2016年09月18日

宍戸先生そのいくつかわからないけど1

今週水曜夜、うずくまって動かなかったので、
焦ってひがし東京さんに駆け込んだ。
木曜日朝、宍戸先生から、今日休み、の電話がかかってきた。
金曜はかーちゃんの病院で動けなかったので、
ようやっと昨日土曜日、宍戸先生に行った。

受付してくれた奥様に、
何かもらってきた? って聞かれたんだけど、
お土産のレントゲン置いてきちゃって、と返事。
先生に、うさぎのキャリー持ったらレントゲン忘れました、
と返事。

先生開口一番、
「リンゴ一騎食いしたんだってぇー?」
とほほ。
そんなことまで筒抜けかー。
うずくまって動かなかったのを説明。
「もう大丈夫なんでしょ?」と聞かれたので、
「翌朝ケロッとしちゃって、いつも通りになりました。」
「(ひがし東京さんで)吐き気止めと、何とかと何とかを皮下注射したって言ってたから、ひどくなることはないよ。」

爪切りお願いして、終わったら、
「目も見ておこう。歯も見ておこう。お尻も見ておこう。」
チェックしてくれた。

お尻を見終わった先生が、うさのすけのお尻の毛を抜きだした。
「手で取ってあげるといいよ。」
こうやって取ってます、と身振りでお返事。
先生、抜くのをやめない。
「先生、今抜いても切りがないですよ。」
今換毛期なのだ。
触れば触るほど抜ける。
まだ抜きたがってるみたいだったけど、
抜くのを諦めてもらった。

レントゲンは次来るときに持ってきます、と言って退散。

160917_03.jpg
うちに帰ってきたうさのすけ。
キャリーに入れたの、そんなに怒ってなかった。
夜におやつもねだりに来た。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 加祥(かしょう) at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | うさのすけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック