1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月
2021年12月〜2022年2月中旬くらいまで、資格取得の勉強のため、鑑定はお休みします。よろしくお願いします。


2017年08月16日

Divinyls - I Touch Myself


当時全米トップ40で、
40位ギリギリで入ってきたこの曲が気にいって、
CD買って聴いてみたが、
この曲以外はあまりピンと来なかった。
この曲のイントロ、あのズダダダダダダの入りと、
ヴォーカルと、ギターのフレーズがかっこ良かった。
オーストラリアの2人組。
ナックのマイシャローナみたいに、
この曲だけの1発屋だと思った。

そしたらその後、オースティンパワーズで、
すっごいくだらない場面で、
この曲が使われているのを地上波で知る。
いいのか地上波でこんな映画流して! 
テレ東太っ腹! とその時思ったのだが、めちゃ笑った。

またやって欲しいよテレ東。
3作まとめて連夜か3週続きで放映して欲しい。


英語があまりわからなくて、
何のやつだかわからないのだが、
調べる気がないのは皆様に申し訳ないが、
2014年、女性の何かのキャンペーンソングになっている。
お婆ちゃんになってるオリビアニュートンジョンが出てて歌ってる。

ザ・ディヴァイナルズ
ディヴァイナルズのシンガー、クリスティーナ・アンフレットが闘病生活の末に53歳で死去

2013年4月、もう亡くなっていたのですね。
この曲が好きだった。
いや、今でも好きだ。
何度も何度も聴きたくなる。

2019年4月3日追記。
この女性のキャンペーンは、乳ガンのキャンペーン。
乳ガンで死んでしまったクリッシーの追悼にもなっている。

それと、オースティンパワーズがテレビで放映できない理由もわかった。
出演者に犯罪者がいる。
DVDやブルーレイも、その出演者カットで再販売されている。
観たかったら再販売を買うしかない。

今ディヴァイニルズがマイブームになっちゃってて、
とうとうCD買ってしまった。
寝る前にタブレットで毎晩聴いている。
クリッシーの声は、本当に魅力的だ。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Divinyls

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Chrissy_Amphlett




ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 加祥(かしょう) at 18:10| Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。