2018年07月12日

特定医療費(指定難病)受給者証の書類依頼

昨日水曜日、シニアメンタルクリニックへ。
特定医療費(指定難病)受給者証の書類依頼。

前は受付で書類を渡して、郵送で送ってもらえたのだが、
何かシステムが変わった。
先生とお話しして書類を渡して、
書いてもらった書類は病院まで取りに行かないといけなくなった。

書類出来上がるの8/8だって。
先生忙しいのだと思うが、長い。
8月いっぱいで締め切られてしまうので、
着々やらないといけない。

休む暇ないね。
昨晩も12時近くに洗濯機を回した。
かーちゃんがおむつ交換の時に我慢できなくて、
防水シーツ3枚も濡らされた。
「迷惑なんだよ。もう替えがないよ。どうしておしっこするからおむつ取るのを待ってくれって言えないの? 自分でおしっこ出るのわかってるんでしょう?」
自分ではどうにもできない、と言った。

今朝もその件について小言を言った。
かーちゃんは黙っていた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年06月29日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町19

今日関東地方梅雨明け。
午後の日差しが強い中シニアメンタルへ。
「今日どこに行くかわかってる?」
「い…い……いし……。」
わかってない。
井関先生と西先生が混ざっている。
「水天宮。」
おぉ、そこはわかってるんだね。
「その通り!」

今日は先生、かーちゃんの首の硬さを診てくれた。
手の関節も触ってくれた。
語り掛けてくれて、かーちゃんの反応も診る。
かーちゃん受け答えバッチリ。
「どんなテレビを観てますか?」
「サッカー。」
かーちゃん86歳は、86になっても日本代表の試合が好きだ。
W杯1次リーグ突破おめでとう。
実は昨日のポーランド戦観たがったのだが、
今日病院に行くので見せなかった。
ごめんね。
あとで謝ろう。

「水分を取ってね。1日1000cc。」と言うので、
今こういうのを飲ませています、と、ゼリー飲料を見せた。
西友で売ってるみなさまのお墨付きビタミンゼリー。
これだとゼリーだからとろみがついていて、
水そのまま飲ませるよりむせ込まない。
かーちゃんのお出かけ時に飲ませる用にまとめ買いした。
「それはいいですね。」
良かった、賛同をもらえた。

明日粉砕の薬をまた取りに行く。
バスの中で考えたのだが、処方箋近所でやってもらえるなら、
城東の向かいの調剤でやってもらえないかな。
その方が近い。
次のデイケアお支払いで城東に行くので、
調剤に寄ってやってもらえるかどうか聞いてみよう。
パーキンソン病の薬を取り扱っているのは知っているのだ。
問題はアリセプトだ。

本日も無事行って帰って来れた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年06月01日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町18

バスを乗り継いて水天宮まで行くのに、
2時半の予約で12時半にうちを出ないといけない。
11時過ぎに早めに昼ご飯を食べる。
ベッドに1回転がしておむつ換える。
再び車椅子に乗せ入れ歯をつけさせて靴をはかせる。
レッツゴー。

今日はあまり混んでなく、自分たちは3組目だった。
わりとすぐ呼ばれた。
「ご飯食べてますか?」
「食べてる。」
「1人で食べられますか?」
「食べてる。」
「全部食べられますか?」
「出されたものは全部食べる。」
「どんなテレビを観てますか? お相撲観ましたか?」
「見た。」などなど。
今日は会話になっておる。

「受け答えが断然に良いですねー。」
ええ、それはもう。
4月退院した時よりも断トツの違い。

手の関節を触診してくれた。
パーキンソンの具合を診てくれてるのかな。

お会計すぐしてくれて、処方箋持って1階の薬剤へ。
「明日取りに来ます。お会計も明日でお願いします。」

今日は今半は行かなかった。
なになに。
明日行くつもり。
売り子のお姉ちゃんによる、
メンチカツとコロッケ取り違え事件のリベンジだ。
明日昼用にメンチカツ買おう。
そんで夜用にロースかつ買おう。
体に悪そうなおかず大好き。

電車で行けば早い。
それはわかっている。
だがしかし、地下鉄は車椅子には危険なのだ。
ホームドアもない。
ないのに構内の柱や壁の横などを通れるかどうかもわからない。
危険極まりない。
なのでいつも都バスで行く。
オリンピック目前で東京都バリアフリー化などとうたっているが、
現状は車椅子には危ない地下鉄JRが多い。

都バスもっと本数を増やして欲しい。
車椅子で安全に行こうと思ったら、都バスが頼り。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年04月27日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町17 退院後予約がやっと取れた

本日、ようやっと予約が取れたシニアメンタルクリニック。
バスの乗り継ぎが悪い。
待ち時間含めて1時間半ほどかかる。
行ったら混んでいた。

かーちゃんより若い、若いと言っても10歳下くらいの、
お爺ちゃんお婆ちゃんが来ている。
まだ自分の足で歩けているが、ちょっとおかしい人もいる。
待ち合いで待ってて、話しているのが聞こえるので、
聞いていたらわかる。
認知の具合でおかしいのだ。

今日はお爺ちゃんだったが、
薬の事で受付のお姉ちゃんに突っかかっていた。
自分が納得いかない突っかかったことを話して、
受付のお姉ちゃんに言葉尻荒く突っかかるので、
全然話しが進まなくて、押し問答を10分くらいしていた。

かーちゃんは待ち合いで流れている滝の映像を見ながら、
口を開けて寝ていた。
順番が来た。

私が余計な口を挟まないように、脇で我慢我慢。
先生はかーちゃんの反応を診ているのだ。
「競馬やってますか? テレビ観てますか?」
今日は自分の口で反応してお話しできた。
「一時期の(老健)退所したばっかりの時より、格段に良いですね。」
「はい。会話ができています。」
これには返事した。

手首や腕、膝の関節の具合を診てくれる。
「ちょっと膝が硬くなってきてますね。」
かーちゃんの膝はもう、真っ直ぐに伸ばすことができない。
曲がったままになっている。
喋りたかったが我慢した。

「ご飯をしっかり食べてね。今度は6月にお会いしましょう。」
「先生、お薬粉砕してください!」
この時ばかりは喋った。
「もちろん粉砕しましょう(笑)!」

笑って診察終了。
先生は明るい。
明るく診察してくれる。

今日亀戸でバスを待ってる間に、今半の話しになった。
「あー今半のコロッケとメンチカツ食べたいなぁ。」
「食べれば良いじゃない。」と言うので反撃した。
「嘘つくんじゃない! あんたあたしが食べてたら、自分も食べたいって言うでしょう。今のあんたには今半のコロッケとメンチカツは食べさせられない!」
かーちゃんはゲラゲラ笑った。
ほれみろ。
その通りじゃないか。
今日は今半のお土産はなしにした。

1階の処方箋へ。
「お薬粉砕してくださいー。」
「お時間かかりますっ!」
「どのくらい?」
「頑張って1時間ちょっとくらい。」
それでしたら、明日取りに来るか、
郵送宅配便で送って欲しいんですが、と言った。
宅配着払いもできるそうだがお金がかかると言われた。
そこで考えた。
今半のお土産は明日にしよう。
着払いのお金で明日コロッケとメンチカツ買おう。

かーちゃんには食べさせられないが、
明日コロッケとメンチカツを絶対買う!
自分だけ食べて、って言われると思うので、
明日は何か別のおかずつけてやろう。
それで家庭の平和が保たれるのであった、多分。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年02月03日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町16

本日シニアメンタルクリニック。
先月より今月の方が先生とお話しできた。
先生はかーちゃんに話しかけてるので、
私はなるべく口を挟まないようにしているのだが、
「あなたおうちで何か飼ってるの?」
「…………。」返事しない。
「ほら、うちにいるでしょう。」と私。
「うさぎ。」
「うさぎ飼ってるのー。お名前は?」
「うさ太郎。」
「何言ってんの! 違うでしょっー!」と私。
「うさのすけ。」

最近馬券買いも復活してる話もした。
デイに行かない日は競馬新聞見せてる話もした。
「(老健退所後の)前よりも(反応が)よくなってますね。良かったですね。」
「前よりも笑顔が出るようになってきました。」と私。
「良かったですねー。」
この調子で頼みますよかーちゃん。

帰り薬もらって、すぐバス停に行った。
そしたら、「ここにない。」と言って、
膝の上を両手でまさぐる。
かーちゃんは毎月恒例になっている、
今半のお土産のことを言っている。
今半のお土産が膝の上にない、と申しておる。

今日はないのだ。
何故ならそれは今日が節分だからだ。
「あんた今日は今半なしだよ。今日は帰ったら西友に行って恵方巻きを買いに行く。」
今半のお土産食べて恵方巻きも食べる胃の大きさはない。
今日は恵方巻食べるだけでお腹一杯になるだろう。
味噌汁とぬか漬けとおでんの残りもある。

錦糸町まで行くバスがすぐに着た。
錦糸町からの、家に帰るバスもすぐに着て、
うちに帰ってかーちゃんを介護ベッドに横にして、
西友にすぐ行った。

今日は太巻き食べる日だ。
1本丸かじりなんてしない。
切ってお皿に盛っていただきます。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年01月06日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町15

本日シニアメンタルクリニック。
バスを乗り継いで水天宮まで。
水天宮の交差点着いたら、物凄い行列。
あれはどうも参拝する人の列だ。
横断歩道渡って人形焼きのお店の前、行列。
凄い人だかりだった。
向かいっ側の今半を見ると行列。
どこも凄い人だらけだった。

新年のご挨拶して、今日のかーちゃんはよく喋った。
先生の質問によく受け答えしていた。
先生にもボケ具合が、
老健退所時よりよくなってきてるのが伝わっただろう。

「先生、口が動くんです。」
「それはパーキンソンの何とかかんとか(専門用語を言われた)です。パーキンソンの人、皆なるんですよ。」
「入れ歯を新しいのにしたくて歯医者に行ったんですが、担当医から、口が動くから型が取れない、と断られました。口が動くの何とかならないですか。」
「新しくしても口が動くので、口の中で入れ歯が動いてどうにもならないです。作るのは諦めた方が良いです。」
あぁ、現状維持なのか。
先生に断言されて、入れ歯作るのを諦めないといけなくなった。
「わかりました。現状維持でやっていくようにします。」

かーちゃんがあと10年くらい生きていくのに、
入れ歯新しくして、毎日食べて欲しいと思ってたんだけどね。
無理みたいだ。

今日は順番が早く来て、3時前に薬剤に行けた。
薬もすぐ出してもらえて、帰りのバス停へ。
「あと30分くらい待たないといけない。」
「今半でお弁当買えば?」
さっき見た時並んでいたので並ぶの嫌だったんだけど、
大蔵大臣が今半のお弁当と言ったので行く気になった。
「今半行って戻ってきても時間あるな。」

七福神弁当1800何某円。
ご飯冷蔵庫にあと1回分残っているので、
弁当は買わずにハンバーグと焼売のおかずだけ買った。
「かーちゃん。弁当は高いから買わなかったけどおかず買ったよ。」
「ティッシュが落ちた。」
手に持っていたティッシュを落としたらしい。
「ティッシュ落としてもいいけど、これだけは落とさないように。」
今半のおかずが入ってるレジ袋を渡した。
かーちゃんはレジ袋の持ち手のところを縛って、
しっかり包みを持った。

そういうわけで今日の晩ご飯は今半いただくことになった。
今半のハンバーグに焼売。
昨日作った茶碗蒸しの残り。
トマトでも切るかな。
パーキンソン病で口が動いても美味しい物がわかる。
かーちゃんよ、堪能して食べてくれい。

ここ1週間くらいは口動いてなくて、
口を閉じられずに開きっぱなしなんだよね。
これもパーキンソンかな。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2017年11月25日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町14

本日水天宮まで行ってきた。
午後2時半の予約なのだが、うちを12時35分に出る。
バスの乗り継ぎ上、予約の2時間前に出発。
車でスッと行くと、うちから35分くらいなのにね。
まー致し方ない。
そうそう介護タクシーは使えない。
2時頃着いて待ったが、それも計算のうち。

「前回よりはずいぶん良いですね。ご自分で受け答えできる。」
今日はかーちゃん先生の質問いくつかに、大きな声で答えた。
「前回は酷かった。」
前回は老健退所後すぐで、全然世間慣れしてなかった。
7か月世俗に触れてないところで受診して、
それに待ち合いで待ってるうちに眠くなってきちゃって、
全然受け答えできなかった。
「前回よりは回復していると思います。なるべく外に出るように仕向けています。」
あまり私は喋らないようにしているのだが、
前回より良いと言われて嬉しくなって喋った。

「先生。イーシードパールなんですが、2月に副作用があるので3錠にしていただいて、3月の老健入所時にも3錠にしていただいて、老健出てきて前回4錠になりましたが、また3錠に戻していただけませんか?」
かーちゃんイーシードパールの副作用が出る。
唾液が口元からズルズル出る。
「いいですよ。では3錠でやっていきましょう。」

受診終わって1階の薬局へ。
いつも通りお願いします、と処方箋出したら受け付けてくれた。
「すいません。ちょっと今半に行ってきます。すぐ戻ります。」と言ったら、
「ええっ。薬局3時までなんですよ。」
時計見たら3時4分程。
「ええっ? 3時までなんですか? 知らなかった。」
「すぐ戻ってきてください。受け付けますから大丈夫ですよ。」と言ってくれた。
急いで薬局向かいの今半お総菜部へ。
弁当なかったので、焼売とハンバーグを買う。
急いで戻った。

バス2本乗り継いで帰ってきて、
居間のテーブルについたらもう5時。
ちょっと早いが夕飯にする。
昼ご飯(正確に言うと朝ご飯)抜いてたしね。
今日はかーちゃんが11時過ぎまで寝ていた。
ギリギリまで寝かせた。
それで起こしてサンドイッチ食べさせた。

昼過ぎから出ていって4時間半水天宮の旅。
今日は疲れた。
かーちゃんもお疲れ様。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2017年10月28日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町13老健退所後初診察

昨日何気にデータ放送の天気予報見てたら、
あら明日雨じゃないですか。
明日日本橋まで行かねばならぬ。
慌てて介護タクシーに電話。
雨降ると車椅子押せないから、介護タクシーを頼んでいる。
何とかタクシーの予約確保して、
今日シニアメンタルに行ってきた。

先生と会うの5カ月ぶりくらい。
先生、かーちゃんにいっぱい話しかけてくれた。
かーちゃんの反応がちょっと悪いのもお見通しだ。
老健に入ってる間、かーちゃんはちょっと喋らなくなっていた。
私もそこが気になっていた。
だが完全に喋らなくなってるわけではない。
先生に「こんにちは。」が言える。

病院デイケアに週1で通えるようになって、
そこはリハビリを40分やってくれるので、
訪問リハビリは頼んでいないが、それでいいかどうかご相談。
「できれば週2でリハビリした方が良い。」とお返事もらった。
芸能人並のスケジュールを今週こなしたが、
この勢いで訪問リハビリも週1で入れると、
本当に毎週物凄いスケジュールをこなさないといけなくなる。
私、悲鳴をあげそう。
なので、「検討します。」と言った。

処方箋出してもらって、1階の薬局で薬が出た。
あああっ、ドーパミン1日4錠になってるー。
かーちゃんに副作用が強く出て3錠に減らしてもらってたのに、
増えてるーーーーー。

今月様子見て、来月の受診の時に、
4錠与えるのは私が無理なので、
3錠に減らしてもらおう、と、すぐ思った。

今半で弁当買おうと勇んで行ったが、
箱詰めの高いお弁当しかなかった。
かつ煮弁当かハンバーグ弁当か、
肉じゃが弁当を買いたかった。
弁当だと、かーちゃんも私もご飯が多い。
おかずだけ売ってたので、ハンバーグと焼売買った。
ビール1本冷蔵庫に入れた。
今半のおかずで晩酌をする。
何て幸せ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2017年07月19日

難病申請更新書類をお願いしてきた2017

午前中の虹の間に、保健師のO野さんが、
たくさん送られてきた難病申請更新書類の、
どの書類を病院に持っていけばいいか見てくれた。
日本橋に行かねばならなくなった。

虹終わって郵便局で、
かーちゃんのこれまた別の江戸川区用の申請書類を出して、
中村屋で弁当買ってきて食べた。
食後、明日シニアメンタルに行こうと思って、
天気予報見て診察券見たら木曜休み。

午後の診察時間になってすぐさま電話。
「難病申請更新の書類を、先生に書いていただきたいので、これから持っていきます。」
本日中に行こうと思った。
こういうのは早くやらないと、何事もズルズルしてしまって、
書類更新の締め切りの日付に間に合わなくなる。

今年も先生にお願いした。
お会計で書類書いてもらうお金(金がかかる!)と、
郵送で自宅に送ってもらうための、
郵便代をお支払いしてきた。

何とか次のお給金まで暮らしていけそう、
と思っていたのだが、書類依頼代でお金がとんだ。
もう銀行に行かないといけないな。
そう思ったら、
今日は寄らないで帰ろうと思っていた今半に行きたくなって、
夕ご飯用に特製コロッケと特製メンチカツ、
お土産で買った。

かーちゃんはパーキンソン病と診断されているわけだが、
毎年難病申請更新で金がかかる。
難病にかかってしまって、
家計が少しでも助かるようにという申請なのに、
金がかかる。
政府よ、東京都よ。
そういうの、もうちょっと考えてくれないかな。



2017年05月16日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町12ドーパミン1日3錠に減る

昨日月曜朝、ケアマネほっしーから電話が入る。
「今日シニアメンタルに行かれるんですよね?」
金曜退院で、
土日自宅介護の様子を心配して電話かけてきてくれた。
午前中に西さんにいかないといけないと思っていたが、
ほっしーに相談したら、何か老健退所したら、
西先生にもお手紙書いてくれるそうで、
それなら無理して西さんに行かなくてもいいや。
予定変更して、かーちゃんの持っていく服の名前付けをやる。

午後シニアメンタルクリニックへ。
待った。
かーちゃんがうたた寝するくらい待った。

診察が始まって、いつもならかーちゃんとじっくりお話して、
反応を診てくれるのだが、昨日は私が喋った。
圧迫骨折で入院してました。
ドーパミン1錠増えてからあごがひとりでに動いて、
始終モゴモゴして(うちでは山羊さん、と呼んでいた)、
これは薬の副作用ではないですか?
明日から老健に入所しますので、薬出せるだけ出してください。
と、立て続けに喋った。

かーちゃんの様子を見て、
「あなたどうしちゃったの? ボーっとしちゃって。」と先生。
待ち合いで待ってる時に鳥のDVDが流れていて、
クラシックのBGMが流れているのだが、
かーちゃんは眠くなっちゃって寝ちゃって、
「鳥さんのDVD見て寝ちゃってました。」と慌てて言った。

ドーパミン1日3錠に戻してもらった。
老健に入るので、薬90日分出してもらった。
3ヵ月後のシニアメンタルの予約が入ってしまった。

帰りにいつも買っている今半のお弁当。
「ハンバーグ? かつ煮?」と聞いたらば、
かーちゃんは即答「かつ煮。」

薬の処方箋出してる間に買いに行ったら、
ハンバーグ弁当もかつ煮弁当も置いてなかった。
その代り、単価が上がっている新種の弁当が3種類出ていた。
新種の弁当悩んだけど、歓楽三昧牛助六なるものを買った。
170515_01.jpg

150515_02.jpg
写真左上の、ローストビーフのお寿司がむっちゃおいちいの。

かーちゃんてば入院してる間に食が細くなっちゃってて、
全部食べられなかった。
仕方ないので加勢したけど、私はもう満腹になった。
かーちゃん老健入所前の晩餐は今半のお弁当。
私はもう当分食べなくていいやお腹いっぱい、になった。

食後おむつ替えて横になってもらった。
そしたらいつまでも起きてて、1時間ごとに、
「起きてるよー薬飲まないとー。飲まないとー。」と、私のことを呼ぶので、
もう今日から夜の薬飲まなくてよくなったんだよ、と伝えた。
安心して寝た模様。

かーちゃんが横になってから、老健に提出する書類を書く。
キャリーに着替えやら何やらを詰め込む。
無事に自宅介護最終日が終わる。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ