1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2020年12月01日

グラデーション糸を使ったランチョンマット

クリスマス会と正月に来客があるので、
ランチョンマットあるといいかも。
というわけで、いろいろ取り揃えて、
11月頭過ぎから作成開始。
自宅介護する時間がなくなって、手仕事が進められる。

生地は、うさのすけが、
かーちゃんの押入れから引っ張り出してきた紺のサッカー生地。
縦にミシン飾りを入れよう。
ミシンの飾り縫いのテストもしてみたい。
作製サイズは、縫い代入れて30×40センチ。
縫いちぢむ分と手仕事バイアスがあるので、
大ざっぱな大きさでいいや。

201102_01.JPG
30番と60番のグラデーション糸を買ったので、
ボビンがいるだろう。
ミシンを買った会社が出しているボビンケースを買った。

201102_02.JPG
ミシンキルティングをするので、
キルティング専用の送り押さえを買った。
結果を先に書くが、出番がなかった。
JUKIのミシン、コットンのキルティングくらいなら、
押さえがなくてもガンガン縫えた。

201102_03.JPG
グラデーションの糸を買った。

201102_04.JPG
30番と60番の各色、全部買った。
いわゆる大人買い。

201113_01.JPG
ミシンにセットすると、こんな風。

201113_02.JPG
30番糸で、しつけをかけた上からガンガン縫った。

201130_01.JPG
ミシンの飾り縫い。
ジグザク中。
ちょっと幅が大きく感じた。

201130_02.JPG
普通縫い。
糸の色味はわかるが、ちょっと寂しい。

201130_03.JPG
ジグザグ小。
布のふっくら感が出て、
なおかつ糸もきれいに見えた。

201130_04.JPG
パッチワーク飾り。
一番最初にこの飾り縫いがしたくて、
やり始めたんだけど、縫い幅が思ってたより大きくて、
ちょっとひつこく感じた。

以上4枚の飾り縫いテスト終了。
残りの4枚を仕上げるのに、
ジグザグ小が一番いいかな、と思った。
キルトのボリューム感が良かった。

201130_05.JPG
ミシンかけが終わって、バイアスでくるんだ。
曲がってたりよれたりしてるけど、
気にせず手仕事を進めた。
私は下手の横好きである。
売り物じゃなくて自分ちで使うものだもの。
曲がってたっていいのだ。

201130_06.JPG
裏もキルト綿がふっくらしている。
裏もグラデーション糸できれい。

201130_07.JPG
裏地は、何年も捨てないでとっておいた破れたシーツ。
破れてないところを使った。
言わなければ、
誰も破れたもので作ってるなんてわからない(笑)。

あと3枚バイアス取り付けが残ってるけど、
ゆいに持っていったりして、ゆっくり進める予定。

今日から12月だ12月!
後で年賀状買いに行くのよ。

今日からこたつとホットカーペットの電源を入れた。
足の裏が温かい。
足の膝が温かい。
うさのすけもこたつにこもった。
カレンダーに12月の予定を書き込んだ。
師走開始ですぞ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by 加祥(かしょう) at 09:09| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする