1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2020年09月18日

老健2 エコバッグを持っていく

エコバッグ2つ。
これが用意して欲しい持ち物表に書いてあった。
エコバッグぅーーー?
平井で売ってるところがないので、
楽天した。
今日届いた。
ちょっと小ぶりなエコバッグだった。
とにかく持っていく。

I井さんがいて、すぐ対応してくれた。
エコバッグを渡して、かーちゃんの洗濯物を受け取った。
老健に入れて、何も用事がないわけじゃない。
お風呂に入るので洗濯物が出る。
クリーニングに頼んでいる人もいるらしいが、
うちは洗濯物を取りに行くのを選択した。

コロナで面会ができない今、
老健に用事があって、行けば、様子が聞ける。
「起きてればご飯、食べてらっしゃいますよー。昨日はおやつの時寝てらっしゃって、おやつ食べなかったそうですが、まー、おやつなので大したことじゃないですが、ご飯は食べてるそうですよー。」
「それは良かった!」
かーちゃんの様子が聞けた。

ドアを出たら、デイケアのI東主任と会った。
「(かーちゃんは)昨日今日でリハビリもしてますよ。喋ってましたよ(笑)。」
先週の月曜に骨折が判明した時、
I東主任と老健の1階で会ったが、その時に、
かーちゃんが喋らない、という話をしていた。
かーちゃんは喉の機能が落ちてきていて、
あまり喋らなくなってきていた。
「今ご飯食べてるって聞きました! 喋るの、良かった!」

江戸川区歯科医師会がやっている、
嚥下機能が落ちた人の事を診てくれる病院があるのを8月に知って、
そこでは機能訓練もしてくれるのを知ったので、
行こうかと思っていた矢先だった。

とにかく老健に行けば、
かーちゃんのことを長年知っていて、
どのように変化してきているのかを知っているスタッフがいっぱいいる。

老健の副看護師長さんにも「以前お会いしてるんですよ。」と、初対面のはずの火曜入所日に言われた。
火曜午前中にそう言われて思い出していたのだが、
なかなか思い出せず、あーひょっとして?
ひょっとして城東に入院してた時に会った看護婦さんかな?
火曜午後に持ち物を搬入した際に、
「ひょっとして前に会った時は、白い白衣を着てらっしゃいましたか?」と聞いたら、
「そうです。白い白衣時代。うふふ。」と言った。
今は副看護師長で、
ピンクの老健スタッフの上衣を着ている。

知らない人ばかりで、
関係を1から築かないといけない特養に、
いきなり入れないで良かった。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
posted by 加祥 at 17:33| Comment(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西先生51 かーちゃんのことを報告する

いつも夕方の時間からしか行ってないので、
午前中の診療時間はどうなっているのかわからなかったので、
昨日電話をかけて、今日の診療時間を聞いた。
今日9時半ごろのバスに乗って、西先生へ行く。

受付で診察券を出す。
「お母様のは?」すぐ受付のお姉さんに言われた。
「私1人のでいいんだ。」そう答えると、
「いつもお母さまの分、一緒じゃない。」
「かーちゃんは老健に入った。」
そう聞いて、受付のお姉さん2人とも、変な顔をした。
もう、そう言うのがギリギリだった。
泣きそうになった。
「薬だけ? 診察?」と追い打ちをかけられたので、
「診察。先生に話がある。」と答えた。

今日はお父さん先生なので、混んでいる。
1時間半ほど待った。
名前を呼ばれて診察室に入って待っていると、
いつもの採血看護婦姉さんと目が合ったので、
手を振った。
「さっき聞こえちゃったよ。老健に入ったって。」と言うので、
「そうなんだ。」としか答えられなかった。
採血看護婦姉さんと、かーちゃんと、私で、
いつも競馬のバカ話をしていた。
ゲラゲラ笑っていた。
泣きそうになったのを我慢した。

先生登場する。
かーちゃんのことを報告しなければならない。
こらえきれず涙声。
9月5日の土曜日に、かーちゃんを落っことして、
週開けたの月曜に骨折が判明して、
次の日火曜に老健に申し込みをして、と、
経過を延々と報告して、
老健に緊急に対処してもらって、
今週火曜に入所した話をする。
先生、ジッと話を聞いてくれる。
私ずっと涙声。
「すぐ入れて良かったじゃないか。」と先生は言った。
「今までの関係があったから、すぐ入れたんだよ。」

老健から、看取りの話や、
死んだ時の話を聞いたことを報告する。
自分では支えきれなくなった、
かーちゃんの首が後ろに倒れたままになって、
もう私ではどうにもならなかったことを報告する。
足も曲がったまま真っ直ぐに伸びなくなって、
腰も上げることができなくなって、
もう私の見様見真似の介護では、
どうにもならなくなったのを報告する。
その上、骨折した。
「先生、パーキンソン病でレビー小体病の要介護5を、私が介護するのはもう無理なんです。」
私が誰だか返事できない時も多くなってきた。
そんな矢先だった。
「もう、介護のプロにお任せした方がいいんです。」
話しながら、ずっと泣声。
先生は、黙って聞いてくれた。

「私ですか? 私はお腹もすくし、ご飯も食べてます。眠れてます。」
寝られなかったらマズイ、と思って、
かーちゃんが骨折してからこっち、
テアニンを寝る前に飲んでいるのだが、
それは言わなかった。
「次かその次に来た時に採血します。」
「はい。わかりました。」と言ったら、
先生が「(これからは)自分の事をやらないとね。自分の事だよ。」そう強く言った。

シバタに薬の処方箋を出して、L☆Hに行く。
珍しく店内に待ってるお客さんがいなくて、
すぐやってもらえた。
シバタに薬を取りに行って、お昼回っていたので、
王将でラーメン餃子をした。
島忠まで足を伸ばして、
島忠にしか売ってないB5のルーズリーフを買う。
バスに乗って戻ってきて、セブンの用事も済ませた。

長旅だった。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by 加祥 at 16:42| Comment(0) | 西外科胃腸科クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする