2019年6月15日土曜日、NHK地上波放送の、 土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門2(4)「生き別れた娘」を、 ブルーレイかDVDで録画された方を探しています。 いらっしゃいましたら、当ブログの、 左サイドバー下にある、 メールフォームからご連絡いただけませんか? 皆さまのご協力をお待ちしています。

2020年7月いっぱいまで、1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 8月から価格改定の予定がありますので、低料金のうちに鑑定申し込みをされた方がお得です。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年11月17日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町25

昨日シニアメンタルクリニック日本橋人形町。
絶対遅れてはならぬので、気合入れて1日行動した。

いつも通り手の関節、足の関節の具合を診てくださる。

かーちゃんの長寿検診で、
肝臓の数値が高いのをちょっとお話しした。
そしたら今飲んでいる薬くらいでは、
肝臓に負担がかかることはないと教わった。

では薬が原因ではないのだな。

今半にも寄らず真っ直ぐバス停へ。
1個前のバス停で降りて、城東の向かいの日本調剤。

小腹が空いてきていたので、
ミニストップによってコロッケを買った。
かーちゃんはコロッケの中身なら食べられる。
何てったってコロッケの中身は既に潰れている。
ミキサーかけなくても食べられる。
かーちゃん久しぶりに「美味しい。」と言った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年10月17日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町24

昨日水天宮までかーちゃん連れて行ってきた。
昨日朝起きれた。
目算通り昼も食べた。
予定通りのバスに乗れた。

昨日のかーちゃんは、あまり受け答えができなかったが、
何を喋りかけられているかはわかった模様で、
はい、いいえの返事だけは出来ていた。
どうも眠たかったみたい。

デイでどんなことをしていますか? と聞かれて、
私が答えた。
「マイクを渡されると歌うそうです。」
城東デイケアの連絡帳に、そう書いてあった。
「おおっ! それは凄い!」
かーちゃんはにっこり笑っていた。

毎週火曜にNHKでうたコンやっているので、
必ず見せている話をする。

興に乗れば、かーちゃんはテレビ見ながら知っている歌を歌う。
私はその歌のタイトルを書き留める。
この紙があれば、カラオケ屋で曲を入れられる。
知っている歌を歌うことが出来る。

もうかーちゃんぐらいの年になると、
曲のタイトルなんか忘れている。
カラオケ屋に連れて行っても、歌える曲が探せないという、
困ったことになったことがある。

なので、かーちゃんの歌える曲のタイトルを、
書き留めることをもう相当何年もやっている。
私の仕事だ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年09月22日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町23

昨日、かーちゃんを日本橋の病院に連れて行く。
介護タクシーで行ったんだけど、
病院に行ってる間待機にするか、
それとも再配にするかと聞かれた。
お客様に選んでもらっていると言われた。
迷ったけど、待機にしてもらうことにした。

病院に入ったらめちゃ混み。
後ろに座って1人で来ているお婆ちゃんと、
親を置いてきた娘さんと、
お婆ちゃんを連れてきた旦那さんのお爺ちゃんと、
それはそれは待ち時間が長いので、
口々に看護婦に文句を言っていた。

順番がきたら1時間10分位待った。
うちらは文句言わずに待った。
診察は7分くらいだった。

急いで会計を済ませて処方箋もらって、
急いでタクシーが待つ場所に行った。
今日はたまたまスケジュールが開いていて、
帰りも引き受けたんですよ、とタクシーの運ちゃんに言われた。

10月の予約が入ったんだけど、
その日はスポーツ大会と重なる。
ズルっこしてスポーツ大会お休みするか、と思って、
そのままの予約で帰ってきたが、途中で気が付く。
あーーー、
もうケアマネになごやかさん押さえてもらう話しになってたな。
変更するの面倒くさいな。
仕方ない、病院ずらすか。

帰ってすぐまだ診療時間だったので、病院に電話。
予約の日にちをずらしてもらう。

ズルっこしたかったが、仕方ない。
スポーツ大会に出よう。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年08月24日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町22

台風20号の影響で、雨風が残る天気予報。
雨あがっても風が強くて、
車椅子押すどころじゃないだろう、と判断。
久しぶりに介護タクシー使った。
迎えに来てくれるので楽チンだ。

頼んで良かった。
今日は予想通り、凄い風が吹きまくっていた。

I関先生、今日もかーちゃんに話しかけながら、
かーちゃんの腕の関節を触ってくれる。

今日お昼前にNHKで、今日の健康をやっていた。
パーキンソン病の特集だった。
かーちゃんは食い入るように見ていた。
傍で言わなくても、自分の病気のことが気になるのかな。
食い入るように見ているのを、脇で黙って見ていた。

そんなことがあったのを知らない先生は、
次はかーちゃんの膝の関節も触診してくれる。

今日は先生の質問に、かーちゃんはよく答えていた。
今月も先生に、
「退院してきたばっかりの時は、本当にどうなっちゃうんだろうと思いましたが、毎月良くなってますね。」と言われる。

「テレビは何を観ていますか?」と聞かれて、私が答えた。
「アジア大会を観ています。」
かーちゃん何か言おうとしたのだが、口に出せなかった。
オリンピックではないアジアのスポーツ大会なのだが、
こればっかりはかーちゃんの口から正式名称が出ないだろうと思った。

帰りに城東の向かいの調剤薬局に寄ってもらう。
「粉砕お願いします。明日の午前中か、5時までに取りに来ます。」

水天宮の旅、無事終了。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年07月28日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町21

昨日シニアメンタルクリニック。

昼ご飯の用意を30分遅れて気が付く。
あああ、亀戸行きに乗れないな。
仕方ない奥の手。
出る予定の15分後にうちを出た。
要は1時半に亀戸のバス停についていればいいのだ。
来るバスに乗ろう。
両国行きに乗れたので乗った。
水神森で下車。
するとかーちゃんが、
「ここは初めて降りる。」と言った。
「皆ここで降りて、亀戸駅まで歩くんだよ。」

先生、いつも通り、
かーちゃんの関節の様子を話しながら見てくれる。
昨日は会話が弾んだ。
「花火(隅田川花火大会)は日曜になった。」
「お相撲とかサッカー。」
受け答えバッチリ。
私は脇で、口を挟まないように黙っている。

先生に、
かーちゃんが自分で食べられるのかどうか聞かれたので、
それには答えた。
1時間半くらいかかりますが、
車椅子に乗ってスプーンを持って、自分で食べます。
「本当に良くなってきましたね。一時はボーっとしちゃって、喋れなくて、どうしたものかと思っていましたよ。」

薬の副作用も出なくなってきた。
昨日かーちゃんに、気持ち悪いのは最近どうか? と聞いた。
もう気持ち悪くない、と返事が返ってきた。
気持ちが悪くなるから薬をやめて、家でボケていく方がいいか?
それとも薬を飲んで、意識がハッキリしているうちは家で競馬する方がいいか?
かーちゃんにそう聞いた時、薬を飲む、と返事がきた。
毎日気持ち悪くなるのが可哀想だったが、
心を鬼にして毎日薬を飲ませた。

帰りのバスまで時間があったので、今半に寄った。
おやつにコロッケ2個とメンチカツ1枚買った。
コロッケの衣を外せば、
かーちゃんもコロッケの中身だけ食べられる。
中身が潰れているじゃがいもだから。
なのでコロッケ2個買った。

浅間神社で降りて、
そしたらかーちゃんはまた「ここは初めて通る。」と言った。
ミニストップが見えてくる辺りでどこか理解したらしく、
「もうどこだかわかるでしょう?」と言ったら、
「わかった。」と言った。
目の前に毎年入院している城東病院がある。
薬は城東の向かいの調剤薬局へ出した。

家に帰ってきてコロッケ食べながら、
かーちゃんにコーヒー酒をほんのちょっと飲ませる。
氷を入れてロックにした。
「美味しいーー!」
コーヒーの香りと甘さが丁度いい。
初めて作ったが、うちの味の甘さになった。
「牛乳で割ったりとか、お湯で割ったりしても飲めるんだよ。」
「割らなくていい。美味しい!」
気にいってくれた模様。
大事に熟成させて、
クリスマスとかのイベント時に出してあげよう。
かーちゃんはお顔がピンク色になった。

ボケちゃったらコーヒー酒もわかるまい。
梅酒もわかるまい。
副作用で気持ち悪くさせてしまったが、
薬飲ませて良かったと思った。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年07月12日

特定医療費(指定難病)受給者証の書類依頼

昨日水曜日、シニアメンタルクリニックへ。
特定医療費(指定難病)受給者証の書類依頼。

前は受付で書類を渡して、郵送で送ってもらえたのだが、
何かシステムが変わった。
先生とお話しして書類を渡して、
書いてもらった書類は病院まで取りに行かないといけなくなった。

書類出来上がるの8/8だって。
先生忙しいのだと思うが、長い。
8月いっぱいで締め切られてしまうので、
着々やらないといけない。

休む暇ないね。
昨晩も12時近くに洗濯機を回した。
かーちゃんがおむつ交換の時に我慢できなくて、
防水シーツ3枚も濡らされた。
「迷惑なんだよ。もう替えがないよ。どうしておしっこするからおむつ取るのを待ってくれって言えないの? 自分でおしっこ出るのわかってるんでしょう?」
自分ではどうにもできない、と言った。

今朝もその件について小言を言った。
かーちゃんは黙っていた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年06月29日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町19

今日関東地方梅雨明け。
午後の日差しが強い中シニアメンタルへ。
「今日どこに行くかわかってる?」
「い…い……いし……。」
わかってない。
井関先生と西先生が混ざっている。
「水天宮。」
おぉ、そこはわかってるんだね。
「その通り!」

今日は先生、かーちゃんの首の硬さを診てくれた。
手の関節も触ってくれた。
語り掛けてくれて、かーちゃんの反応も診る。
かーちゃん受け答えバッチリ。
「どんなテレビを観てますか?」
「サッカー。」
かーちゃん86歳は、86になっても日本代表の試合が好きだ。
W杯1次リーグ突破おめでとう。
実は昨日のポーランド戦観たがったのだが、
今日病院に行くので見せなかった。
ごめんね。
あとで謝ろう。

「水分を取ってね。1日1000cc。」と言うので、
今こういうのを飲ませています、と、ゼリー飲料を見せた。
西友で売ってるみなさまのお墨付きビタミンゼリー。
これだとゼリーだからとろみがついていて、
水そのまま飲ませるよりむせ込まない。
かーちゃんのお出かけ時に飲ませる用にまとめ買いした。
「それはいいですね。」
良かった、賛同をもらえた。

明日粉砕の薬をまた取りに行く。
バスの中で考えたのだが、処方箋近所でやってもらえるなら、
城東の向かいの調剤でやってもらえないかな。
その方が近い。
次のデイケアお支払いで城東に行くので、
調剤に寄ってやってもらえるかどうか聞いてみよう。
パーキンソン病の薬を取り扱っているのは知っているのだ。
問題はアリセプトだ。

本日も無事行って帰って来れた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年06月01日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町18

バスを乗り継いて水天宮まで行くのに、
2時半の予約で12時半にうちを出ないといけない。
11時過ぎに早めに昼ご飯を食べる。
ベッドに1回転がしておむつ換える。
再び車椅子に乗せ入れ歯をつけさせて靴をはかせる。
レッツゴー。

今日はあまり混んでなく、自分たちは3組目だった。
わりとすぐ呼ばれた。
「ご飯食べてますか?」
「食べてる。」
「1人で食べられますか?」
「食べてる。」
「全部食べられますか?」
「出されたものは全部食べる。」
「どんなテレビを観てますか? お相撲観ましたか?」
「見た。」などなど。
今日は会話になっておる。

「受け答えが断然に良いですねー。」
ええ、それはもう。
4月退院した時よりも断トツの違い。

手の関節を触診してくれた。
パーキンソンの具合を診てくれてるのかな。

お会計すぐしてくれて、処方箋持って1階の薬剤へ。
「明日取りに来ます。お会計も明日でお願いします。」

今日は今半は行かなかった。
なになに。
明日行くつもり。
売り子のお姉ちゃんによる、
メンチカツとコロッケ取り違え事件のリベンジだ。
明日昼用にメンチカツ買おう。
そんで夜用にロースかつ買おう。
体に悪そうなおかず大好き。

電車で行けば早い。
それはわかっている。
だがしかし、地下鉄は車椅子には危険なのだ。
ホームドアもない。
ないのに構内の柱や壁の横などを通れるかどうかもわからない。
危険極まりない。
なのでいつも都バスで行く。
オリンピック目前で東京都バリアフリー化などとうたっているが、
現状は車椅子には危ない地下鉄JRが多い。

都バスもっと本数を増やして欲しい。
車椅子で安全に行こうと思ったら、都バスが頼り。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年04月27日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町17 退院後予約がやっと取れた

本日、ようやっと予約が取れたシニアメンタルクリニック。
バスの乗り継ぎが悪い。
待ち時間含めて1時間半ほどかかる。
行ったら混んでいた。

かーちゃんより若い、若いと言っても10歳下くらいの、
お爺ちゃんお婆ちゃんが来ている。
まだ自分の足で歩けているが、ちょっとおかしい人もいる。
待ち合いで待ってて、話しているのが聞こえるので、
聞いていたらわかる。
認知の具合でおかしいのだ。

今日はお爺ちゃんだったが、
薬の事で受付のお姉ちゃんに突っかかっていた。
自分が納得いかない突っかかったことを話して、
受付のお姉ちゃんに言葉尻荒く突っかかるので、
全然話しが進まなくて、押し問答を10分くらいしていた。

かーちゃんは待ち合いで流れている滝の映像を見ながら、
口を開けて寝ていた。
順番が来た。

私が余計な口を挟まないように、脇で我慢我慢。
先生はかーちゃんの反応を診ているのだ。
「競馬やってますか? テレビ観てますか?」
今日は自分の口で反応してお話しできた。
「一時期の(老健)退所したばっかりの時より、格段に良いですね。」
「はい。会話ができています。」
これには返事した。

手首や腕、膝の関節の具合を診てくれる。
「ちょっと膝が硬くなってきてますね。」
かーちゃんの膝はもう、真っ直ぐに伸ばすことができない。
曲がったままになっている。
喋りたかったが我慢した。

「ご飯をしっかり食べてね。今度は6月にお会いしましょう。」
「先生、お薬粉砕してください!」
この時ばかりは喋った。
「もちろん粉砕しましょう(笑)!」

笑って診察終了。
先生は明るい。
明るく診察してくれる。

今日亀戸でバスを待ってる間に、今半の話しになった。
「あー今半のコロッケとメンチカツ食べたいなぁ。」
「食べれば良いじゃない。」と言うので反撃した。
「嘘つくんじゃない! あんたあたしが食べてたら、自分も食べたいって言うでしょう。今のあんたには今半のコロッケとメンチカツは食べさせられない!」
かーちゃんはゲラゲラ笑った。
ほれみろ。
その通りじゃないか。
今日は今半のお土産はなしにした。

1階の処方箋へ。
「お薬粉砕してくださいー。」
「お時間かかりますっ!」
「どのくらい?」
「頑張って1時間ちょっとくらい。」
それでしたら、明日取りに来るか、
郵送宅配便で送って欲しいんですが、と言った。
宅配着払いもできるそうだがお金がかかると言われた。
そこで考えた。
今半のお土産は明日にしよう。
着払いのお金で明日コロッケとメンチカツ買おう。

かーちゃんには食べさせられないが、
明日コロッケとメンチカツを絶対買う!
自分だけ食べて、って言われると思うので、
明日は何か別のおかずつけてやろう。
それで家庭の平和が保たれるのであった、多分。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

2018年02月03日

シニアメンタルクリニック日本橋人形町16

本日シニアメンタルクリニック。
先月より今月の方が先生とお話しできた。
先生はかーちゃんに話しかけてるので、
私はなるべく口を挟まないようにしているのだが、
「あなたおうちで何か飼ってるの?」
「…………。」返事しない。
「ほら、うちにいるでしょう。」と私。
「うさぎ。」
「うさぎ飼ってるのー。お名前は?」
「うさ太郎。」
「何言ってんの! 違うでしょっー!」と私。
「うさのすけ。」

最近馬券買いも復活してる話もした。
デイに行かない日は競馬新聞見せてる話もした。
「(老健退所後の)前よりも(反応が)よくなってますね。良かったですね。」
「前よりも笑顔が出るようになってきました。」と私。
「良かったですねー。」
この調子で頼みますよかーちゃん。

帰り薬もらって、すぐバス停に行った。
そしたら、「ここにない。」と言って、
膝の上を両手でまさぐる。
かーちゃんは毎月恒例になっている、
今半のお土産のことを言っている。
今半のお土産が膝の上にない、と申しておる。

今日はないのだ。
何故ならそれは今日が節分だからだ。
「あんた今日は今半なしだよ。今日は帰ったら西友に行って恵方巻きを買いに行く。」
今半のお土産食べて恵方巻きも食べる胃の大きさはない。
今日は恵方巻食べるだけでお腹一杯になるだろう。
味噌汁とぬか漬けとおでんの残りもある。

錦糸町まで行くバスがすぐに着た。
錦糸町からの、家に帰るバスもすぐに着て、
うちに帰ってかーちゃんを介護ベッドに横にして、
西友にすぐ行った。

今日は太巻き食べる日だ。
1本丸かじりなんてしない。
切ってお皿に盛っていただきます。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ