1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年04月05日

花見と職員紹介

昨日2018年4月4日、グリーンサークル虹。
花見と職員紹介。

本年度の担当職員紹介。
申し送りでスタッフS野さん来たーーーーっ!
お子さん生むのでいったん退職したが、仕事復帰。
2年半ぶりだって。

その後千本桜を通って大島小松川公園へ花見。
もう散り桜でもなく葉桜も多数あったが、
遅咲きも何本かあって、グルッと周ってサポセンへ帰って来た。
腰の悪いK沢姉さんがいたので、
ゆっくりゆっくり休憩を入れつつ歩いた。
姉さん本当は歩きたくなかっただろう。

その後職員紹介パート2。
職員が入ってきて「ああああっ!」と心の中で叫ぶ。
一番先頭に知った顔があるぞっ!
もう2度と会えないだろうと思っていたM山さんがいるぞっ!
「お帰り。」と言ったら、
恥ずかしそうに「ただいま。」と返ってきた。
係長なんだって。
大変だね。

皆様1年よろしくお願いします。

U井さんに、先週作った寄木細工犬の置物褒めてもらった。
褒めてもらったのに、
あんまし上手いリアクションが出来なかった。
褒められるの、慣れてないんだよー。
良いリアクションできなくてごめんねー。
心の中で嬉しかったよ、ありがとー。


日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by 加祥(かしょう) at 16:07| Comment(0) | グリーンサークル虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ケアマネHさん10 退院後担当者会議2018年4月

昨日のかーちゃん退院に合わせて、午後一で担当者会議。
城東デイケアI東さんに先生のサインの入った書類を渡す。
ケアマネHさんに看護サマリーを渡す。
お薬の説明書を渡す。

私が月曜午後に授業がある件も、
なごやかさんが対応してくれる予定なのを、
Hさんが私に代わって話してくれる。
一同解散。
かーちゃん眠そうなのでベッドに横にする。
高校野球を見せる。
ここまでは良かった。

城東看護婦さんから電話がかかってきた。
「使っていたインシュリンの針なんですが、どうしたらいいでしょうか?」
いきなりそういう風に言われた。
えーーーっ、うちじゃあインシュリン注射なんてやってないよ。
どうしたらとか言われても困った。
困ったので、「そちらにお任せします。」と答えた。
「じゃあこちらで処分します。」
病院なんだからそういう時の対応はやってないのか?
処分してくれると言うので、この件はそれで終わり。

そしたらケアマネHさんが、
間髪入れずに慌てて電話をかけてきた。
「この看護サマリーね、他の人の看護サマリーが入ってた。名前が違う。どうしよう!」
こんなHさんの声を聞くのは初めてだ。
明らかに狼狽している。
どうしようと言われても、こんなことは初めてだ。
どうしていいものかわからない。
「じゃあいますぐこの電話切って、城東に、違う人の看護サマリーだったのを言います。」
「じゃあ今すぐこの看護サマリー持っていく。」
「そしたらその看護サマリー私が返しに行って、本人のをもらってきて事務所にお届けします。」
「すぐ行く。」
うちはケア21から歩いて2分だ。
城東に電話してたらHさん、すぐ来た。
すぐ城東へ向かった。

行ったら、全ての看護婦さん皆平謝り。
そうだよな。
まずは、看護婦が渡し忘れた薬取りに来い、から始まったんだもんな。
「ケアマネが封開けて(他の人の介護サマリー)見ちゃったんですけど。」と言ったら、
「いえいえ。そういう話しではございません!」と婦長さん。

多分うちが入れ替わってもらった他の人の看護サマリー、
その入れ替わった他の人からもクレームが入ってたんだろう。
「大変申し訳ありません。」
「いえいえ。皆様お忙しいことでしょうから。」と言ったら、
カウンター手前でパソコンに向かっていた先生から、
「良い人だ。」と言われた。
良い人と言われても嬉しくもなんともなかったが、
「もう来ないでいいようにしますので、お世話になりました。」
「いえいえ。本当にすいませんでした。」

今度こそかーちゃんの看護サマリーを持ってケア21にお届けする。
ケアマネHさん、封を開ける。
すると、「病名が違う!」
えええっ?
「圧迫骨折。」
今度は私も看護サマリーを見た。
病名の上に日にちが入っていて、2017年4月30日になっている!
「これ去年のだ!」
「城東駄目だな。」Hさんつぶやいた。
「じゃあこれ返してきて、今年のを持ってきます!」

もうクレーム電話なんて入れなかった。
行った方が早い。
ズカズカ城東まで歩いてナースステーションを目指す。
「すいません! 今年の看護サマリーが欲しいんですけどぉ!」
婦長さんが慌ててすっ飛んできた。
差し出す私の手から書類を取って、
「これ2017年ってなってる……。今年何年?!」
「……2018年。」と側にいた看護婦さん。
ざわめくナースステーション。
婦長さん絶句。
「毎年入院しているうち(今年の入院で4年連続)も悪いのですが、今年のが欲しいんですけどぉ―。」
「いえいえ! そういうことではありませんっ!!」

側で今日の退院から薬取りにいった件やら、
違う人の介護サマリーだった件など全ての出来事を始終聞いていた、
フロアで一番偉い介護士のお姉さんが、
「ちょっとお座りになった方がいいですよ。」と言ってきた。
これはもうごめんなさいでは済まされない出来事の模様。
「いえ、成り行きが判るまでここで待ってます。」と返事したら、
婦長さんの次に偉い看護婦さんが、
「デイルームでお座りになっててください。」
仕方ないのでデイルームに行って座って待っていた。

座って待ってたら若いお兄ちゃんがやって来た。
「大変申し訳ありません。看護サマリーなんですが、すぐにはお作りできません。少々お待ちになってもらうしかないんですが。」
「どのくらい待ちますぅ?!」
「15分くらい。」
「じゃあそれでお願いします。」
入院しているお爺ちゃんが高校野球見てたので、一緒に見た。

しかし何ということか。
個人情報大事にしているはずの病院が、
他人様の看護サマリー渡してきたり、
本人のやつなんだけど去年のやつだったりと、
ポカが多すぎる。
怒るというより笑ってしまった。
笑い話だ。
こんなことは初めてだ。

「すいません。お待たせして。」
看護婦さんと若いお兄ちゃん、
2人連れ立って看護サマリーを持ってきた。
「今度は大丈夫ですか?!」
「絶対大丈夫です!」
ホントだな?

ケアマネに、絶対大丈夫と言われた看護サマリーを持っていく。
すぐさま封を開けるケアマネ。
3枚あって、隅から隅まで目を通す。
「私が申し送ったことも書いてある! 名前も本人! これは大丈夫そう!」
「良かった! じゃあよろしくお願いします。」

エライ目に遭った。
退院も含めて、1日4回も病院に行った。
文書の手違いが2回もあった。

家に帰ったらもう3時半回っていた。
楽天介護食(大人買いする予定)を見たりして、
かーちゃんのご飯のことばっかり考えてたら、
自分の夜ご飯の準備をすっかり忘れてしまった。
忙しいのに洗濯機も回した。
かーちゃんには介護食セットを食べさせたが、
自分はレトルトカレーを食べた。

昨日の出来事は笑い話しになるが、エライ目に遭った。
もう勘弁。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥(かしょう) at 15:23| Comment(0) | ケア21小松川Hさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

食べさせてみた区分3舌でつぶせるレトルト

無事退院してきてさぁ昼ご飯を食べよう。
1週間分セットで着た区分3舌でつぶせるレトルト食。
食べさせてみよう。

買ったのはこれ。
クリックしたら楽天に飛ぶよ。
区分3シリーズお料理を1週間分詰合せ 
介護食品1週間お料理詰め合わせ 
“区分3 舌でつぶせる” 21種類セット 
【キューピー・アサヒグループ食品・ハウス食品・明治・大和製罐・亀田製菓】【送料無料(北海道、沖縄を除く)】


https://item.rakuten.co.jp/momotose/806106/

180403_01.jpg
レトルト食お初の献立。
肉じゃが。
かに雑炊。
玉子豆腐。

180403_02.jpg
≪アサヒグループ食品≫
バランス献立 かに雑炊 100g。
レトルトパック入り。
ご飯の量が多いのではないかと思っていたが、
お茶碗に移すと軽く1杯分。
男性には物足らないかな。
レンジで温める方法と、お湯で温める方法が載っていたが、
レンジで温めた。
この雑炊濃度は自力では作れない。
やはりご飯類はレトルトにしないと駄目かな。
夜に白がゆ食べてみる予定なので、それ見てもう1回考えよう。

180403_03.jpg
≪大和製罐≫
エバースマイル 肉じゃが風ムース 115g
全部芋に見えた。
これも男性だと物足りないかな。
味見しようかとも思っていたのだが、
私が1口いくとかーちゃんの食べる量が減るな、と思ったので、
見物だけした。
これはレンジで温める仕様。

180403_04.jpg
≪ハウス食品≫
やさしくラクケア やわらか玉子豆腐 63g。
小ぶりな量。
玉子豆腐食べさせたかったら、
スーパーで買った方が良さそう。
介護食で頼むと、やっぱりちょっとお高い。
もうちょっと落ち着いたら、
具なし茶碗蒸し作ってやろうと思っているので、
玉子問題は解決できそう。

180403_05.jpg
セットで着たレトルト、何だか量が少ないと思ったので、
納豆まぜる前に山芋大根おろしを大さじ2ほどおかずに添えた。
山芋大根おろしすりごま黒お酢醤油少々えごま油少々。
山芋のおかげで大根おろしにもとろみがつく。

「お腹一杯になった?」と聞いたら、なったとお返事。
「肉じゃがどうだった? 雑炊どうだった? 玉子豆腐どうだった?」
次々聞いたら、全部に美味しかったと返事。
味は良いようだ。
それは一安心。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥(かしょう) at 17:39| Comment(0) | かーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内科32 無事退院

朝起きてご飯。
まず10時前に銀行に行く。
昨日看護師に言われた『7』引き落とす。
その足で車椅子持って迎えに行く。

お着替えを介護士さんに頼んで、お会計に行く。
お会計先にしないと、
薬やらサマリーやら情報提供書やらを渡してくれない。
ナースステーションで「お会計してきましたー。」
お部屋でお待ちください、と言われる。

待ってたら看護婦さんが来た。
情報提供書、薬をもらう。
ケアマネに言われた看護サマリーがない。
昨日の看護婦さんからは、
看護サマリー退院時にもらうことになっていると話す。
看護婦さん看護サマリーを用意してくれる。
部屋で待つ。

かーちゃんを車椅子に乗せてもらう。
看護サマリーもきたので、
その辺にいたお世話になったリハビリの先生やら、
去年から見知った看護婦さん等にご挨拶。
ナースステーションでご挨拶。
1階で、忘れてはならないテレビカードの清算。

「さぁ帰ろう。」
車椅子を押して橋を渡る。
うちから歩いて1分に公園があるので、
もう花びらの散った桜を見せていた。
「何とか桜に間に合ったね。」
枝の先の方に、まだ散らない桜が咲いていた。
そしたら城東から携帯に電話。

何事ぞ?
「すいません。渡し忘れた薬があるので、もうおうちにお帰りになりましたか?」
「あと10メートル。」
「すいません、取りに来ていただけませんか?」
車椅子押して戻るかどうしようかと思ったが、
かーちゃんを部屋に入れてテレビ見てもらうことにした。
私1人でズカズカ歩いた方が早い。
「じゃあ取りに伺います。」

かーちゃんに、
城東に薬を取りに行くからテレビ観てて、と言って、
居間のかーちゃん席に車椅子を置いて、高校野球をつける。
薬取りに行く。

退院時に挨拶できなかった顔見知りの、
看護婦さん介護士さんにまたご挨拶。
「もう来ないようにします。ありがとうございました。」

しかしこれが酷い話しの始まりだった。
酷い話しは長くなるので、一旦ここで退院の記事終了。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥(かしょう) at 16:45| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

内科31 明日退院だぞ

6月から始まる授業の日程がわかったので、
ケアマネに電話。
「明日11時退院ね。担当者会議は1時半。」
おおっ、早い。
12時には必ず飯にしなければ。
ケアマネHさんに、
看護サマリー欲しいと言われたので病院に確認。
明日持たせてくれるそうだ。

4時頃面会に行く。
すぐ帰るつもりだったが、
明日入院費いくら位持ってくればいいかわからないので、
その辺にいた看護師さんに問い合わせた。
「お部屋でお待ちください。」
待った。
待ってたら、
大腿骨骨折入院の時のリハの先生が顔を見せに来てくれた。
「相棒好きなんですねー。」
すぐ帰るつもりで、かーちゃんの耳にイヤホン差し込んで、
相棒を見せていた。
「もう来ないようにします。明日退院です。ありがとうございました。」

何時まで経ってもお金の話し伝えに来てくれない。
来ない。
小1時間くらい待った。
携帯のスケジュール見ながらジレジレしてきた。
あと5分待ったら言いに行こう。
そしたらリハビリの先生が来た。

「書類にサインお願いしますー。」
サインしないといけなかったので、結果的には待ってて良かった。
「今回(去年の圧迫骨折入院時と比較している)は受け答えもできるし、リハもできるし、本当に今回やって良かったです。字も書けるし、きれいにはっきり書いてくれました。」
「こっちが本当なんですよー。お喋りなんですよー。明日退院です。ありがとうございました。」
リハの先生に、お金の件で部屋で待っててと言われて、
小1時間くらい待ってるんですが、と言ったら、
「あ、看護師に伝えます。」

したらすぐ看護師さん来た。
「6くらい。」
「6より上ですか? 下ですか?」
「くらい、なので、上だと思います。」
「じゃあ7持ってきます。」
「その方が安心です。」
うひぃ〜〜〜〜〜7だってぇ〜〜〜〜〜。

今日は着替えのお洋服持っていった。
明日は車椅子を持っていかねば。
持ち出しのタオルとか、
肌着を持って帰る大きなカバンも持っていく。
明日銀行にも行かなければ。
帰ってきて、
区分3舌でつぶせるレトルト食も食べさせてみなければ。
その後担当者会議。

いっそがしーぞっ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥(かしょう) at 17:42| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする