2016年12月15日

東京城東病院整形外科6

朝起きたら、かーちゃんは自室の畳に座っていた。
「あんたどうしたの?」
ポータブルの脇に座り込んでいる。
「うーちゃんを追いやろうとしたら、転んで尻もちついて……。」
このバカたれめ。
また転んだ。
介護ベッドまで手でお尻を押しやって、
介護ベッドの柵につかまらせて、お尻のズボンを持ち上げた。
成功。
ベッドに腰かけることができた。
入れ歯磨いて豆腐食べて薬飲ませて、
今日は午前中城東病院整形外科。

年末15日なのに、今日は空いていた。
いつも壁際の椅子が満席なのに、
今日はその椅子に座ってる人が少なかった。
まずはいつも通りレントゲン。

「先生、今日転んだんですけど。」と、ご機嫌そうな中澤先生に言ったら、
「レントゲンは異常なしですよ。どこか痛いですか?」
「尾てい骨が痛い。」
「異状ないから大丈夫ですよ。薬出しますか?」
「いえ。売るほどあります。」とお断りした。
中澤先生からと、西先生から、売るほど湿布もらってある。
薬棚に入りきらないほどある。

次の診察は3月。
何だか知らないけど1週間早い。
明日もう金曜だ。
今日はこの後リハの先生がくる。

1度帰って、郵便局と中村屋へ行った。
味を占めたので、またもや細巻き寿司を買って帰った。
昨日ケアマネほっしーと、
いつまでミキサー食食べさせているのか?
という話を話したばかりだったので、
試験的に今日は1口そのままで食べさせてみた。
大丈夫だった。

コロッケとハムカツ買ってきたのだが、
衣がのどに詰まらないか心配したのだが、
コロッケも食べさせてみて大丈夫だった。
私がハムカツ一人占めしようとしていたのだが、
食べたいと申すので、仕方なく1/3ほど食べさせてみた。
「よく噛むんだよ。」
ハムカツも食べた。

山崎のバナナボートも買ってきてたのだが、
納豆巻き3口残してるのにも拘らず、
デザートは食べたいと言う。
「納豆巻き残してるのに、これは食べるの?」と聞くと、
「これは入るところが違う。」と言い訳した。
食い意地が張ってるのはわかっているが、笑った。
半分こしてバナナボート食べた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥(かしょう) at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック