2017年07月21日

小松クリニック11 2人でU井さんの心配をする

来週忙しいので今日今月の小松へ。
いつもの「どうですか?」の前に、
「来週忙しいから今週来ました。」と自己申告。

「お母さんどう?」と聞いてくるので、
老健に入ってる、と言ったら、
ああそうだった、という顔をした。
会話がないのはわかるが、そう毎回、
かーちゃんのネタを振って来なくてもいいのではないか?
と思う。

2人でU井さんの話になって、2人で心配する。
U井さん、小松も心配してたよ。
さっきも言ったけど、溜め込まないでね。
無理しないでね。
何かあったら、いや、何かになる前にいつでも言ってね。
ソフトバンク同士で朝9時〜夜9時までタダ友だから、
気にしないで安心してね。

今日いつもの八百屋で桃4つ398円でゲットできて、
診察室の中でも桃の匂いがした。
バス停まで歩いて、日差しがジリジリとした夏の日差しだった。
早く来い、うなぎの日。
(25日ですよ。)
早く来い、隅田川花火大会。
(毎年テレビで観ている。今年は去年は出なかった萬田久子は出るのだろうか? それとも今年も中村獅童は出るのだろうか? あぁ何か病気してるから獅童さんはなしか。どの中村屋が出るんだろう?)



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

小松クリニック10

昨日小松クリニック。
午後一で診てもらおうといつも通り早めに行ったら4人待ち。
私5人目。
火曜は駄目だ。
息子の循環器内科の患者もいる。
しかも息子さんの患者、お婆ちゃんが多くて、
順番が来るまで待ち合いでずーっと喋ってる。
うるさい。
付添いもいるので椅子に座れない。
まるで西村にいる様だった。

小松にケーキの学校に行きだしたと言ったら、
「太らないように気をつけて。」と言われた。
太ることばかり注意された。

新しいことに勇気を出して頑張りだしたのに、
そういう風には受け答えできないものか。
「センターかさいでも大手を振って教えられるようになります。」と言ったら、
「かさいで教えてどうするの?」と聞かれて、
「それはボランティアです。」と答えた。

かさいでボラでお菓子工房の先生をやらせてもらっていたので、
自分の可能性を見出してくれたかさいで、
またお菓子の先生をやらせてもらえたら、
とてもとてもありがたいと思っている。
それはボラでいいと思っている。

小松に行って長いが、やっぱりかみ合わない部分が多い。
まー5分くらいしか診療してくれないしな。
小松も年取ってきたんだろう。
5分の間の上から発言が最近特に多い。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

小松クリニック9

何か3月4月の小松クリニックがない。
それは本当は小松クリニック9、10だった。
もう先月先々月何を話していたかもうわからないので、
今回5月を9とする。
3月4月はかーちゃん入院で、
それどころじゃなかったんだよね。

本日小松クリニック。
朝10時ごろまで寝てたので、必然的に昼が遅くなる。
1時過ぎに昼食。
必然的に1時台のバスに乗れない。
いつも午後一で診てもらうんだけど、今日は、
待ち合いが空いてくる4時台に行く。

福岡に行った話や、かーちゃん老健の話などを話す。
「女子会中止なんだって?」と聞いてくるので、
「O塚さんが足と腰が痛いんですって。」
さっき西友前でK茂さんに会ったから、情報元はそこだな。
K茂さんとは「水曜ねー。」と言って別れてきた。
ストレスかかってない? と小松に聞かれたので、
いつも通りですー、と返事。

非課税家庭はあといくら位稼いで大丈夫なのか? を、
聞こうと思っていたのだが、他の事話してすっ飛ばした。
まぁ、いい。
これはO野さんに聞こう。
社適という道もある。
社適ならM本さんにも聞ける。

それよりも、小松に3月と4月に行った記憶がない。
この事実の方が重要だ。
薬飲んでたから行ったみたい、ということにしておこう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

小松クリニック8 帰ったらかーちゃんがお漏らししていた

本日小松クリニック。
どうですかと言われるので、いつも通りですのスタート。
かーちゃんの話をふってくるので、遂に貯めてた愚痴が炸裂。

「ここのところ毎日、施設に行ってくれの話をしています。」
「はくパンツが自分で上にあげられないんです。」
「毎日おもらしの後始末して洗濯しています。」
「(かーちゃんは)アリセプト飲んでますが認知症もひどくなく、頭はしっかりしています。競馬もやってます(先生笑う)。話してもしっかり受け答えします。それなのに施設に入れないといけないかもしれないので、毎日迷っています。」
一気に喋った。
「そんなに一気に喋って、そんなにテンション高くて大丈夫?」
ひるむ先生。
こんなにガンガン喋ったところを見るのは初めてかもしれない。
「薬増量しようか?」
「ジプレキサ減量してほしいのに(先生あははと笑う)、増量は結構です。介護ストレスが溜まってるだけです。」
では今のままでいきましょう、ということになった。
「愚痴聞いてあげたいけど、他の患者さんもいるから……。」と言うので、そそくさと退散。

帰ったら、ポータブルにお尻出して座っていた。
買い物した荷物の整理したてたら、ベッドに座っていた。
遅くなった昼を食べるので、
車椅子をかーちゃん部屋に持っていって座らせようとしたら、
ズボンのお尻がぬれていた。
「ちょっと一体どうゆうことぉ?」
ベッドを見たら、座っていたお尻の位置で濡れていた。
また失禁している。
羽根布団シーツも濡れていた。
あぁ、また洗うのかっ。
シーツはがしたら羽根布団まで被害が及んでいた。
羽根布団も洗うのかっ。
キルト綿の冬肌着も濡れていた。
ズボンとおむつは履き替えさせたから、
今度は上に着ている物も全取り換えした。

ご飯食べながらまた説教。
「あんたもうここでは生活できないんだよ。毎日同じこと言われてるのにどうしてできないの。施設に行けばあんたの下の面倒文句言わずにみてくれるよ。ここで生活しようと思ったら、言われたことやらないといけないんだよ。」
「言うのは優しい。」と言い返してくるので、
「何甘えたこと言ってんの。今まで運動してこなかったからこういうことになってるんでしょ。もっと1日起きてる間中運動しなよ。右足動くんだから朝昼晩で100回ずつ足の上げ下げできるじゃない。うちにいたかったら運動しなよ。自分で自分の体が支えきれないんでしょう。」
もっと文句垂れたかったが、このくらいにしておいた。
デザートにココアと梅ヶ枝餅どっちがいいかと聞いたら、梅ヶ枝餅がいいと言う。
本当に頭ははっきりしている。

冬の羽根布団糖尿の尿臭くて水洗いだけでは済まないので、
石鹸つけて洗った。
今はがしたシーツも洗ってる。
羽根布団乾くまで、
夏掛けやらタオルケットやらキルトやら毛布やらで何重にもかけた。
寒かろうが我慢してもらうしかない。

とにかくこの10日ほど毎日怒っている。
毎日毎日説教している。
思ってもみないお漏らしで毎日絶叫している。
介護ストレスが溜まってきている。
昨日もリハの先生相手にずっと喋った。

雛祭りはうちでやってあげて、
その後ショートに行ってもらうかもしれない。
今日も雛祭りはちらし寿司がいいか、
たけのこご飯がいいか聞いた。
ケーキ作ってお寿司食べて、なんていう夢を、
全部かーちゃんがお漏らしして壊している。

あなたがショートに行かなければいけないのは、
自業自得なのだ、かーちゃん。
でも10月まで行かせないかもしれない。
わからない。
いつショートに行ってもらうか毎日悩んでいる。
とにかく今年のうちには、ショートに行ってもらうことになる。
遅かれ早かれだ。

置き忘れていった携帯に、U井さんからメールが着ていた。
洗濯の最中読んだ。
心が和んだ。
どうもありがとう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

小松クリニック7言いくるめられる

火曜午後に小松クリニックへ。
火曜午後は小松の息子さんが、
同じクリニック内で循環器内科をやっている。
初めて顔を見た。
小松に似てないでしょうゆ顔だ。
ママ似だー。
「眼鏡かけてた?」
「かけてない。」これは女子会でのトーク。

今回は話すことがあるので、いつもの、
どうですか? の前に切り出す。
「城東病院の禁煙外来に行きたいので、情報提供書書いて欲しいんですが……。」
「副作用でるから駄目。」
「ええーーーーーーーーっ!」駄目出しをくらった。
「書いても副作用でるから(禁煙外来で)断られるよ。それに3割の人しか成功しない。」
「先生、今年学校に行くので、どうしてもタバコ止めたいんですが、自分で止めるの無理なので、禁煙外来にいきたいのですが。」必死でくらいつく。
「3年半くらい前になかた先生(平井の北口の病院)に行ったじゃない。」
「(なかた先生では)チャンピックスにしないでニコチンパッチでした。ですので今回もニコチンパッチにしたいのですが……。」またもやくらいつく。
「ニコチンを体に入れるのは同じだから副作用が出る。」
「どんな副作用が出るんですか?」またもや喰らいつく。
「幻覚妄想幻聴うつ症状、ハイテンション。人によって様々。入院してた時どうだったの?」
そんな古い話を聞かれた。
「入院してた時の記憶はありません。」私は発病中の記憶が真っ黒で、思い出せない。
「またそうなったらどうするの。お母さん(要介護5)いるのにどうするの。」
反論できず。
小松痛いところをついてくる。
61か62歳の先生に、53歳言いくるめられるの図。
あたしゃ子供かっ。

時間がないのでもう1個の要件も言う。
「先生。タバコの件はわかりました。もう1個お話があって、今金曜で薬がなくなるようになっているのですが、2、3日分薬を余計に持っておきたいので、4週間分よりちょっと多く薬を出してもらえませんか? 火曜に余裕を持ってくるんじゃなくて、木曜か金曜に来たいです。」
「じゃあ30日分ね。」
この件はすんなり話が通った。

「じゃあ言いくるめられて今日は帰ります。」捨て台詞だけ吐いてきた。
本日終了。

自力で禁煙しないといけなくなった。
きっついなー。
最近タンと咳が出るんだよね。
かーちゃんがそうだったように、同じ症状なんだよね。
それに学校行きだしたら、9時間くらい吸えないんだよね。
禁煙外来でやめようと思ったのだが、進路を絶たれた。
「節煙すればいいじゃない。タバコは生活習慣病だから、生活習慣変えないと止められないよ。1日2本減らすのからやればいいじゃない。」
言うは行うよりやすし。
くっそう、他人事だと思いやがって。
小松厳しー。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 12:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

小松クリニック6今年最後2016年12月

本日は小松クリニックへ。
今年最後の受診。
行ったら、もうドアが開いていた。
中に入って診察券入れたら、先客がいた。
やっぱ2番目じゃん。
午前中は混んでたんだろうな。
でも、先生が階段を昇ってきて、
ドアが開くまで待たなかったので、平井の用事を済ませる。
みずほに八百屋、ハナマサ。

戻ってきて携帯のスケジュール確認してたら、肩をたたかれた。
ローズさんが来ていた。
にっこり笑って話しかけてきた。
「今飲んでる薬が合ってる。ゆいに行くようになった。クリスマスでビンゴを当てた。景品明日香ちゃんが喜んだ。」
ちょっと上手いたどたどしい日本語で一気に話しかけてきた。
良かったね。
笑ってるその顔がいいよ。
この間まで辛そうな顔をしていた。
心配だった。
呼ばれて順番が来たので、話の途中で診察室へ。

どうですか? といつも通り聞くので、
「12月イベント目白押しで忙しくて、土日で競馬が終わって気が抜けそうになったら風邪ひきそうになって、ビタミン剤を飲んでます。」
今日は帽子にマフラー手袋。
風邪ひきそうなのに人ごみに行くので着こんできた。
「すごい格好してるね。女子会したんだって? 楽しかったみたいだね。」と言うので、
「あぁ。ピザ頼んだんですけど、皆生保で1人暮らしだからピザなんか頼まないじゃないですか。初めて出前ピザ食べるって人もいて、楽しかったですよ。U松さんが出前電話やったことないって言うんで、U松さんに出前電話頼んだんですよ。」
「ええっ? U松さん電話したの?」
小松先生自分の患者だから、
U松さんが大人しい、喋らない、を知っている。
「電話かけてくれましたよ。」
「いつもやったことがない事をやれる場になってるんだね。」
「もうデイケア卒業しろって言われてる人もいて、デイケアじゃ喋れないような事も話したりするんですよ。」
小松納得。
新年会もやるって話になってるんだけど、そこまでは話してこなかった。

その代り、28日までデイサービス、29日までリハビリで、
正月明けたらお休み三が日しかなくて、
4日からデイサービス、5日からリハビリの話をしてきた。
介護は休みなしだ。
新年から超忙しい。
気が抜けない。
風邪ひいてる場合じゃない。

だけど疲れてるんだよな。
自分が疲れてるのがわかっている。
朝起こされずにゆっくり寝たい。
だけどできない。

4週間分薬をもらって、小松の受付のお姉ちゃんたちと、
ローズさんと、友好薬局のお姉ちゃんたちに、
年末のお世話になったご挨拶して、本日終了。

コージーコーナーでシュークリームを買おうかとも思ったが、
家に帰ってきてココアを作って飲んだ。
疲れてる時は甘いものだよね。
そんでポリフェノールだよね。
美味しかった。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

小松クリニック5

昨日小松へ行ってきた。
今月もう1回行くことで両方承諾。
月末の一番最後の日に行くことにした。
「先生、ヘロヘロになってるんじゃないですか? 何年か前に年末に来たら、先生ヘロヘロでしたよ。」
「うーん、去年とか一昨年は比較的暇だったから大丈夫じゃないかなー?」
年末の賭け。
空いてるといいけど、1時間半待ちとかやだな。

来週女子会をやる話をした。
U松さんも一応来るみたいとお話した。
「先生、U松さん、喋らないんですよ。植物育てるのが好きだというんですが、植物は返事してくれないですからね。」
「誘って会話してあげて。喋る環境に参加させてあげて。」
皆で会話しよう。
それも目的の女子会だ。

161203_02.jpg
クリスマスツリー、今日出した。
かーちゃんが買う馬券を検討しながらツリーを見て、
「よく飾りを取っておいたね。また今年も飾れたね。」
物持ちが良いんだよ、と答えた。
45年くらい昔のツリー飾りだ。
眺めて思い出に浸ってほしい。
今年もツリーを飾れることを、幸せに思ってほしい。

練習で焼いたラムレーズンケーキも明日で食べきりだ。
来週には、リハの先生のケーキの感想も聞けるだろう。
クリスマスの練習で、
ミキサーにしないじゃがいものサラダをさっき作った。
トマトとブロッコリー、チキンはミキサーにする方向でいこう。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

小松クリニック4

今日は小松へ行ってきた。
部屋に入ると先生が上着を脱いでいる。
「Y浦さんに会ったら、熱くなっちゃった。」
「先生、どうかしたんですか? そんな冗談言うなんて。」
真顔で、
「疲れちゃったんだよ。」と言うので、
「今日休み明けでお客さん(患者)多いですもんね。何言ってんですか。まだ11月ですよ。」
何年か前、12月クリスマス前後に小松に行った時、
先生はフラフラしながら患者と向き合っていた。
まだ11月だ。
疲れるには早すぎる。

いっつもどうですか? って聞かれるので、
「朝起きたら黄色のフリース(ジッパーで前開きの上着。気にいっていた)をうさぎにかじられて大穴が開いてました。もう着れないんです。布団の上に置いて寝た自分が悪いんですけどね。」
今日は起きて、あぁぁぁぁーーーーー、って叫んだ。
かーちゃんはうさのすけが何かしたとすぐ思ったそうだ。
その通りだ。

この件はどうしたかというと、
すぐさまかーちゃんのタンスを開けて、
かーちゃんに去年買い与えた黒のフリース上着を自分の物にした。
かーちゃんには今年、
トナカイのフリース上着を買い与えたので数に余裕がある。

すぐ会話が途切れたので、
コーンミールブレッドを焼いた話をした。
先生、知らなかった。
「欧米で感謝祭の時に七面鳥と一緒に食べるコーンの粉でできた物ですよ。」
「コーンのパンか。いろいろ器用なんだね。」

他は兄ちゃんに借金返したら、
もうもらっているという返事をもらって、
借金してたと思っていたお金全額戻ってきたので、
かーちゃんと相談して定額貯金したこと。

先生に、金遣い荒くなるのを気をつけろと言われた。
野菜が毎日高くて、10円20円でも安く買おうと思って、
八百屋に走ってる私に向かって、
お金の使い方を注意してくれた。

先生、貧乏は身についてるよ。
大丈夫だよ。
毎日贅沢してない。
お金使うの我慢して、貯金を心掛けている。
それに贅沢は、レンタル落ちのCD180円買うくらいのものだ。
年に1本3DSのソフトを買うくらいだ。
去年の12月に買ったドラクエ6をまだ遊んでいる。

それと、
来年貯めてたお金でケーキの学校に行けそうなことを話した。
「ケーキの学校? 何するの?」とこれもまた真顔で言うので、
「生徒さん募ってケーキの先生になれる学校です。さくらホールでやろうと思って。」
「いろんな事に興味があるんだね。」
「先生、介護終わった後の事を考えないといけません。占い師になるか、ケーキの先生になるか、かーちゃんに相談したら、ケーキが良いって言われました。体を動かせって言われました。」
小松先生、介護が終わった後という言葉と、
体を動かせという言葉に大きく反応。
占い師、ってところは笑われた。

言おうかと思ったけど、これでも自己流だが、
易と風水は自分と家族しか占ってないが、
ユング先生も勉強していた易の勉強は今でもしている。
かれこれ15年。
趣味と言えば趣味だが年季が入ってきている。
これはケーキの先生になれるようになったら、
いつでも勉強できる。
自分の自己啓発のつもりの占いの勉強だ。
皆、年が若い占い師には占ってもらいたくないだろう。
人生経験が豊富な人の言葉の方が信じられるだろう。

それに私の予想ではまだまだ介護が続くだろう。
介護しているうちは、ケーキの先生にはなれない。
介護しているうちは働けない。
介護が終わったら、もう雇ってもらえる年齢じゃない。
かーちゃんがまだしっかりしているうちに、
何か道を探しておかないといけない。

12月に小松に行ったら、
先生は今日よりヘロヘロになっているだろう。
言わなかったけど、それを見るのを楽しみにして、
また来月来ます、と言った。
いつも通り処方箋出してもらって本日終了。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

小松クリニック3

二小松(にこまつ)前でバス待ってたら、
サポセンのM山さんが自転車から手を振っている。
「どこ行くのー?」
「あっちの方ー。」
「気をつけてねー。」
あっちってどっちだ?
今日もM山さんは突っ込みどころ満載だ。

今日は午前中Love&hair。
Love&hairでも、
カットしてくれたおねーちゃんが初めての人で、
仕上がり時に突っ込みどころ満載だったのだか、
心配気に見ている店長さんと鏡越しで目が合ったりして、
あまりうるさい客にならないようにして、
ありがとう、と言って帰る。

たんぽぽハウスへ寄ったら、もうフリース出てたので、
かーちゃん用に、トナカイ柄のフリース買う。
帰って見せたら、
「あら可愛い。」と言った。
箪笥の冬物のフリース上着数えたら、これで6着目になった。

昨日リハビリの先生に、
かーちゃんのお洋服褒めてもらって嬉しかったので、
いつも通り南口のお洋服屋のぞいたら、
今年の秋物が出ている。
これもまた財布の紐緩めちゃって、
かーちゃん用のお洋服買う。
「今年のやつは前ボタンだよ。部屋着だよ。」と言うので、
「去年の着て外出してますよ。」と言ったら、
「ちりめんだからねっ。」

このちりめんの部屋着、このお店の売れ線なのだ。
私も城東病院で、私と同じ柄のちりめんを着てる人を見た。
その時はかーちゃんと驚いて、2人でお揃いだと言って笑った。
その人がどこで買ったのか、聞かなくても分かった。

今年はもうかーちゃんのお洋服買わないことにしよう。
人の服買ってストレス解消するのはやめよう。

帰ってきてご飯食べて小松へ行く。
待ち時間で西友&八百屋。
何とか来週金曜まで籠城の食材を買う。

はんぺん、何十年かぶりで買ってみた。
はんぺんなら、
かーちゃん用にミキサーかけなくて食べさせられそう。
フワフワでしょ。
めん汁で煮物に仕立てて、
煮ると水分吸ってセブンのはんぺんみたいになりそうなので、
近日中にやってみるつもり。

ミキサーにしないでもいい食材で、
何とかかーちゃんにご飯を食べてもらいたい。

昨日冬瓜で味噌汁作った。
冬瓜ミキサーかけないで、小さなサイコロ状に切って煮た。
味噌汁にしたの初めてだったけど、
煮えたら口の中で簡単に潰れる。
ミキサーしないで大丈夫だった。

今日の小松先生。
「この辺が痛いんだよね。」と、肋骨辺りをさすりながらいきなり言うので、
それは肋間神経痛じゃないですか? 寄る年波ですよ、と言う。
「私もその辺つるんですよねー。」と言ったら、
「寄る年波だよ。」
小松先生いくつかわからないけど、2人してアラフィフの会話。

年取るとね、大人じゃなきゃわからない、
こういうニヤリな会話が増えるんだよー。
2人で笑った。

今日の会話では、女子会の話が出た。
「何人で集まるの?」
「6人です。」
「どこでやるの?」
「O塚さんち。」
小松、情報早いな。
また来週やるんですよ、と言っといた。

いつも通り処方箋もらって終了。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

小松クリニック2

今日は定期的診断。
診断と言っても、お話するだけだ。
今日はかーちゃんが入退院した話と、ミキサー食の話をする。

毎回介護してて大変だね、と言われるのだが、
まだ自分のいつもの暮らしの延長でできているので、
何とかなってます、みたいな受け答えをする。
それに介護してない人に、大変だね、って言われても、
共感できず、ピンとこない。
今回は、イラッとこなかっただけマシか。

毎月3週目はかーちゃんの病院でたて込むので、
今月は薬は3週間分にしてもらった。
1週ずらそうという作戦。

先々月からジェネリックになって、
オランザピンという薬になった。
寝つきが良い。

しかし今日の明け方4時か5時かに、
ポータブルに座っているかーちゃんに、
トイレットペーパーがない、とたたき起こされたので、
起きる時間がずれちゃった。
これが介護の真実だ。
人が寝てようが起きてようが関係ない。
自分中心なのだ。
非情だ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by やすぞう at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする