2017年03月17日

訪問リハビリ26 ポテトチップに突っ込まれる

昨日木曜日、訪問リハビリ。
先生が来て、かーちゃんはベッドに寝ていたので、
ベッドに座ってもらって上半身の運動からスタート。

先月に転んでから歩いてなかったんだけど、
先生の補助付きで、昨日歩行器で歩いた。
こちらハラハラして様子を見ていた。
ベッドから居間に置いてあった車椅子まで歩けた。
「おおっ。歩けますねー。」と先生。

前みたいに歩行器使って居間の自分の席まで歩いて欲しい。
そうなれば、また映画観たりできる。
今かーちゃんの昼夜逆転と、歩行器使って歩けなくて、
居間のテーブルの自分の席に座ってないので、
ブルーレイのHDDに撮り貯めてあるものが全く見れない。

3年か4年前のテルマエロマエから見せないといけないので、
何とか生活リズムを元に戻してほしい。
31日からショートに放り込むので、少し治ってほしい。

受給者証のことで先生からちょっとレクチャーを受けたのだが、
来てからまたどうせまた教えてもらうことになるので、
聞き流した。

介護ベッドの手すりが、
うちに来てからずっと90度に曲がっていたのだが、
一昨日ベッドに平行にならないかと思って触ってみた。
平行になって、かーちゃんがベッドに腰かけられないようにした。
これで夜中勝手に1人でトイレができなくなった。
ベッドの柵をかーちゃんは1人で乗り越えられない。
一昨日昨日今日と、夜中諦めてテープ式おむつに放尿してもらっている。
この3日ベッドに失禁なし。
この調子でいこう。

先生に、ベッドの柵ができることを報告すると、
「今まで知らなかったんですか。」と言われた。
知らなかったんですよ。
もっと早く気がついて、触ってみれば良かった。
「触った事なかったんですよ。」

それと玄関脇に置いてある、
堅あげポテトブラックペッパー味物凄い買いだめに、
先生から突っ込みが入る。
「誰が食べてるんですか?」
「私がビールのお供にしてストレス解消です。もうこの1か月(かーちゃんが歩けなくなってから)飲まないといられなくなっちゃって。」
おむつ替え、車椅子での室内移動、
毎日のおしっこのことでの説教喧嘩で、本当に毎日ヘトヘトだった。
寝る前にビール飲んで、ちょっと一息つきたい日が、
本当に多かった。
堅あげポテトブラックペッパー味は、
ネットスーパーで24袋一度に買っている。
セブンで買うより安い。
 
かーちゃんは失禁はしなくなったが、
明け方今日もまたトイレで起こされた。
「夜中起こさないように。」今日も文句を言った。

先生、また来週。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

訪問リハビリ25 特定医療費(指定難病)受給者証の再交付

2017年3月9日、訪問リハビリ。
食事が遅くてかーちゃんは先生がきた時、
車椅子に座って居間で先生を待っていた。
居間で血圧を測って心拍を計る。
熱も計る。
居間で車椅子に座って腕の上げ下げ。
丸まっている上半身の開閉。
机に手を置き立ち上がりの練習。
たしかそんな感じで諸々運動。

『特定医療費(指定難病)受給者証』を、
去年2016年11月28日に申請したのだが、
いつまでたっても送って来ない。
2、3ヵ月で届くという話だった。
あんまり遅いんでサポートセンターに電話をかけた。
「受理はされているので、うちの施設のもう1個上に電話をかけてください。」と言われた。
江戸川区の中央にあるセンターに電話をかけた。
「受理はされてますし送ってあります。」
「ええっ? いつですか? 毎日ポストを見てましたが送られてきてないです。」
「未着ですねぇ。そしたら小松川に行って、再交付の書類を書いてください。」
1月中旬に送ったそうだ。
だけど着いてない。
毎日ポストを見ていた。

小松川では顔見知りの保健士さんにもう1個上にかけて、
と言われたわけなのだが、
ていの良いたらいまわしにあったみたいで、
ちょっとムカムカしそうになったんだけど、
我慢して中央に電話をかけた。
役人からはお謝りの一言もなかった。

江戸川区は介護とか福祉の書類の未着が多い。
これで未着、去年から2通目だ。
毎日待っていたのに。
胸が何だかムカムカした。

リハが終わった先生と一緒に出て、サポセンへ。
受給者証の代わりになる書類をすぐ作ってくれた。
こんなすぐ作れる書類に何か月も待たされて、
またもや未着の件と合わせてムカムカした。

でもムカムカしたおかげで、
かーちゃんのパーキンソンの病気に関わるお金が多少少なくなる。
そう思って、郵便局へのクレーム電話はしなかった。

再交付した受給者証は、今度は1カ月半くらいかかるそうで、
「1カ月半ですかー?」って、
応対してくれた事務方の役人に驚いたら、
「(再交付はいろいろある書類の中でも)早いうちですよ。」と言われた。
まったくもう。
役人仕事。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

訪問リハビリ24 明日は雛祭り

本日木曜日訪問リハビリ。
かーちゃんの膝はまだ痛くて、今日も歩行練習はなし。
その代り、上半身を曲げたり伸ばしたり、
机につかまって立つ練習(自分の体を支える)をしたりだった。

「毎日少しづつでもいいから、動かして運動してくださいよ。」
そーなのだ。
大腿骨を折って運動しなくなってからのツケが来ている。
自分で自分の体を支えられない。
「痛いのが取れてきて、その後歩けるかどうかは自分自身にかかってますからね。」
先生は厳しい事をやんわり言った。
今後歩けるかどうかはかーちゃん次第なのだ。

明日雛祭りなので、約束のケーキを作った。
12月に、かーちゃんに食べさせると約束した。
デコレーションに先生がえらく感動してくれたので、
「(ケーキ作っているのが)明日雛祭りだから喜ばせようって思って。あさりも買ってきて今砂抜きしてるんですよ。」
「あさり汁ですねー。」
「中国産のはまぐり売ってたんだけど、それなら国産のあさりの方がいいかなって思って。」
「それわかります。」
わかってもらえた。
明日はちらし寿司作るどー。

では先生また来週。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

訪問リハビリ23 パーキンソンが原因ではない模様 本日は軽めで

本日木曜、訪問リハビリ23回目。
かーちゃんの足の具合を診る先生。
「痛いですか? どこが痛いですか?」
痛い個所を探して、
今日はどの程度のリハビリにするか確かめる。
他の具合も聞かれたので、
毎回履くパンツがお尻の上にあげられないでベッドに座っているので、
施設に入ってもらうしかないという話をしている話をする。

「リハビリテーションをメインにやってるデイサービスに通うのはどうですか?」との提案。
「小岩の方に、パーキンソンの人こそリハビリしてほしいとうたっているデイがあるんですけど、そことかは自立歩行の人がメインで、車椅子は取ってないみたいです。」
「探すとあるかもしれないのでケアマネに聞いてみるといいですよ。とにかく運動する時間を増やした方が良いですね。」

わかってはいるが、かーちゃんが運動しない。
今回の足をひねった件も、自分が悪いのだ。
自分で自分の体の重さを支え切れなくなってきているのだ。
足の筋肉がおちている。
どこの先生からも運動しろと言われている。
全然実践していない。
そのツケが今巡ってきているんだと思う。

「あと1週間2週間したら痛いのも取れてくると思うので、先生、見捨てないでください。」
お願いした。
心の叫びだ。
今ケアマネとリハの先生に見捨てられたら困ってしまう。
「見捨てたりしませんよ。」
ありがとうありがとう。

「パーキンソンが進んで立てなくなって、自分で足をひねったという可能性はありますか?」と聞いたら、
「固くなってきている可能性はありますが、パーキンソンで、というのではないと思いますよ。」
じゃあ井関先生のところに泣きつくのは止めた。
ドーパミン増やしてもらおうかと考えていた。
やっぱり自分で体を支えられなくなってきているのだろう。
痛みがなくなったら運動してもらうしかない。
車椅子に乗って、足の上げ下げだ。

今日は車椅子に乗って、足の運動。
ベッドに座って腕の運動。

先生、また来週ね。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

訪問リハビリ22 立てなくて先生も困っちゃったよ

本日訪問リハビリ。
ドア開けていきなり先生、「立てないんですか?」
おやもう聞いたのか。
ケアマネほっしー仕事早い。
玄関先で、火曜からの顛末を話す。
今日城東病院の整形外科で診てもらったのも話す。
「注射打って、売るほどあるのに湿布たんまりもらいましたよ。」

脈を診て、血圧と熱を診て、本日スタート。
「立てますか? 移動できますか?」
支えているから大丈夫ですよと言って、
かーちゃんをポータブルに座らせる。
痛い左足のズボンをめくって触診。
「ちょっと腫れてますね。」
湿布を押さえるので中山式の膝サポーター使っていたのだが、
「先生、サポーター邪魔なら取ってください。」と言うと、
もう取ってます、とのお返事。

熱があったり腫れてる場合、患部は温めては駄目なんだそうな。
「この中山式は温熱タイプ?」と聞かれたので、
「それもう何年も前のクリスマスだか誕生日祝いのやつで、温熱作用はもう取れています。」
「それならオッケー。使ってください。」
オッケーが出た。
それと、腫れたり熱があったりするうちは、
あまり動かしちゃいけないそうだ。

昨日とか一昨日どうしてたんですか? と聞かれたので、
昨日の夜からポータブル脇に車椅子を運んで、
ズボンの後ろをつかんで補助して乗ってもらってると説明。
ご飯の時は車椅子でテーブルにつかせている。
昨日も今日も上手くご飯を食べていた。
膝が痛くても食欲はある。
おっきい方も出てる。

動かしちゃいけないそうなので、
今日は先生もやることがなくて困っただろう。
ベッドとポータブルで足の様子を診てくれていたが、
最後に車椅子に座らせて、足の上げ下げをやってくれた。

理学療法士さんの言葉なので、その通りなんだと思うけど、
痛いのは1週間2週間で治まりますから、と、
先生はかーちゃんに説明していた。
治まって前のように生活できるといいんですが、と言った。
私だってそう思っている。
かーちゃんを施設に預けるのは本当は嫌だ。
だから毎日運動しろと言っていた。
体を支える筋肉が落ちるのを防がないとと思っていた。
かーちゃんに朝方、立てなくなったのは、
あんたそれは自業自得だよ、と言った。

「いいですか。嫌かもしれませんが、夜のおしっこは1人でやっちゃ駄目ですよ。テープ式のおむつを使ってくださいよ。くれぐれも転んじゃ駄目ですよ。」
2回も駄目出ししてってくれた。

ケアマネほっしーもリハビリ先生もテープ式を勧めるので、
今日からテープ式おむつを着用しないといけなくなった。
あれ私の腰に来るんだよな。
しかし、お尻丸出しでベッドに座って、
失禁しているのにも気がつかない。
お尻丸出しで畳に転がっている。
かーちゃん1人ではどうにもならない。

「昨日ケアマネにショートの話を聞いたんですけど。」と言ったら、
「やったことないですか?」と逆に聞かれてしまった。
ショートとか、
利用できるものは利用した方が良いですよ、と言われた。

「くれぐれも1人でトイレしちゃ駄目ですよ。テープ式にしてくださいね。」
とかーちゃんに言って先生は帰ったわけなのだが、帰り際、
「娘さん、頑張ってください。」と言い残して帰っていった。

その言葉の意味が深い。
早くショートに行ってもらえるようにしなければ。
だけど本当は行かせたくない。
心が2つある。
自分が寝ている時以外、心が揺れている。
私1人ではもう面倒みきれない、という気持ちと、
テープ式さえ我慢すれば何とかなるかも、という気持ちだ。

明日平井の北口に行って、
通帳の明細記入をしてこなければならない。
帰ってきて、もう1件の通帳記入をしないといけない。
認定申込書の提出書類には最近の通帳のコピーが必要なのだ。
リハビリの先生からは、
今のうちから作っておいた方がいい、と言われた。
明日区役所までたどり着くかな?

城東で入院してリハビリしてもらう夢を見ていたのだが、
現実は駄目だった。
テープ式のおむつを替えるしかない。
現実は厳しい。
私のヘルニア腰がどこまで持つか。
頑張りたくない。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

訪問リハビリ21 ポータブルトイレが動かないようにしてくれた

昨日2月9日木曜日、訪問リハビリ。
先生、来ていきなり、ポータブルトイレを動かして、
何かを敷いてくれた。
170209_02.jpg
「何ですかそれ?」
「カーペットが動かなくなるようなシートですよ。」
かーちゃんが横になる時に、足でポータブルを蹴って、
ベッドに横になろうとする。
いつもそれで、ポータブルが動いてしまう。
その話を先週先生に話した。
「これで(ポータブルが)動かないといいんですけど。」
自腹切ってくれたのか、経費で落としてくれたのか。
どちらかの定かではないが、寄り添ってリハビリしてくれる。
本当にありがたい。

昨日もいつもの足の曲げ伸ばし、手の曲げ伸ばし。
歩行器での歩行訓練。
「むせ込みはないですか?」と聞かれたので、
「マグカップで飲む時はむせ込まないで、吸い飲みで飲むとむせます。」
「(かーちゃんに)飲んでみてください。」
マグカップで飲み残しのコーヒーを飲むかーちゃん。
普通に飲んだ。
次に吸い飲み。
無事に飲んだように見せかけて、やはりむせた。
「吸い飲みは使わない方がいいんじゃないですか。」
何故吸い飲みでむせるんだろう。
普通はむせないために使う吸い飲みなのに。

「先生、ユニクロのヒートテック着てるんですか?」と聞いたら、
「ワークマンの、現場の人が着る防寒具があって、それを着ています。」
ワークマン?
最初何のことかわからなかったが、あぁ、ホームセンターだ。
現場の人って、外の、作業現場で働いてる人のことだ。

昨日は小雪が時折舞い散る中、
先生は今日もスーパーカブをかっ飛ばして帰っていった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

訪問リハビリ21 かーちゃんは85個豆を食った

昨日木曜日訪問リハビリ。
「今週は転んでません。」
「おおっ。それはよかったですねー。」
幸先良いスタート。

今週も手足の曲げ伸ばし、トイレ訓練、歩行訓練。
テレビNHKつけっぱなしで、
国会中継予算委員会が行われていた。
予算委員会なんだから、国の予算の事協議すればいいのに、
全然関係ない事ばかり質疑応答している。
国のお金使って給料もらって、
国会議員がそんなことばかりしている。
普段政治なんて全く興味がない私が、
珍しくそのことをつぶやいたら、かーちゃんが、
「だから〇〇党は駄目なんだよ。」
先生も珍しく、
「阿部さん困って頭かいてますよ(笑)。」
皆で笑った。
そんななごやかな会話のリハビリであった。

かーちゃんが先生に慣れてきたので、
いろいろ口が軽くなってきている。
毎回会話がある。
家族じゃない人と喋るのにも慣れてきている。
毎週来てもらえて、話してもらえるのがありがたい。

サポセンにレシピ持っていくので、
先生と一緒にエレベーターに乗った。
渋いバイクが置いてある。
「スーパーカブですか?」
正面から見たら、スーパーカブのロゴ入り。
「ホントにスーパーカブだっぁ!」

今日節分。
昼の食後にデザート食べてるんだけど、今日は豆。
170203_01.jpg
でん六の豆。
袋に、『今年もまめで幸せに』って書いてある。

170203_02.jpg
私の方が先に食べ終わったので、豆を数えた。
85粒。
かーちゃん、こんなに食べられるかな?
「かーちゃん、この豆食べていいよー。」
かーちゃんは85粒に取り分けた豆を見て笑った。
全部食べた。

豆まきの時の話を思い出す。
「多分さ。かーちゃんに何で年の数だけ食べるのか聞いたら、大人は働いてるから多く食べていいとか何とか、適当なこと言ってはぐらかしたじゃん。あれってさ、子供心に、ズルい、って思ったんだよね。多分かーちゃんに聞いたんだよね。」と言ったら、かーちゃんは大笑いしだした。
「それ覚えてる?」
「覚えてる。」

今年の節分、かーちゃんは85個食べて、私は53個食べた。
かーちゃんの方が多い。
「100まで食べるつもりか?」と言ったらまた笑っていた。
100まで食べてもいいけど、今年は53個しか食べてない私は、
やっぱり大人はズルいと思った。

85個と53個で1袋では足りないかもと思って、2袋買った。
1袋で足りたのだが、残った豆はかーちゃんが食べるだろう。
それもやっぱりズルいと思った。

一昨年の節分は、かーちゃんが病院騒ぎになって、
恵方巻どころじゃなかった。
薬の副作用
去年は確か西友でマグロの太巻き買って食べさせたら、
かーちゃんは太巻きが食べられると言って、物凄く喜んだ。
なので今年の恵方巻、西友で買ってきた。
1本状態なので、これからカットする。
恵方を向いてかぶりつかないが、
毎年太巻きが食べられる日と認識すれば、節分も楽しい。
マグロ太巻きと、エビとアボガド太巻き。

かーちゃん部屋から、
「6時半だよー。お腹空いたー。」
はいはい。今仕度しますよ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

訪問リハビリ20

昨日木曜日、訪問リハビリ。
「今朝バタンッて音がして、見に来たら倒れてました。」
「あらら。今週もですかー。」
「痛いって本人は言ってて、でもどこが痛いとは言ってなかったのでそのままですが、本人に聞いてみてもらえませんか? ご飯は普通に食べてました。」
毎週の倒れたご報告からのスタート。

「どこが痛かったですかー? では、咳してみてください。痛くないですかー? 手をあげてみてください。痛くないですかー?」
様子を見る先生。
「病院に連れてった方がいいですか?」
「骨は折れてないみたいですよ。咳すると痛がるとかの症状があったら行ってください。」

今日は先生、ベッドの位置とトイレの位置などをメジャーで計る。
何か人が動く範囲の幅とかがあるのだろう。
ポータブルを前に押し出す。
そんでかーちゃんのいつもの、足の曲げ伸ばし、手の曲げ伸ばし、
歩行訓練、ポータブル前でのズボンの上げ下ろしの練習。
かーちゃんを立たせて、先生の手を握りながらの歩行訓練。
1時間なんてあっという間だ。

うさのすけが足元にいたので、掴んで先生に渡した。
抱っこする先生。
「やぁ、うーちゃん。久しぶりだねぇー。」
うさのすけ寝てたので、多分眠くて硬直してて、
何が起こったのかもわからずに大人しくなでられていた。
髪の毛茶髪なヒゲはやしてる兄貴的お兄ちゃんなのだが、
ホント、動物好きだねぇ。
(つまりは人は見かけによらないと言いたい。)

うさのすけ正気に戻って、抱っこされてる先生の手から逃げた。
ではまた来週。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

訪問リハビリ19

昨日木曜日、訪問リハビリ。

土曜の夜中に転んで顔を打ち付けたことを話す。
先生はかーちゃんの青あざ赤あざになってる顔を見て、
「今日はいっぱい動きますよ。まずはトイレのやり方をやりましょう。」
始終ポータブルトイレの、
やり方、座り方、パンツの脱ぎ着、つかまり方をやってくれた。

何度もやってくれたが、多分身に着くまでには至らないだろう。
また来週もやってほしい。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

訪問リハビリ18

木曜日12日、訪問リハビリ。
先生はバイク飛ばしてうちに来るので、
来て手を洗った後のタイミングで、レンジで温めたタオルを渡す。
「手がジンジンしますね。血行良くなってますよ。」
いっつもそんなことを言ってもらえる。
我が家はエアコンないので、せめてものサービス。

テレビで大相撲つけっぱなしなので、
かーちゃんと先生は相撲の話をしながらのスタート。
かーちゃんの足の曲げ伸ばし、手の曲げ伸ばし。
歩行器での歩行訓練。
足の上げ下ろし。
いっつもいろんなことをやる。
あーリハビリのその場だけのことじゃなくて、
先生が来てなくても、
自発的にかーちゃんが運動してくれないかなー。

先生の帰り際、うさのすけがかーちゃん部屋に行った。
先生、うさのすけを撫でた。
また来週ね。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by やすぞう at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする