2018年01月26日

西先生18 キタサンブラック取った話しをする

今日はかーちゃんが7時半前後に私のことを起こしたので、
朝起きれる。
朝起きたので、
どうせ行かなきゃいけないんだったら午前中に、と、
西先生のところへ行った。

診察室に通されて、必ず血圧を測る。
モコモコのパーカー着せてたのだが、
測る腕のところだけ脱がせてほしい、と、
大姉さん看護婦さんが言うので、右腕だけ袖を脱がせた。
測るので腕を触ったお姉さん看護婦さんが、
「軽くてあったかい素敵なのを着てるね。」と言ってくれた。
かーちゃんにクリスマスプレゼントで渡したお洋服だ。
褒めてもらうところに遭遇。
嬉しくなった。
このパーカー、
城東デイケアのお姉ちゃんにも褒めてもらったそうで、
かーちゃんはその話をしてくれた。
「あんたこの服、皆に褒めてもらってるね。次は褒めてもらったらありがとうって言うんだよ。」

2018年西先生一発目。
先生、かーちゃんに話しかけるのだが、
かーちゃん受け答えしない。
私も待ったがしないので、仕方なく私が話す。
食事のこと、入れ歯作るのは諦めたこと、
えごま油で便通が良くなっていること、など話す。
入れ歯痛くてかみ合わせが悪くて、食べられる物を探したら、
どうしても芋かぼちゃになってしまうのを話す。
血糖値高くなるのだが、
食べられる物なんでもいいから食べないと死んじゃう。
なので今は、血糖値気にせず芋類食べさせてますと話した。
それと刺身は食べられるので、
週1回か2週に1回お刺身食べてるとお話しした。
「贅沢な食卓だなぁー(笑)。」
先生のリアクションにかーちゃんは笑った。

それからブルーレイに録画している番組を見せているのを話す。
「暇を見つけて、週に1回くらいですが、武豊が出てる番組見せたり、精霊の守り人撮ったり、テルマエロマエ見せたりしてます。それとデイに行かない日は競馬新聞見せてます。」
お姉さん看護婦さんたちと先生に、ドッと笑われた。
「競馬新聞! それに精霊の守り人と武豊じゃ全然接点がないよー(笑)。」と先生。
かーちゃんはこの話しの最中、受け答えできなくても、
人が言ってることがわかっているので、
顔が始終ニコニコしていた。

「じゃあせっかく来たからには血を取ってもらおう。」と先生。
「ええっ、こないだ取ったじゃないですか。」
「あれは11月。」
するとかーちゃんが、「そんなことになるんじゃないかと思った。」と言った。
さっき受け答えしなかったのに、そんなことを喋った。
全員で驚いて、あははは、と笑った。
「ずいぶんとしっかりしてきてるね。」先生が笑った。
毎月毎月ボケ具合がマシになってきている。

今日も血を取ってくれるのは、いつものお姉さんだ。
かーちゃんに「金杯取った?」と聞いてきた。
かーちゃんまた受け答えしないので、私が応えた。
「金杯はやらなかったけど、有馬は取った。」
「ええっ? あれ当てたのー?」
「馬単4本取った。」
「3が人気薄だったんだよねー。」
「86歳女馬券師現役です(笑)。最近は3連単やってもらってる。こないだ5万当たったんだけど、それ以来破産しそうになってる。」
「師匠、いろいろ教えてくださいね。」
お姉さん看護婦さんは、
かーちゃんの手を取って目を見てそう言った。
かーちゃんはこの会話中も、始終ニコニコしていた。
「前より笑顔が出るようになってるぅーー!」
本当に、ボケ具合が前より良くなっている。

お昼になっていたので、今日はちよだ寿司だけど、
お寿司握りのセットを買ってみた。
これで握り寿司食べられたら、銚子丸へ行けるかもしれない。
銚子丸に行って寿司食べさせたい。
毎日食べさせるものに四苦八苦で手探りしている。
この握りをむせることなく食べられれば、
寿司屋に連れてって良いかもしれない可能性が広がってくる。
イカが入っていたが食べられた。
ネタもあまり大きくなくて、はがしてお醤油つけて食べられた。
箸でご飯を半分にできた。
ああっ、ひょっとして、銚子丸に連れてっていいかも。
お寿司食べられるかも。

かーちゃんは明日から土日なので競馬だ。
お願いしますよ。
銚子丸代、引き当ててくださいよ。
破産は勘弁してくださいよ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 15:30| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

西先生17 今年最後の受診2017

午前中電話をかけて確認。
「今日いつも通りですかー?」
「いつも通りですよ。午後もやってます。」
「午後行きまーす。」

行ったら、いつも通り受付事務のお姉さんたちも、
看護婦さんたちも、温かく迎えてくれた。
今日は1時間ほど待った。
先生登場。
先月やった採血の数値結果をお話ししてくれる。
「肝臓の数値がちょっと高いのと、血糖値が高い。他は異常なし。」
肝臓が悪いってどういう感じですか? と聞いた。
「脂肪肝になってる場合が多いけど、このくらいだったら大丈夫。」
ふぅ、良かった。
「もっと悪い数値が出るかと思ってたよ。このくらいだったら普通の数値だから太鼓判押しちゃうよ。」
ヘモグロビンA1cも5.8だった。
それなら私の数値と同じだ。

かーちゃんが何日か前、
おしっこ出るところが痛いと言ってたので相談。
「今その状態(ベッドに寝た切りが多いのと車椅子でしか座ってられない)だと、おしっこ取れないでしょう。カテーテル入れて取る方法もあるけど、お勧めしない。本人がすごく気持ち悪い。」
「やっとそんな状態から元に戻ってきたばっかりです。」
「水分取って、悪いおしっこ出す方法でやってみて。様子をみましょう。」
言われたその場で、かーちゃんにもっと水分取るように指導。

「さぁ、元気出して頑張りましょう!」と先生。
「そっちこそ!」とかーちゃん。
先生も看護婦さんも私も、
かーちゃんの受け答えを聞いて皆で笑った。
皆で笑って、今年1年の西外科胃腸科クリニックが終わった。

採血は2、3ヵ月後にまたやるそうだ。
次に採血するにあたって、
毎日食生活に気をつけないといけない。

今、夜のメインディッシュは豆腐シュウマイ。
毎日この献立を日替わりで回している。
それにじゃがいも里芋かぼちゃの煮物を回している。
昼は納豆に炒り卵。
ワンメニュー。
入れ歯騒動で食べられる物が少なくなっている。
硬い野菜が食べられないのだ。
しかし生きている以上食べねばならぬ。
同じメニュー回しているけど、それで我慢してもらうしかない。

新年も餅が食べられないのでご飯を炊く話になっているが、
いくらも数の子も食べられないので、
ものすっごく柔らかく炊いた白飯に明太子が欲しい。
さっきも明太子買うかどうか会議した。
柚子なますも食べられないことがわかったので、
その代りにんじんシリシリ作るか、
ピーマンシリコンスチーム蒸しを作るか。
合鴨ローストが食べられないので、
鳥とネギの照り焼き出そうか、と会議中。

どんな正月メニューになるのか。
思案のしどころ中。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:16| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

西先生16 退所1か月後

老健退所1カ月が過ぎ、糖尿の薬がなくなってきた。
今月は珍しく午前中に西先生に行く。
混んでた。
混んでた上に子供が怪我して緊急で飛び入りがあった。
珍しくかーちゃんが、
「1時間以上待ってる。」と愚痴をこぼした。

「お待たせしてすいません。せっかく来たからには血を取ってもらおう(笑)。」
あー採血だ。
何食べさせたかは血を取られればわかる。
今とにかく入れ歯の具合が悪くて、
柔らかく食べられる物しか与えてないので、
うちの食事内容は糖尿病のくせに病人食になってない。
来月わかる。
怒られるだろう。

かーちゃん待たされて眠くなってきてて、
今回もホヤホヤしている。
あまり受け答えがはっきりできない。
「大丈夫ですか?」今日も先生に聞かれた。

今回血を取ってくれたのはベテラン大姉さん。
ベテラン大姉さんもかーちゃんに声掛けしてくれる。
「わかってる? 大丈夫?」大姉さんにも言われた。
先生も看護婦さんも、
活きが良い時のかーちゃんを知っている。
かーちゃんの反応が悪いのを気にしてくれている。

私もそれが気になっている。
だがしかし、老健退所後よりは、反応が少し上向いている。
退所後はもっと無表情無感動だった。
今多少良くなっている。
もっと病院にでもいいから外に連れ出さねば。
刺激を与えねば。

今ベッドで横になって起きているので、
「相棒が良い? 相撲が良い?」と聞いたら、
「相棒。」と返事がきた。
圧迫骨折前は、「私失敗しませんから。」に始まって、
マリコさんを見て、相棒を見る、
テレ朝ゴールデンタイムを過ごしていた。
復活しろ復活。
活きが良い頃に復活しろ。

「この間食べたチェリーがのってるケーキ(キルシュトルテ)と、去年食べたラムレーズンケーキ。クリスマスはどっちがいい?」
「ラムレーズン。」
今日今年のクリスマスケーキが決まった。
去年のはラムレーズンだけだったけど、今年は、
Happyの宿題で使ったドライフルーツがしこたま残っている。
いちじくプルーンあんずレーズンくるみをラム酒で漬け込んだ、
フルーツミンスケーキにしよう。
クリスマスらしい。
これから仕込みになるので、
まー今からドライフルーツつけるので間に合うからいいけど、
どっかで隙をみてクリスマスツリー出さなきゃ。
押入れ前にうさぎ除けの段ボール積んであるので、
それどけるのからやらなきゃ。

正月に何を食べさせるのかも今から考えている。
すぐに12月だ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 16:55| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

西先生15 今日も老人健診だった

かーちゃんのスケジュールが芸能人並だ。
毎日何かしらかーちゃんの用事が入っている。
前回薬が切れるころ来て、と先生に言われたのだが、
今週は今日行かないと他の曜日が埋まっている。
午後おむつ換えて連れてった。

行ったら、今日も老人健診の爺婆達。
待ち合いにギッシリ。
奥のベッドのところに通された。
1時間ちょっとして名前を呼ばれる。
今日はオレンジページ1冊とちょっとで済んだ。

診察室に入っても、
先生が診察してくれるまでちょっと待つ。
今日はいつも血を取ってくれるベテランお姉さんが血圧を測ってくれた。
待ってる間、かーちゃんと、
西友に行こうかなんて話しをしていた。
「西友行くの? どうやって行くの?」
聞かれたので、車椅子押して行きます、と言った。
「遠くない?」また聞かれたので、
「ここから西友くらいだったら、車椅子押してズカズカ歩きますよー。」
かーちゃんは入院と老健とで、7カ月も下界との接触がない。
「ずっと老健にいたから、いろんなところに連れてってやろうと思って。」
他にも、移動は都バスを使うので親切にしてもらえる。
JRと地下鉄は、車椅子では東京は怖い、と話した。

「日曜競馬(菊花賞)やった?」
血圧測ったあとお姉さんに聞かれた。
もう何年も西先生のところに来ている。
看護婦のお姉さんたちも、もちろん先生も、
かーちゃんが競馬が好きな事を知っている。
かーちゃんが自分の足で歩けて、
活きが良かったころのことも知っている。
「やらなかったけど、テレビ(菊花賞)見せた(笑)。」
いつ競馬復帰するかわからないから、
先週の金曜に競馬資金を入れに行った。
いつでも馬券買いできるようにした。
準備万端だ。
「また来週もあるもんね。」

「こんにちは。」先生登場。
かーちゃんがこんにちはと返事する。
「おおっ、今日は良いですねー。返事がきたよ。」
今日は待ってる間、かーちゃんは寝なかった。
意識がハッキリしている。
ひとしきりかーちゃんに話しかけてくれた。
何かの会話でかーちゃんが笑った。
「そうそう。ニッコリしなきゃー。」

今日は薬の処方箋をもらう。
1ヵ月出た。
シバタで薬を出してもらう。

西友で。
地下で「何か欲しい物ある?」
「ない。」
1階で「何か欲しい物ある?」
「梅干し。」
梅干しー?
それならうちにあると言って八百屋によって帰る。

帰ってきて遅くなったので、
メニューは昨日鍋いっぱいに作ったトマトとチキンのスープ煮が残っているので、
温めて食べさせる。
ご飯だけ食べ残すので、
「あんたご飯も食べなきゃ。おかずよそってこようか?」と聞いたら、
「梅干し。」と言った。
1個でいいと言ったのだが、気前よく2個お茶碗に入れてあげた。
「種あるからね。取らないからね。」
自分が食べた洗い物をして戻ってきたら、2個目を食べている。
「あんた(1個目の)種どうした? ここに置いて。」
しばらくしてから返事がきた。
「……ない……食べちゃったみたい……。」

はぁーーーーっ? 種食べちゃったですとぉーーー?
誤えん性肺炎になるかもしれないからきざみ食にしているのに、
梅干しの種、食べちゃったですとぉーーー。
「とにかく様子見よう。10分したら(すりおろし)りんご食べよう。」
「(種食べちゃったのを)驚いた。自分でも驚いた。」
あんな大きな種を飲み込んだことを本当に驚いている。
種が詰まりはしないか?
万が一は城東に連れて行かないといけないのか?

10分経ってないが、息はしている喋れている。
「あんた盲腸手術してたっけね。今食べた種はきっとうんちになって出てくるんだよ。」
あんまり驚いたので、そんなくだらない事しか話せなかった。
10分経ったのでおりんご食べる。
息はしてるし、話しもできる。
とりあえず、城東に緊急に連れて行かなくて済んだみたい。

犬や猫やうさぎは、
異物を飲み込んでしまった時、レントゲンを撮る。
動物病院のサイトに行くと、
飲み込んだ物が写ったレントゲン画像がよく載っている。
城東に連れて行くようなことがあったら、
かーちゃんもレントゲンを撮るのかな、と思った。
レントゲンに梅干しの種が写っているに違いない。
とりあえず、そんなことまで想像した。
何事もないみたいで良かった。
もう梅干しは、種を取ってから出すことにした。

食後おむつを換えるのだが、このところ毎日、
赤ちゃんがおむつを換える時に、おむつにはしてないで、
おむつ取ったところでおしっこする、という話しをしている。
その話しを今日もしながら、
腰の下に敷いてるおむつの背中お尻部分を引き抜くのに、
「はい、腰上げて。足で踏ん張ってー。」
腰をあげてもらった。
踏ん張ったら、チョロチョロチョローーー。
はい、元気よく出てきた。
「あんた、さっきの話しの赤ちゃんみたいだねーーー。」
かーちゃん笑いながら再びチョローー。
ウケたらしい。
「はい。(下腹部を触りながら)ここに力入れてーーー。」
笑うかーちゃん。
「もう出ないね?」
「出ない(笑)。」



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 20:36| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

西先生14 7か月ぶり西先生

昨日雨の中の晴れ間があったので、
西先生に連れてった。
今日は晴れだけど明日からまた雨の予報。
なので、退所して本当にすぐになったけど、
無理やり連れてった。

老人健診の爺婆に混ざって、昨日は本当に待った。
オレンジページ4冊読んでも待った。
かーちゃんはついてすぐ、口開けて天井向いて寝ていた。
一眠りしていた。
それくらい待った。

2時間半くらい待ってやっと呼ばれて、
診察室に入って血圧検査。
いつもの看護婦さんが計ってくれたんだけど、
かーちゃん受け答えができない。
寝起きでホヤホヤしている。

5月の城東病院退院時の情報書と、
一昨日までいた城東老健の情報書と2通持っていった。
「お待たせしてすいません。」先生登場。
情報書に目を通す。
「大変だったね。」私に向かって話してくれた。
「糖尿病頑張れ、って書いてあるよ。」
「1日1260キロカロリーでした。」
かーちゃんを見て「痩せちゃったね。」
手が細く、足が細くなっている。

城東のデイケアに週1で通えることになったのを話す。
「それは運が良かったね。」
デイケアではリハビリをやってくれるのを先生はご存じだ。
「チャンスは逃しません。」とお返事。
デイケア1日とデイサービス1日の2本立てなのを話す。
私の不慮の用事でどこか1日使いたい時、
デイケアでは日にちの融通が利かない。
なのでデイサービスも使う、とお話しした。

かーちゃんに話しかける先生。
かーちゃんは先生に話しかけられても大した受け答えができなかった。
「こんなになっちゃったの?」驚く先生。
先生は、かーちゃんの痴呆が進んだのかと思ったらしい。
「いえ。さっきまで待ってる間寝ちゃってたんですよ。それでホヤホヤしてまして。あれが食べたいとかこうしたいとかあります。あんた、ここどこかわかる? 誰と話してる?」って聞いたら、
「西先生。」と返事。
先生一安心。
「次回はこんなにお待たせしないから、薬がなくなるころ来て。」
診察終了。

お会計済ませて、あれ? 処方箋もらってない。
「お薬の処方箋は?」
「今日は出てませんよ。」
てっきり薬が出て、次回は1ヵ月後とかの受診かと思っていた。
私の早とちりだ。
薬が切れるころ来て……それは先生の中では10日後くらいの話しだった。
また西外科胃腸科クリニックへ行かなければならない。
「ああっ。次回血を取るつもりだっ!」思わず叫んだら、受付事務のお姉さんたちが笑った。

どうしよう。
ケーキ食わして刺身食わして昨日鳥善で焼き鳥も買って食わせた。
今日はクリームシチューの予定だ。
退所してきてからカロリーオーバー、血糖値オーバーだ。
多分そうなるだろう。



posted by やすぞう at 17:09| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

西先生13 血を取られる2017年3月

今日西先生、定期健診。
3時15分ごろ着いた。
今日はあんまり待たなかった。
3時40分ごろ呼ばれて、診察室に入ったらいつもの看護婦さんに、
一体どうしたの? と聞かれる。
かーちゃんが無表情に見えたそうだ。
眠いんですよ、昼夜逆転中、と答えた。
いつもは寝ている時間帯だ。
それにパーキンソンが進んでるみたいで、と答えた。

先生登場。
どうですか? と聞かれたので、
「糖尿の薬飲みだしてから、糖尿のおしっこ臭かったのが多少マシになってきています。」と返事。
「うちに来たからには血を取ってもらう。」
「ええっー? またですかー(1月に取ったばっかり)。お雛祭り終わったばっかりなのにーっ。」
「何食べたの?」と先生聞いてくるので、
「ケーキ食べて押し寿司食べてあさり汁飲んでますー。ケーキなくなったら、寂しい、って言ってますー。」
先生看護婦さん爆笑。

今日も採血はいつものお姉さん看護婦さんだ。
今日も血を取るのが下手だった墨東の若い看護婦さんの話になった。
今日も「(自分が)年取ってるのに、出なかったらどうしよう。」と言いながら針を刺す。
「ここら辺なんだけどな。出ないな。(焦ってる)出ないな。この辺なんだけどな……。」
焦ってるのでなかなか出ない。
全員が針を見る。
さし直す。
「ごめんね、ごめんね。痛いよね。ごめんね。」
私「あっ、出たっ!」
「痛かったね、痛かったね。ごめんね。」
出たら看護婦さんかーちゃんの顔を見る。
「ああっ。いつもの顔になった。笑った顔になった。痛かったのね。ごめんねー。」
かーちゃん痛くて正気に戻って眠気が去った模様。

看護婦さんに、(私が)疲れてない? と聞かれた。
顔がむくんでるよ、と言われた。
倒れないようにして、ちょっとは休みなよ、と心配された。
はっきり言って今、毎日おむつのことで説教している。
今日もそうだった。
今日もかーちゃんはベッドにお尻丸出しで腰かけて失禁していた。
毎日シーツを取り換えては洗濯している。
また施設に行ってもらう話をした。

寝ても寝ても起きられない。
夜中に起こされるので、私の寝る時間起きる時間がズレてきている。
はっきり言って介護疲れだ。
ゆっくり寝たいのが本音だ。
しかし、休みたいのに休めないのが実状だ。

西先生の薬はシバタで出してもらってるんだけど、
加藤商店で買い物して、西友行って八百屋行って、
うちに帰ってきて5時前だった。
今日の西先生は空いていた。
いつもこうだといいのになー。

西友で加熱用カキを買った。
八百屋でじゃがいもといんげんも買った。
今日の晩ご飯はカキのクリームシチュー。

食べることしか今楽しみがない。
ケースで買った一番搾りと、
堅あげポテトブラックペッパー味24袋も来た。
72時間を見ながら1本開けよう。
今日も自分で自分に、ご苦労様でした、と言おう。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

西先生12 怒られる

明日木曜日、東京も雪らしいので、
雪降って積もって車椅子移動が無理っぽくなるので、
昨日西先生に行ってきた。
かーちゃんは1月に採血したので、その結果発表だ。

「ちょっと貧血気味でコレステロールも高いけど、そんなことより何より、血糖値が高い。」
真顔で言われた。
声が怒っておる。
城東退院してきてから血糖値はそんなに高くなかったのに、
やっぱりな。
12月1月、無制限で食べてたからな。
ケーキも食わしておせちも食わして、1月明けてからは、
西友の塩大福にハマったので食わしてたからな。
「薬飲みましょう。朝昼夜、一番食べてるのはいつですか?」
私「夜です。」
「じゃあ夜だけまた薬を出しましょう。」
先生声が冷静で、怒っておる。

今日私のデイケアで亀戸天神に行って、船橋屋に寄ったんだけど、
かーちゃんが喜ぶと思って、くず餅買ったんだ。
デイサービスから帰ってきてかーちゃんに聞いたら、
食べると申すので、くず餅与えたんだわさ。
かーちゃんは喜んでペロッと食べた。
あぁ、またもや西先生に怒られそう。
「船橋屋のくず餅食べたって言っちゃだめだよ。」
言わなくても血を取られたらわかるんだよな。

また毎日頑張らなくっちゃ。
北里大学糖尿病チームのロカボやってるんだけど、
甘い物与えてるからな。
米少なくしてるから、私は大丈夫なんだけど、
かーちゃんは駄目だった。
ココアもやめなきゃいけない。
甘酒もやめなきゃいけない。
甘い物与えると喜ぶんだけどな。
とほほ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

西先生11 新年一発目採血

昨日金曜日13日、西先生。
1時間くらいの待ちで診察室に呼ばれる。
診察前に必ず脈を計り、血圧を測る。
いつもの採血してくれるお姉さん看護師登場。
「有馬記念取った?」
「有馬は駄目でしたが金杯取りましたよ。」
この会話でかーちゃんはニコニコしていた。

この間メンタルクリニックで、
かゆみ対応の薬を出してもらって様子見しているが、
ケアマネがデイと連携取って、
もっと効果のある薬を西先生で出してもらえ、
と提言してくるので、先生で相談。

先生「どこがかゆいの?」
「足やら背中やらかゆいらしいです。」
ズボンをめくってみる先生。
「あーーーじゃあね、もうちょっと効き目があるのを出しますから。」
「先生、今月採血するって言ってましたが……。」
「やりますよー。」楽しいお返事。

いつもの採血してくれるお姉さん看護師登場。
「年取った(経験豊かな)看護婦が採血するねー。」
かーちゃんは笑った。
いつまでも墨東の若いヘタクソ看護師が、
かーちゃんの血が取れなかった話を覚えていてくれる。
今日は血を3本取った。
「出て良かったー。」
年末年始で美味しい物を食べているので、結果が心配だが、
どうなるかな。
結果は来月。
また糖尿の数値が低く出ますように。
そうすれば糖尿系の薬飲まなくて済む。
来月ワクワクドキドキ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

西先生10 2016年12月今年最後の診察

昨日西先生へ行ってきた。
ガラスドア越しに中を見ると空いてる。
中に入っても空いてる。
昨日は1時間待ちくらいで診察の順番が来た。
先生が、
「お待たせしちゃって本当にすいません。」と、かーちゃんに言った。

何年か前の12月に、かーちゃんが1人で行って、
夜7時過ぎても診察が終わらないくらい、
そのくらい待ちが長かったことがあった。
それに比べれば何ともなかった。

かーちゃんの血を取るのは、年明けてからになった。
薬は飲まなくなったものの、
やはり糖尿の経過はみていかないといけない。
じゃあ1月にお願いします、と言ったが、
毎年1月なんだよな。
クリスマスとお正月で良い物食べるから、
血糖値高くなるんだよな。

帰りのバスの中、
かーちゃんは平井の北口にある眼鏡屋さんを見つけた。
「あんた眼鏡作ってもらうといい。」と言った。
「ええっ? 眼鏡ひょっとしてプレゼントしてくれるのっ?」思わず返した。
さっき西先生でオレンジページを見て時間潰ししてたわけだが、
小さな字が読めない。
近眼眼鏡を外して、裸眼で近づけて読んでいた。
「じゃあね。ここじゃあ作らないけど、錦糸町(JINS)行って作ってもいい?」
「明日行けばいい。」
明日は競馬だから行けないし、
それにもう12月は最終週までスケジュールの空きがないので、
「じゃあ今月末に作るよ。ホントにいいのっ?」
かーちゃんはいいと言った。
超嬉しい。
遠近両用眼鏡、今年のプレゼントだ。やったぁー♪
自腹切らなくて済んだ。

家に帰ってきてからかーちゃんに、
「今度のお給金が入ったら、クリスマスと誕生日一緒に、かーちゃんにとっても良い物プレゼントするからね。期待しててね。」と言った。
「何がくるのかワクワクしないといけないね。」と、かーちゃん。

かーちゃんは先月に老眼鏡おニューにしたので、
更に見えるように、ハズキルーペを買ってあげる予定。
今月は23、24、25と競馬三連荘なので、
23日にプレゼント渡す予定。
クリスマスの前祝いだ。
競馬新聞とマークシートが、
今より拡大されて読めるようになるはずだ。
「とっても良い物だよ。」念を押した。

早く来い来いお給金日。
早く来い来いクリスマス。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 17:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

西先生9検診の結果

西先生に行ってきた。
老人健診の血液結果が出ていた。
糖尿の数値が驚くほど減っていた。
血糖値119。
ヘモグロビンA1c5.8。
「この調子でいきましょう。それとちょっと栄養不足だから、お肉食べるといいかな。」

うーーーん、心配していたことが数値に出た。
かーちゃんが退院してきてから、我が家は今、朝豆腐。
豆腐に柚子胡椒醤油で1丁食べて朝ご飯にしている。
栄養が足らないんじゃないかと思っていたところだ。
これは考えないといけない。

帰りのバスでずっと考えていたのだが、
玉ねぎと人参をすりおろして、鳥の挽肉でも入れて、
あんかけにでもして豆腐を食べるのはどうだろう。
かーちゃんが麺とパンを食べられなくなったので、
退院してきてから玉ねぎ食べてない。
6月に入院するまでは、ツナサンドで玉ねぎ毎日食べていた。

レンジで水切りして温まった豆腐にあんかけ。
近々やってみよう。

それと、中性脂肪が高くなってた。
運動してないからそのせいもあるだろう。

でも、全体的に高くて、
病気に繋がる数値が落ちてきているので、
先生からは褒められた。

今日の看護師姉さん。
「青あざにならなかった?」
この間の検診で、血を取ってくれた時の話の続きだ。
年取って経験値もある看護師が、
血を取る時失敗するときもあるので、
血を取った後のその後の話を聞いてきた。
「大丈夫でしたよ。」
「良かったぁー。」
今日も西外科胃腸科クリニックは面白かった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする