2017年05月12日

整形外科74 第一腰椎圧迫骨折で入院63 無事退院

朝10時頃病室へ着いた。
今日かーちゃんは退院だ。
看護士さんたちにお見送りされた。
何人もの看護師さんたちが、かーちゃんに向かって、
「うさのすけが待ってますよー。」と声をかけてくれた。
かーちゃん入院時にうさぎのことを話していた模様。
「戻ってこないように頑張ります。ありがとうございました。」
良い看護師さんたちがいっぱい送ってくれた。

懸念していたお会計、手持ちの万円、全部消えた。
財布に3000円しか残らなかった。
お金がない。
午後銀行に行くことを決める。

帰ってきてアイスコーヒーを飲ませる。
「美味しい。」とかーちゃんは言った。
昼はハムエッグと硬い米、味噌汁、
サラダ納豆にぬか漬けを出す。
誤嚥なく食べた。
自分でお皿を持って箸を持って、時間はかかったが食べれた。
自分で食べるのもリハビリだ。
うちにいる間頑張ってもらう。

やっと他に人を気にせず話す時間が取れたので、
これからのことを話す。
老健に入ってかーちゃんはリハビリすること。
お金がないからバイト探すかもしれないこと。
でも学校行くので、そんなにすぐは動けないこと。
今日は矢口で入れ歯診てもらうこと。
帰りに中村屋へ寄ること。
近くのことから遠くの事まで喋った。

薬を飲ませるタイミングもあるので、
今日から病院にいた時と同じ時間帯で食事をする。
ご飯の後、横になりたいと申すので寝てもらった。
背中に、買った抱き枕を入れて、
足にはセットで着た足枕を入れた。
うちにいる間使ってくれい。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

整形外科73 第一腰椎圧迫骨折で入院62 退院前日

今日午前中中村屋へ行った。
はんぺんとチーズと茶碗蒸し買った。
トマトも買った。
今までミキサー食べていたのに、
帰ってきていきなり固い物を出すのはどうかと思って、
入れ歯が当たって歯が痛いだろうし、柔らかい物を買った。
刺身は明日か明後日買う予定。
明日の夜ご飯はかしわご飯の予定。

うちにマリービスケットがあるので、
スーパーカップのバニラも買った。
マリー2枚でアイスを挟んで、アイスビスケットを作った。
ケーキ作って食べさせようと思っていたのだが、
毎日食事介助に行って時間が取られて、
そんな心の余裕と時間がなかった。

行ったら、ベッド脇の簡易テーブルのところに、
4月の請求書が来ていた。
開けてみた。
4月まるまる1カ月の入院代6万何某。
今日銀行で明日退院時のお支払い入院費を見込んで、
それなりのお金を下ろしてきたのだが、目が点になる。
5月分の入院費もあるので金足りるか?
看護師さんがかーちゃんを車椅子の乗せてくれて、
車椅子かーちゃんとデイルームに行ったが、
カバンのボールペン出して、請求書封筒に金勘定した。
何度も金勘定した。

今日の食事介助。
長かったよこれで介助最後だよ。
粒のあるお粥。
トロットロお吸い物。
ツナとレタスのサラダっぽいミキサー。
お肉みたいミキサー。

うさぎのトートバッグ持ってって、
持ってこれるものは持って帰ってきた。
明日退院だ。
やっと制限なく、これからのことをかーちゃんと何日か話せる。
病院じゃどこにでも人がいて、
話せないことの方が多かったので我慢していた。
「明日午前中に来る。」
明日午前中に起きれますように。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

整形外科72 第一腰椎圧迫骨折で入院61 抱き枕届く

朝起きれなかった。
6時前に目が覚めて2度寝したら10時半だった。
虹をぶっ飛ばす。

今日の夜の部食事介助。
レタスサラダみたいミキサー。
粒のあるお粥。
カレー味の何か野菜ミキサー。
大根おろしそのまま醤油多少かかっていた。
お魚ミキサー。
ヨーグルト。

昨日午前中抱き枕を楽天で頼んだ。
調べたら福岡久留米の会社だった。
あす楽で頼んだらさっき着た。
本当に頼んだ次の日に来た。
ゆうパックありがとう。
少々お高かったのだが、足枕が無料でついてくる抱き枕にした。
これでかーちゃんが楽にうちにいる時寝てくれればいい。
母の日のプレゼントだ。

回復してくれて、
老健から早期にうちに帰ってくれるのを期待している。
自分でご飯を食べれるようになって、
自分でベッドに腰かけてくれるのを期待している。
リハビリパンツはもう無理そうなので、おむつ替えになるが、
なに、やってみないとわからない。

スターさんにも予約入れた。
老健前に散髪してもらう。
車椅子押していろんなところに行く予定にしたが、
痛がるかな?
なに、やってみないとわからない。
土曜は雨になるようなので、
西村往復には介護タクシー使う予定。

明日退院用のお着替えを持っていく。
老健では、様子見で認知症フロアに入ることになっているので、
お洋服の盗難とかも心配。
服に名札つけなきゃ。
それは週末空き時間を見てやろう。
かーちゃんには早く老健認知症フロアを卒業してほしい。

老健の担当者に持ってくる靴の事を聞かれて、
かかとがきちんとある靴にして欲しいそうで、
「病院で履かせていた靴を履かせていきます。」
と言ったら、どんな靴ですか? と聞かれたので、
あゆみの靴です、と返事した。
「それなら安心です。」と言われた。
担当者よ、見て驚くな。
うちのあゆみの靴は名前刺繍入りだぞ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

整形外科71 第一腰椎圧迫骨折で入院60 老健の見学をする

朝起きて、西村に電話。
土曜の福岡先生診察があるそうで、土曜午後に行くことにする。
次にシニアメンタルに電話。
老健入る前の月曜になんとか予約をぶち込む。
次に矢口に電話。
老健入る前に土曜の午前中に予約ぶち込む。
スターさんで散髪の予約も入れたかったが、今日は休み。

4時過ぎに老健から電話がかかってきた。
会議の結果、入所がOKになった。
ケアマネほっしーが長く自宅介護しない方が良い、
と言ってたので、火曜の午前中に入所するという話になった。

同じ病院敷地内の同じ電話回線なので、
老健担当者から病院のソーシャルワーカーに電話回してくれて、
病院退院の日にちを決めた。
そしたら同じ敷地内の同じ回線なので、
ケアマネほっしーにも電話回してくれた。
退院した日の午後、担当者会議を入れた。
16日に老健に入所する、とほっしーに言ったら、
「急ですね。」と言うので、
「長く自宅介護しない方が良いって言ったじゃないですか。」と返したら、
ほっしー笑っていた。
「すぐ自宅に帰るんじゃなくて、(老健で)ワンクッション置けて、私も安心しました。」と言った。

5時前に、老健入所時に書いてきてほしいという書類を、
老健に取りに行く。
説明後、所内の見学をさせてくれた。
「お母様は5階の入所になります。認知症の方の階です。」
5階に通された。
かーちゃんより老けた爺婆がたくさんいた。
何と言うか。
認知症の人がたくさんいるのを生まれて初めて見たので、
ショックだった。
こんなところにかーちゃんを入れるのか。
「最初は認知症フロアから入っていただいて、その方が介護士が人数がいて目が届きますので、様子を見ながらフロアを変わっていただく場合もあります。」
書類の説明の時から始終ハイハイ言って相槌打っていたが、
見学でもハイハイ言って、早々に退出。

5時半回っていたので、かーちゃんはデイルームにいた。
「あんた隣で若い部類に入るよ。あんたより年上の人がいっぱいいた。そんで最初は認知症の人がいるフロアになるんだってよ。」
病院のデイルームには、
他にもご飯食べるお爺ちゃんお婆ちゃんが集まっていたので、
「詳しい話は明日話す。」とかーちゃんに言った。

今日の夜の部食事介助。
粒のあるお粥。
ごま油のにおいがした緑色の野菜ミキサー。
豆腐かがんも系煮物ミキサー。
肉じゃがのにおいがしたミキサー。
黄色い果物ミキサー。

何がショックだったのかというと、あんなところにいたら、
かーちゃんまでおかしくなっちゃう、と感じた。
何が何でも早くリハビリしてもらって、
せめて早いうちに認知症フロアを卒業してほしい。

せっかくアリセプトもらいにシニアメンタルに行くので、
その徒労は無駄にしたくない。
かーちゃんにはリハビリ頑張ってもらって、
うちに帰ってきてまだ競馬をしたり、
美味しい物を食べたりして欲しいのだ。
かーちゃんの頭はまだそんなに認知症が進んでいないのだ。
と言うか、ほとんど正常。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

整形外科70 第一腰椎圧迫骨折で入院59 老健に面談に行く

朝起きれて、去年の二の舞にはならなかった。
去年の私の国保検診は、寝坊してタクシーかっ飛ばして行った。
家でおしっこしたらセンターで出なくて、
無理やり出してくれと言われて絞り出した。
絞り出した2ミリで検査してくれたが、蛋白尿と血尿になって、
病院に行く羽目になった嫌な思い出がある。
今年もタクシーかっ飛ばそうかと思ったが、すぐバスが来た。

ちょっと糖尿の数値が高いが心配ない、
とセンターの先生に言われた。
心配はあとはがん検診の結果だけだ。

帰ってきて昼食べて、3時半約束の老健に行く。
パンフレットや書類を説明してくれた。
ギリギリまで入院させて、病院回って入所させたかったのだが、
そこまでベッドの空きを確保できないと言われた。

同じ所内のケアマネほっしーを呼んでくれて、
退院やら入所やら担当者会議やらのスケジュールを話し合う。
今週中にかーちゃん退院になりそう。
何日かはうちに帰ってきてもらう。
だけどほっしーから、
長い期間は自宅介護しない方が良い、と言われた。
西村とシニアメンタルと歯医者と散髪で1週間くらい、
って思ってたんだけど、長いそうだ。
「入院前より状況が酷くなってると考えてください。」と言われた。
「やってみないとわかりません。」とお答えした。

今日の夜の部食事介助。
粒のあるお粥。
大葉のにおいの野菜ミキサー。
お豆腐系のにおいミキサー。
お魚ミキサー。
柑橘系果物ミキサー。

明日西村脳神経外科に、先生の予定を聞く。
これだけは絶対譲れない。
かーちゃんの右脳にたまった水が、
どうなっているか診てもらいたいのだ。
次にシニアメンタルに電話。
老健入所前に診察していただきたい。
もしも時間があれば、矢口で入れ歯も診てほしい。
もしも時間があれば、スターさんでカットもお願いしたい。

明日夕方、老健入所検討会議の返事が来る。
退院に向けて、老健入所に向けて、動き出した。

今日行ったら、かーちゃんのベッドに、
介護ベッドと同じようなL字型の柵がついていた。
うちの介護ベッドにはL字の柵がついている。
もうじき退院になるのに、あるなら早くからつけてくださいよ。
自分で起き上がれるようになるリハビリになるじゃん。
だがかーちゃんは自分で起き上がれない。
リハビリで起き上がり方を教わってもらうしかない。
やはり老健に行かないと駄目なのか。
自宅介護はもう限界なのか。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

整形外科69 第一腰椎圧迫骨折で入院58 5日間昼の部夜の部終了

行ったらベッドに寝てて、テレビ観たかどうか聞いたら、
「トイレに行ってた。」そうで、
「ちょこっと出たんだけど、ちょこっとじゃ話にならない。」と申すので、
クロフネの娘が着たよ、と言っておいた。
何の話かというと、NHKマイルチャンピオンシップの話。
「それにあんたのちょっとはけっこうたっぷりだよ。」とも追い打ちをかけておいた。
何の話かというと、大の話。
お食事中の方、失礼!

いつの人のことをジロジロ見る嫌な親父。
今日は顔にあざがあるお婆ちゃんの面会に来た息子さんとやり合う。
嫌な親父が息子さんに向かって何か言った。
テレビの音が大きすぎて、なんて言ったか聞き取れなかったら、
息子さん腹を立てて席を立って、側に詰め寄ろうとしていた。
顔にあざがあるお婆ちゃんが息子さんに、
「やめなさいよ!」と大きな声を出していた。

私看護師さん呼びに行った。
「デイルームで奥に座ってる人と、顔にあざがあるお婆ちゃんの息子さんとやり合ってます。」
慌てて夜担当の看護師さん2人ともデイルームに入っていった。
「お腹空いて気が落ち着いてないみたいですから。もうじきお食事ですから。」と中に入っていた。
食事前にテーブルについている他のお婆ちゃんたちが怖がっていた。
食事の配膳が始まり、息子さんは帰ると言って、
何事もなかったようになった。

かーちゃんに小声で、
「あの人(嫌な親父)と関わり合っちゃいけないよ。傍に座ってなくて良かったね。」

今日の夜の部食事介助。
きゅうりの酢の物風ミキサー。
粒のあるお粥。
ひょっとして切り干し大根みたいミキサー。
お魚みたいミキサー。
小さなブルーベリーゼリー。

昼のミニストップのサンドイッチに、
アイスコーヒー50円引きのシールがついていた。
「あんたアイスコーヒー差し入れしようか? 割引券もらった。」と言ったら、
「ああ、アイスコーヒー。飲みたい。」
糖尿ミキサー食食べてるので、
ミルクガムシロ抜きのブラックアイスコーヒーになるが、
近日中に差し入れしよう。

明日退院するご飯をかーちゃんと一緒に食べてくれたお姉さん。
今日は席が離れていたので、帰り際側によって一声かけた。
「大事にしてくださいね。」と言ったら、
「楽しくご飯が食べられました。ありがとうございます。」
「こちらこそありがとうございました。」
お姉さんは自宅に帰る。
明日に希望を持っての旅立ちだ。

世間は5連休だった模様だが、やっと昼の部夜の部5連休終了。
毎日2回食事介助に通うという、
ハードなゴールデンウィークだった。

明日から1息つけそうな感じがするかもしれないが、
明日午前中国保検診。
去年家でいつも通りおしっこして行ったら、検尿が出なくて、
無理やり出してくれ、と言われて無理やり出したら、
2ミリくらいしかでなくて、検査でたんぱくが出て、
お近くの病院で再検査してください、
とロクなことなかったので、
今年は寝起きでタクシー拾って出かけて、
自分ちでトイレしないようにする予定。
午後は老健面談。
忙しい。
買い物は火曜だな。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整形外科68 第一腰椎圧迫骨折で入院57

2度寝して起きたら10時半だった。
歯磨き洗面してたら11時に間に合わない。
コーヒーだけ飲んで介助しに行った。
「起きたばっかり。」と言ったら、
「その割には髪が綺麗になってる。」と言うので、
「こうやってきた。」髪を撫でつける身振り。

昼の部食事介助。
具のないトロトロのお吸い物。
何か緑色の胡麻和えミキサー。
お魚ミキサー。
バナナミキサー。
ヨーグルト。

「今日はチャンピオンシップだよ。3時からNHKでやるよ。」と吹き込んできたのだが、
「チャンピオンシップって何?」って言ってるので、見るかな?
こうやって興味があることから離れていくのかな。
毎週土日競馬やってた人とは思えない返事だった。

朝ご飯抜きだったので、何だか卵サンド食べたくなって、
ミニストップで昼用にサンドイッチ買った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

整形外科67 第一腰椎圧迫骨折で入院56

今日昼間金勘定ばっかりやってて疲れた。
毎月2万じゃうさのすけのりんご代も出ない。
要介護5の介護やってるから、働きたくても働けない。
考えたあげく、手をつけたくないが、
かーちゃんの保険をあてることにした。
月4万あてることができる。
うさのすけのりんご代が出る。
何とかなりそう。

その話を持って、夕方病院へ。
デイルームに1番乗りしてかーちゃんと話し込んだ。
「隣(老健)行っても金の心配しなくて済む。」
「何とかなるから、あんたがやらないといけないのはリハビリ。ここの病院にいるうちからでも、隣に行ってからでも、自分でベッドに座れるようにならないといけないよ。そんで早くうちに帰れるようにしないといけないよ。」
「わかった。」とかーちゃんは言った。

月曜退院のお姉さんと会った。
こんにちは、と挨拶すると、
「ね。アクリルたわしあげる。」
「ええっ? いいんですか? 遠慮しないですよー。」と返したら、
すぐ持ってくるから、とお部屋に帰っていった。

170506_03.jpg
かわいいアクリルたわし、4枚いただく。
「病院にいるとね、時間がたくさんあるから、息子に言って、家から毛糸持って来てもらったの。」
病院で編んだそうだ。
そうなのだ。
入院時間は有り余る時間なのだ。
痛いのを我慢しながら、
テレビと食事だけでは時間がたくさんあり過ぎる。
毎日1日が長い。
「洗剤使わなくていいし、汚れたら洗濯機で洗うと汚れが落ちるから何度も使える。」
洗濯機で洗うといいのか。
そんな話は初めて聞いた。
「ありがとうございます。いっぱい使います。」

今日の夜の部食事介助。
粒のあるお粥。
何か野菜サラダっぽいミキサー。
カレーミキサー。
どうしてカレーなのについてきたんだろう海苔の佃煮小さじ1くらい。
バナナミキサー。

かーちゃんに食べさせながら、
「あんた、リハビリして自分でご飯が食べられるようにならないとね。1人じゃ食べてないの聞いてるんだよ。」と言ったら、
かーちゃんは、とろみほうじ茶を軽くブフッと吹き出して、
バツの悪そうな笑い顔になった。
図星だ。
「悪いことは隠せないよー。」と更に追い打ちをかけたら、
かーちゃんと、周りのお婆ちゃんたちが笑った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整形外科66 第一腰椎圧迫骨折で入院55 面談の日にちを決める

朝起きてすぐ、城東老健へ電話。
担当者の方すぐに出てくれて、まずは電話で軽く、
こちらの聞きたいことを聞いてくれた。
入所前に歯医者に連れて行きたいのだが、と聞いたら、
老健には訪問歯科の先生がいるので診てもらえるとのこと。
入所前に脳神経外科へ連れて行きたいのだが、
それは可能なのかどうか、と聞いたら、
入所前でしたら可能です、とのこと。
月にいくら位かかるのか、と聞いたら、
うちの食事負担額だと月7、8万になる、と言われた。

歯医者は無理して連れて行かなくてよさそう。
脳神経外科には必ず連れて行けそう。

面談のお日取りを決めた。
説明と見学で1時間半くらい時間がかかると言われた。

月8万か……。
電話切ってすぐ金の計算をした。
8万痛い。
うちは母娘微々たる額の年金暮らしなので、
入って来る分といっても大した金額ではない。
自分の小遣いと食費合わせて、
2万ほどでやりくりしないといけなくなる。

かーちゃんに老健は月8万かかると言ったら、
「8万! 大きいね。」と返ってきた。
「毎月2万で暮らさないといけなくなる。あんた隣(老健)に入ったら、リハビリを毎日して、自分で起き上がれるようにならないといけないよ。そんで一刻も早く(隣を)出ないといけないよ。」
「いつまでいられるの?」と聞いてきたので、
「いる人は1年でも2年でもいられるそうだよ。一生の人もいるそうだよ。まぁ細かい話は行ったら聞いてくる。」
かーちゃんの終の棲家になるのか?
それはうちの家計がオケラ街道まっしぐらになるのでやめて欲しい。
リハビリしてどこまで回復できるようになるのかは、
かーちゃん次第なのだ。

特養の費用も調べてみたが、特養の方が安い。
1、2万安い。
特養の方がうち向きだ。
しかし特養は、レクリエーションはあるがリハビリがない。
かーちゃんには、以前の暮らしに戻せるように、
リハビリをして欲しいのだ。

生活保護になってみるのも考えてみた。
生保になれば病院費用介護費用全部国が持ってくれる。
だけどかーちゃんにも私にも生保になるのはメリットがない。

足らない生活費分、どこかでバイトでも……と思ったが、
退所してきたら要介護5のめんどうをみないといけない。
長い時間働けない。
そんな人をどこも雇ってくれないだろう。
2万でやりくりするしかない。

今日の昼の食事介助。
何か野菜ミキサー。
大根おろしがかかってた風お魚ミキサー。
粒のあるお粥ミキサー。
柑橘系果物ミキサー。
ヨーグルト。

せちがらい話をした後ご飯を食べさせて、
「また夕方ね。」と言って出てきた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

整形外科65 第一腰椎圧迫骨折で入院54

5日夜の部食事介助。
茹でたブロッコリーミキサー。
マヨネーズが小さじ1くらいついていた。
前よりマヨネーズの量が増えていた。
これは美味しかろう。
コンソメ味の白い野菜ミキサー。
隣のお姉さんのは、ウィンナーポテトだった。
うちのは糖尿病食ミキサーなので、多分ジャガイモではない。
隣のお姉さんが言うところの、
多分サバの味噌漬け焼いたやつミキサー。
黄色い何か果物ミキサー。
それに何と、和菓子のデザートがついていた。
隣のお姉さんのは、
鯉のぼりの姿の和菓子がついていた。
「うわー、いいですねぇーー。」
花やぐ食卓、いやテーブル。
うちのは鯉のぼりじゃなくて、
ほんのちょっとの量だけど水ようかんがついてきた。
「お母さん、水ようかんがついてきたよ。こんなの初めてだねぇ。」
お姉さんにも見せびらかした。
かーちゃんに、「美味しい?」
「うん。」
かーちゃんは美味しいと喋らなくなる派。
美味しかった模様。

「目からいっちゃおう。」
お姉さんは箸で鯉のぼりの目を取って食べていた。
「私なら尻尾からいきます。」
「じゃあ次は尻尾。」

170505_01.jpg
食事のお膳に、こんな1枚。
お姉さんと和菓子見せ合いっこしたり、
かーちゃんも水ようかん美味しかったりで、
今日の晩ご飯はとっても楽しかった。

お姉さんは月曜に退院する。
かーちゃんと同じ圧迫骨折だ。
痛み止めを飲みながら自宅療養するとのこと。
家に戻るのが一番いいに決まっている。
かーちゃんにもそうして欲しかったが、お姉さんに、
「うちは隣(老健)に行くことになりそうです。」と言った。
お別れまであと何日だが、それまで明るく楽しく。
昼夜介助もあと2日だ。
頑張れ頑張れ。

かーちゃんが食事を待ってる間、モゾモゾしている。
どうしたの?
背中がかゆくてかゆくて仕方がないらしい。
「孫の手持ってこようか?」
「孫の手よりタオル(風呂に入って使うナイロンタオル。自分で背中をかけるように、孫の手と一緒に渡してあるタオル)」
「あたしじゃコルセット外せないから、ご飯終わったら看護師さんに相談しなさい。かいてくれるかもしれないよ。」と返事した。

入院してる時の恒例。
かーちゃんはまた入れ歯が痛いと言い出した。
入院すると毎回言い出す。
老健入る前に、歯医者にも連れて行かねば。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする