1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年07月11日

西日本豪雨

この話し、長い。

7日土曜に九州地方豪雨のニュース。
福岡にもニュースになるほど豪雨が降っていて、
うちは福岡に親戚がいる。
川の側だ。
午後の早い時間に静香ちゃんにメール打って、
パパママ大丈夫? と聞いた。
返事が着て大丈夫とのこと。
良かった良かった。

そしたら近畿地方にも豪雨が移った。
土曜の夜大阪の親戚にもメール。
山の側だ。
住宅地(平地)なので山(土砂崩れ)川(河川氾濫)は心配ないけど、
雨が凄い、と返事が着た。
物流止まるかもしれないから、水と食べ物を確保してね、などとやりとり。
心配してくれてありがとう、とメールをもらったが、
こちら7年前の東日本大震災で、
スーパーに食べ物飲み物が何も売ってない経験をしている。
平井の町は食べ物が何日も何もないという状況を経験している。

日曜日、岡山広島で被害が続出しているニュース。
災害報道見ながら、通学に使いたいリュックを物色していた。
私ももちろん使っているが、
前の旦那も使っていたA4ファイルが入るリュック。
そんなクソみそが漂っているリュックを持っているのだが、
うさぎがジッパーをかじった。
今のうさぎではない。
初代うさぎだ。
うさぎがかじったおかげで、
ジッパーがうまく閉まらなくなって、
たまにジッパー全開になる。
ジッパーを締め直したり工夫して閉めたりすれば大丈夫だったので、
うさぎがかじった後も何年も使っていた。
よく考えたらもう30年選手だ。
しかしさすがにもう年季かな、買い替えてもいいかなと思って、
楽天の広告にリュックが出る度クリックしていた。

予算1万円で考えていたところ、
8000円の物を見つけてはクリックし、
3980円の物を見つけてはクリックし、
何ととうとう1800円のリュックを発見。
アウトレット品だ。
色はちょっと白っぽいグレー。
15インチのパソが入るらしく、それならA4ファイルが入る。
流行りの縦型のボックス型リュックだ。
かーちゃんの車椅子を押す関係で、絶対にリュックが欲しい。
懐事情もあって、1万円より1800円の方が良い。
汚れそうな色だが関係ない。

もう買うっきゃない。
買った。
そしたら、
『ご購入ありがとうございます。岡山からの発送になります。』
んんーーー? おかやまーーー?
今ニュースで岡山の、
まび記念病院から避難している人たちのことをやってるぞ。
あぁ、そんな岡山からの商品が届くまで、
少なくても2週間はかかるに違いない。
早く欲しかったんだけど諦めた。
諦めて、購入特記欄のところに、
『災害被害は大丈夫ですか。皆様の無事をお祈りします。日にちはいつでもいいので、時間指定だけしっかりお願いします。』と書いた。

寝る前にメールチェックしたら、
夜9時過ぎ岡山のそのショップから、
注文受注メールが着ていた。
まび記念病院では大変なことが起こっているのに?
同じ岡山なのに?
大丈夫かいな? と心配した。

月曜日、そのボロいリュックで学校に行った。
お昼を食べに行く途中で、さっちゃんに、
「ヨッシー。ジッパーが開いてリュック開いてるよー。わかってる?」と指摘される。
「ああ、これね。うさぎにジッパーかじられちゃってね。(ジッパー全開を直しながら)新しいリュック買った。」
しかし新しいリュックは、
岡山が豪雨被害にあってるのでいつ届くかわからない。

学校終わって7時前に帰宅。
メールチェックしたら、何と岡山から、発送しましたメールが届いていた。
豪雨被害が酷かったはずなのに、と驚いた。
佐川急便だったので追跡かけたら、
災害被害が出ている関西での経由も上手くいってるみたい。
それにも驚いた。
驚いたが、思ってたより早く届きそうだったので、ウキウキした。

翌火曜も朝からウキウキした。
私の新しいリュックは、火曜午前中に東京に入って、
何と火曜10日の夜着くことになっていた。
かーちゃんに、「今日リュック来るよ。来るよ。」
朝から嬉しくて何度も話した。

夜リュック届く。
開けてみると、思ってた以上にグレーがしっかりしている。
全然オッケー。
どうしてアウトレットなんだろうと思ってよく見たら、
下ポケットのジッパー部分にほんのちょっとの黒い汚れ。
全然気にならない。
早速かーちゃんに着た難病申請書類A4サイズを入れる。
すっぽり入って書類に変な癖がつかない。
わー良い物買ったーーー、と喜んで、
送られてきた袋の中を見てみると、手紙が入っていた。

手紙抜粋。
『……昨日までの豪雨による被害の応援メッセージが書かれており、スタッフ一同、感激し大変うれしく心あたたまる思いです。』
『……屋根の下まで水害にあった地域に親戚がいたり、床上浸水したスタッフの実家があったりと、天災の恐ろしさを目の当たりにいたしましたが、当店の倉庫と事務所は被害はありませんでした。』
『……暖かいメッセ―ジをいただき、さらに頑張っていこうと思いました。』

私はただ、
『大丈夫ですか。皆様の無事をお祈りします。』と書いただけなのに。
私の方が心がほっこりした。
大変うれしくなって、心があたたまった。

この手紙を読んで、復興ということを考えた。
天災にあって、これから何年もかけて、
暮らしを元に戻す『復興』をしていかなければならないだろう。

私達は募金をするのでもいい。
だけど本当の復興は募金するよりも、
その災害にあった地元の物を買ったりすることや、
その地元のサービスを利用したりして、
災害被災地の人が収入を得て、
暮らしていけるようになることが復興なのではないだろうか。

私は今回たまたま岡山の企業の物を買って、
たまたま1800円支払った。
きっとその企業の誰かの時給2時間分くらいだろう。
だけどそれが復興に繋がるのかもしれない。

去年一昨年その前と、何年も福島の桃を買った。
安かったこともあるが、
それが福島の桃生産者の誰かの収入になっているのだろう。
災害を乗り越えて、収入を得て、
きっとそれで暮らしていけるようになるんだろう。

西日本豪雨に遭われた皆様、
復興などというお気持ちの余裕がまだないでしょう。
人間は知らないうちに頑張ってしまう生き物です。
どうか今以上頑張らないでください。
無理をしないでください。
だけど東京から心より応援します。

そんなことを思った。

水害被害は地震被害より風化されやすい。
なので書いた。
長文を読んでくださった皆様、どうもありがとうございます。

180711.jpg
私の新しいリュック。
今日パーキンソン病の申請書類を先生に書いてもらいにお出かけしたので、
今日持っていった。
使い心地グッド。
また30年使うぞ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
posted by 加祥 at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする