2018年02月08日

二本松眼科5 眼鏡作りに行ったのだが

朝食べてかーちゃんに、
「あんた新聞読めないっていうの、眼鏡新しく作りに行こう。今日晴れてるから行こう。午前中に行くか、午後に行くか。どうする?」
雨が降っては車椅子は移動できないので、
さっさと用事済ませたいので詰め寄った。
「後からの方がいい。」
じゃあ午後に二本松決定。

受付で「眼鏡作りに来たんですけど。」
すぐ検査室前に通された。
しかし今日は混んでた。
待って40分くらいして、かーちゃんが、
「やっぱり早い方が良かったかな。」と待つのに弱音を吐いた。
「もう午後に来ている。今更言っても遅い。」
小1時間待った。
やっと名前を呼ばれる。

若いお姉ちゃん技師さんが検査してくれることになった。
「前に作った時より視力が落ちています。」
0.5と言われた。
0.5じゃ大きい字しか読めないだろう。
どうりで見えない見えないと訴えてたわけだ。
「見えないのは加齢によるものです。それと糖尿病の白内障が進んだ場合もあります。先生に診断してもらいましょう。」
眼圧の検査と視力検査を終えて、
先生に診てもらうことになった。

先生に診てもらう。
「こっちの目動かさないで。はい。反対の目。大丈夫。眼鏡作っても良いですよ。」
許可が出たので、本格的に度数を合わせる検査に回る。

さっきのお姉ちゃん技師さんがまた対応してくれた。
「これかけてみてどうですか? こっちはどうですか?」
「読みたい物持ってきたので見せても良いですか?」
持ってきた競馬新聞を広げる。
「この細かい字はいくら度合いをあげても見えないです! 前に作った眼鏡の度数と同じなので、前の眼鏡をかけてもらって、虫眼鏡を使ってもらわないと対応できません! 眼鏡の度数に限界があります!」
つまり、新しく作っても前の度数と同じなので、
お金の無駄になるらしい。
「じゃあ今回は作らないことにします。」
「長い時間お疲れ様でした。」とお姉ちゃん技師さんが言ったので、
「いえいえ。年寄りの相手を親切にしてくださってありがとうございました。」
ゆっくりとした受け答えしかできないかーちゃんに、
イラつくことなく付き合ってもらって(私はイラつきそうになった)、
とても親切な対応をしてくれた。
ありがたかった。

「あんたねぇ、目が見えなくなってるのは年取ったせいなんだってさ。新しく眼鏡作っても、前の眼鏡と同じなんだってさ。前の眼鏡とハズキルーペで新聞読むしかないってさ。わかった?」
かーちゃんは、わかった、と言った。

帰りのバスで考えた。
もうこの手しかない。
競馬新聞の拡大。
うちにキャノンのプリンターがある。
コピー機能がある。
家に入ってコーヒーで一息ついてから、
試しに競馬新聞拡大コピーして見せた。
「これでどう? 見える?」
かーちゃんは眼鏡とハズキルーペをかけた。
「あぁ、これが見たかったんだよ。」と言う。
牝の親馬のところが見たかったらしい。
ディープインパクトの字ところに、
ボールペン持ってグルッと丸を付けた。
何とか見えるみたい。
希望が見えた。

私は無償でかーちゃんが競馬やりたいのを助けてあげている。
「あんた、あたしはタダでこんなことやってあげてるんだよ。これでヘボ馬券ばっかり買われたらたまらないよ。割りが合わないよ。」
割りが合わない、のところでかーちゃんは笑った。

かーちゃんの競馬新聞読めない騒動完結。
次の土曜から競馬新聞を拡大コピーしたものを渡す。
頼みますよかーちゃん。
プリンター代インク代稼いでくださいよ。

二本松の次の検診は1年後でいいそうだ。
忘れそうだけど、かーちゃんは糖尿の白内障だ。
検査は忘れずに行こう。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 20:28| Comment(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

二本松眼科4 涙が出て目が見えないの件

2週間前に二本松に行ったばっかりなのに、また行った。
2週間前に家に帰ってきたら、
「涙が出て目が見えない。」とご飯食べながら言われた。
ええっ、行ったばっかりなのに。
どうして今日言わなかったの?
しかも担当の先生、今日明日で二本松をお辞めになる。
次はどなたに診てもらうの。

様子を毎日聞いていたがまだ見えないというので、
今日連れてった。
予約なしでそんなに待たなかった。
新しい先生は女医さんだ。
どうしましたか? と聞かれて、かーちゃんは自分で、
「涙が出て目が見えない。目頭のところが真っ黒になる。」
珍しく自分で症状を話した。
「2週間前の時も大きな異常はないと診断されてますよ。今日明日でそんなに大きな変化が見られるとは思いませんが、瞳孔の検査をしましょう。」
瞳孔が開くようになる目薬をさされて、20分程待ち合いで放置。

私「糖尿から見えなくなるのとは違いますか?」
先生「糖尿からの白内障ではないです。出血もないですし眼球に異常は見られませんよ。」
本日の二本松終了。

じゃあ目が見えないのは、右脳にたまっている水のおかげか?
かーちゃんは右目が見えないと訴えていた。
糖尿でもなく、眼球異常でもない。
疑わしきはこの間の西村のMRIで出た右脳の水。
西村には月末また行くので、その時先生に聞くしかない。
とにかく、二本松で診てもらって、目の異常ではないと診断された。
疑いが1つ消去ができた。

かーちゃんは今昼夜逆転中だが、
転んでから、いや、正確には倒れてから、
逆転のせいもあるが競馬やってない。
どうするよ。
かーちゃんの人生のお楽しみができてない。

二本松の帰りに西友へ寄った。
おでんセット買おうと行ったのだが、売り場になかった。
火曜には置いてあったのに。
売り場からおでんセットが消えていた。
仕方ない、明日中村屋へ行っておでんセット買おう。

八百屋ものぞく。
八百屋の前は一通なので、
車の視野に入るあたりに車椅子かーちゃんを置く。
レジに入っていたいつもの中国人のお姉ちゃんに、
どの位介護しているのかとか、多少聞かれる。
「大変になってきたのは去年の秋ぐらいかな。ここで里芋買って食べさせて、ここでさつまいも買って食べさせてるよ。リンゴも小松菜も食べさせてるよ。」
そう言って2人で笑った。
リンゴも小松菜もみかんもバナナもかぶも、
かーちゃんと私とうさぎの3人で分けて食べている。
うちは今、ここの八百屋がなくなったら、正直言って痛い。
「お母さんいくつ?」
「85。」
「顔つきがいい。笑ったりしてる。まだ元気だね。」
そう願う。
「お、大根買ったの?」とお父さんに言われたので、
「明日か明後日おでん。」
「おでんいいねぇ。」

バスを待っていたらかーちゃんが、
「八百屋のお父さんと目が合ったよ。だからニッコリ笑った。」と言った。
お父さんのカミさんは前はお店に立っていたのだが、
今介護していてもうお店にはあまり出てこなくなった。
だから中国人のお姉ちゃんがお店に立っている。

周りは皆、誰もかれもが介護だ。
介護してない方が少ない。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

二本松眼科3 定期健診2017年3月

本日二本松眼科、かーちゃんの定期健診。
2時の予約だったのだが、かーちゃんが朝ご飯後寝てるので、
2時には行けないだろう。
電話する。
「2時の予約の○○ですが、2時に行けそうにないので、どうしたらいいですか? 新しく予約を取った方がいいですか?」と聞いたら、
「眼検あるので4時までに受付してもらえれば大丈夫ですよ。」と言われた。
じゃあ4時までに行けなかったら再予約の電話をします、と言って切る。
かーちゃんが2時前に起きてきたので、
昼ご飯が2時半ごろになった。
3時17分のバスに間に合いそう。
雛祭りケーキを食べさせて、急いでうちを出た。

二本松に着いて。
昼夜逆転してるので、かーちゃんは寝落ちする。
食後で眠い模様。
検査の途中で寝落ち。
看護師さんが言ってることにも反応せず。
「眠いですかぁー?」しきりに聞かれていた。
「この間(11月)来た後に何かありましたか? 見えてたのに見えないみたいですね。」と聞かれたので、
「先月ですが西村の脳外科で、水が溜まってると言われました。」
目と脳が、微妙に頭で繋がっているんだろう。
検査結果にかーちゃんの異変の不安が現れた。
今全ての病気のことでそれぞれ様子見をしている。

検査結果。
白内障が多少ありますが、生活には困らない程度だそうだ。
まだ年に1回くらいの受診でいいそうだ。

今回も来年の予約票渡される。
バスがすぐ来たので、買い物せず帰る。
かーちゃんは眠いと言うので今寝てもらっている。
起きたら雛祭りパート2だ。

押し寿司は昼ご飯前に作った。
ちょっと見栄えをよくした気張った押し寿司にした。
「きれいねー。」と言ってもらえるように頑張った。
約束していたキルシュトルテは昼に食べさせた。
お寿司の周りに飾るブロッコリーも茹でた。
あとは砂抜きしたあさりでおすまし作る予定。

いつまでお雛祭りを一緒に過ごせるかわからない。
また来年があるかどうかわからない。
様子見している症状が良くなるかどうかわからない。
ショートや特養に行ってもらわないといけなくなるかもしれない。

今日は楽しい雛祭りなので、とにかく起きたら食べてもらおう。
ギネスをお出しするかもしれない。

まだうちにいてもらって、楽しく過ごしてほしい。
きれいなお寿司食べてもらって、
思い出に残る雛祭りにしてもらいたい。
画像は明日載せるかも。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

二本松眼科2老眼鏡作り

今日は午前中、小岩ペットへ。
今日行かないと明日休みだ。
うさのすけのポリポリ、牧草、おやつなどをまとめ買い。
お店にポンちゃんというロップちゃんがいるのだが、
「ポンちゃん、大きくなりましたねー」って言ったら、
「今ダイエット中。これでも痩せたんですよー」と、店長姉さんに言われてしまった。
私の記憶では何年か前と比べて大きくなったと思った。
もう小岩ペットに行きだして8年くらいになる。
記憶とはあてにならないものだ。
失敗失敗。

家に帰って来て、かーちゃんに、
「かーちゃんや、今日お昼食べたら眼鏡作りに行こう。」と言った。
お天気もいいし、今日は東京25度。
かーちゃんは6月に墨東に入院する前から、
眼鏡が合わなくなっていた。

物凄い作字をしてくる。
作字はニュアンスで読めるのだが、
もう競馬新聞とマークシートに書いてある文字が、
読めないでわからなくなってきていた。
9月に城東退院してきてから、競馬もやってない。

1時40分ごろ二本松に行ったら、物凄い待ち合い。
付き添い有りで来る患者さんがいるから、もう人でいっぱい。
受付番号612番だった。
待ってたら2時近くになって、看護婦さんが来た。
「今日は定期健診より早い来院ですが、どうかされましたか?」
「眼鏡作りに来ました。」
「検査室前でお待ちください。」
検査室前も人がいっぱい。

かーちゃん、2時半ごろ呼ばれて検査。
遠くを見る検査。
次に近くを見る検査。
近くを見るのに雑誌を渡される。
「新聞もありますよ。」と検査技師さんが言うので、
様子を見ていた私、
「新聞! 新聞お願いします! 新聞を読みたいんです!」
「ちょっと今合わせているのを10分くらいかけてもらいます。もしも頭がクラクラするようなことがあったら言ってください。」
また検査室前に通される。

かーちゃんの後ろから私が新聞を覗き込んで、
「あんたちょっと新聞読んでみ。」
「ハリーポッターと賢者の石。」それは見出し文字なので大きい。
「じゃあその下の住所読んでみ。」
小さな字の住所を読んでくれた。
あぁ、見えるみたい!
「じゃあその下の電話番号読んでみ。」
読める! 読める!
「あんた眼鏡作りに来て良かったでしょう。目が見えて、生きてる喜びがあるってもんだ。」
週末の競馬生活が復帰できる。
かーちゃんにまた趣味の生活を送ってもらえる。
嬉しかった。

トイレに行きたいと申すので、
二本松の車椅子用トイレに連れてった。
二本松のトイレ、最高。
ゆったりしていて、掴まれるバーもあって、
何より洗面台下が開いていて、車椅子を入れられる。
車椅子を入れられるので、
かーちゃんが座ったままで手が洗える手が拭ける。
おっきい方もした。
「あんたうーちゃんと同じだねぇ。二本松でもうんちして、どこでもうんち君だよ。」
かーちゃんはあははと笑った。

処方箋もらって、20%オフの割引券ももらって、
病院の同じ敷地内にある二本松眼鏡へ。
前の眼鏡はJinsで作ったのだが、あそこは車椅子対応ではない。
今回はファッショナブル眼鏡ではないが、
はなから二本松眼科で作るつもりでいた。
メタリックピンクの、顔が明るくなるフレームにした。
出来上がったら届けてくれると言われたのだが断った。
かーちゃんの外出の機会を増やしたい。
来週に出来上がるそう。

G1戦線に間に合いそうですぞ。
それと、かーちゃんには、
来年の母の日までプレゼントを前倒しして買ってあげてるのだが、
もう買い与えなくていいのだが、
そんなケチ臭い事言ってないで、
クリスマスか誕生日にハズキルーペ買ってあげようと思った。

あといくつまで生きるかわからないけど、
どの位でパーキンソンがもっと酷くなっていくかわからないけど、
競馬生活を楽しめるうちに楽しんでもらおうと今日思った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

先週金曜日、二本松眼科へ行った

日々に流されて書いてなかったけど、
先週金曜日4日、二本松眼科へ行きました。

かーちゃんは昨年9月10月と入院していたわけですが、
入院先の城東病院の内科の先生から、
定期的に眼科へ行ってください、ときつく言われた。
糖尿からくる目の病気のことを心配してくれた模様。

それに最近かーちゃんは、
馬券のマークシートにレース名を書いてくれるんだけど、
象形文字のような作字をしてくる。
ニュアンスでレース名わかるんだけど、あきらかに可笑しい。
マークシートの11、12、13、14などの、2桁並んでるところの、
真ん中にチェックを書いてくるので、何番かわからない。

目の事が心配になってきたので、
ブルーレイの撮り貯めは観ないで、
眼科へ連れてった。

事前に電話で二本松に、
車椅子で連れってっても診てもらえるか聞いて、
そしたら、車椅子の人が多かった。
安心して連れていける病院だ。
看護婦さんも車椅子の人に慣れていた。

目の検査と、瞳孔の検査などをしてもらう。

検査結果は、年齢相応の白内障はありますが、
糖尿からくる目の病気の心配はしなくて大丈夫。
1年に1回くらいの定期健診でいいでしょう、とのこと。

お会計終わって帰り際、明細と一緒に来年の予約票を渡された。
むむむっ、1年先か。
鬼も笑いそう。

検査結果が出て、今目が悪くなってるのは、
老眼鏡が合わなくなって、
物凄い作字をしていたことが明らかになったので、
二本松病院の隣にある二本松メガネ屋さんで、
老眼鏡はどのくらいのお値段でできるのか聞いてみた。

二本松の処方箋をお持ちになって、2、3万です、とのこと。
むむむっ、2、3万か……。
5月に金入があるので、それ終わらないと作れそうにないなぁ。

かーちゃんや、それまで我慢しておくれ。
それまで、作字した漢字を見て、笑うことにします。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ブログランキングのパーキンソンのカテゴリにいましたが、
うちのは若年性でもなく、
パーキンソンまだそんなに悪くなってきてないので、
介護のカテゴリに移動してきました。

車椅子の生活をしているだけで、頭もまだクリアだし、
親子で漫才してるときとかもあるので、
明るく楽しい介護生活を書ければいいかな、と思っております。
posted by やすぞう at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 二本松眼科病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする