1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月
2021年12月〜2022年2月中旬くらいまで、資格取得の勉強のため、鑑定はお休みします。よろしくお願いします。


2015年01月08日

MIBG検査

2015年1月5日。
朝6時半に起きて、江東高齢者医療センターへ。
かーちゃんはMIBG検査を受けてきました。

朝9時に注射をして、いったん解放。
ご飯を食べても何してもいい、と言われて、
午後1時にまた受付4番に行って、
心臓の様子を多分レントゲン。

眠かったです。
お昼は病院内のレストランで中華丼を食べました。
かーちゃんはご飯を残さずに食べました。
お正月明けで、胃がちょっと大きくなっている模様。

帰りに錦糸町に出てつるかめでお買い物。

その帰り。
バスを降りて、バス停からうちまでの歩き道。
どんどんどんどん歩行が早くなる。
かーちゃん本人はゼイゼイ息をしている。
かーちゃんの左腕をいつも私が支えて歩いているのだけど、
歩行が早くて支えられない。
そう思った瞬間、かーちゃんは前のめりに転びました。

パーキンソン歩行です。

雨が降っていて、支えなきゃいけないので傘がさせない。
2人で雨に打たれる。

今度は倒れた体を起こそうとしても重くて抱きかかえられない。
「胸を打った。」
痛そうにしているのだけど、どうにもならない。
何とか起き上がってもらって、
部屋まで何とかたどり着いて、一旦落ち着かせることにした。

落ち着いたら何ともないと言うので、そのままにしてますが、
今日も転んだ。
今日は部屋に着いてから、玄関先で前のめりに転んだ。
おでこを打ったのですが、
また何ともないと言うので、そのままにしています。

ひょっとして病状が進行しているのではないだろうか。

検査ばかりでもう数か月。
早く診断してほしい。

今は打っても何ともないと言うので、そのままにしていますが、
この先、いつ転ぶかわからないので、
救急車を呼ぶよ、と毎日かーちゃんに言い含めています。

本人はどういったことかわかってないらしく、
救急車を呼ぶと言われても、ピンとこないらしいです。

ドーパミンの補充療法と言うのをやりだしていますが、
唾液が出る。
目がかすむ。
気持ちが悪い。
などの副作用があるらしいです。
イーシー・ドパール配合錠
posted by 加祥(かしょう) at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 順天堂東京江東高齢者医療センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック