途中で診察室へ。

どうですか? といつも通り聞くので、
「12月イベント目白押しで忙しくて、土日で競馬が終わって気が抜けそうになったら風邪ひきそうになって、ビタミン剤を飲んでます。」
今日は帽子にマフラー手袋。
風邪ひきそうなのに人ごみに行くので着こんできた。
「すごい格好してるね。女子会したんだって? 楽しかったみたいだね。」と言うので、
「あぁ。ピザ頼んだんですけど、皆生保で1人暮らしだからピザなんか頼まないじゃないですか。初めて出前ピザ食べるって人もいて、楽しかったですよ。U松さんが出前電話やったことないって言うんで、U松さんに出前電話頼んだんですよ。」
「ええっ? U松さん電話したの?」
小松先生自分の患者だから、
U松さんが大人しい、喋らない、を知っている。
「電話かけてくれましたよ。」
「いつもやったことがない事をやれる場になってるんだね。」
「もうデイケア卒業しろって言われてる人もいて、デイケアじゃ喋れないような事も話したりするんですよ。」
小松納得。
新年会もやるって話になってるんだけど、そこまでは話してこなかった。

その代り、28日までデイサービス、29日までリハビリで、
正月明けたらお休み三が日しかなくて、
4日からデイサービス、5日からリハビリの話をしてきた。
介護は休みなしだ。
新年から超忙しい。
気が抜けない。
風邪ひいてる場合じゃない。

だけど疲れてるんだよな。
自分が疲れてるのがわかっている。
朝起こされずにゆっくり寝たい。
だけどできない。

4週間分薬をもらって、小松の受付のお姉ちゃんたちと、
ローズさんと、友好薬局のお姉ちゃんたちに、
年末のお世話になったご挨拶して、本日終了。

コージーコーナーでシュークリームを買おうかとも思ったが、
家に帰ってきてココアを作って飲んだ。
疲れてる時は甘いものだよね。
そんでポリフェノールだよね。
美味しかった。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする