1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2017年09月06日

城東老健44 左隣のお婆ちゃん

行ったら、
テーブルに置いてあるごみ籠の字が見えないと申すので、
あんた眼鏡は枕元に置いてあるよ、と言った。
そしたら、こっち(フロア)には持ってこれないと申す。
どうして? と聞いたら、
ここに置いておいたら取られる、と言った。
左隣のお婆ちゃんに塗っていた塗り絵を取り上げられて、
丸めてトイレに捨てられたそうで、
かーちゃんは左隣のお婆ちゃんのことを警戒している。

それで、もう少し掘り下げて、言ってる事を聞いてたら、
左隣のお婆ちゃんが、
腕を引っ張る、服を引っ張る、つねる、んだそうで、
「何するの!」と言ってもやめない、んだそうだ。
2回も3回もそういうことがあったそうだ。

フロアでかーちゃんが声を荒げているのが何度か聞こえたそうで、
普段はそんなことないのにおかしいな、と思っていた。
この話しはI井さん(老健ケアマネ)から聞いた。

これはいかん。
こういうことがありそうだから、
老健に面会に行くのはわざと4時前後にしている。
事務所が閉まる5時前なら職員がいるからだ。
対応してもらえる。
「わかった。その話はI井さんに言っとくから。」
すぐさま面会終えて、1階に降りた。

事務所をのぞいたら、都合がいい事にI井さんがいた。
さっき言われた顛末をお話しした。
「様子を観察しまして、対応いたします。」とのこと。

かーちゃんは、キーーーーッってなるタイプの女だが、
理由もなく声を荒げることはない。
左隣の認知症のお婆ちゃんに、よっぽど驚いているんだろう。
2度も3度もあったんじゃ毎日たまらないだろう。

テレビが観られる席に移動できたのは良かったが、
今度は左隣の認知症お婆ちゃんが悩みの種になった。
この件、どうなるか。

老健行く前に小松川事務所で書類取って、
かーちゃんのシルバーパスの更新に行った。
その足でラブヘアーに行ったら、
店長さんにやってもらうことになった。
店長さんにやってもらうの何年かぶり。
「前髪はおでこの半分くらいで、長さはこの辺で……。」とお任せしたら、
いつものボブカットではなく、シュートヘアにされた。
店長はボブよりショートのが得意なんだな多分。
片桐ハイリにして欲しかったんだが、まーいーか。

老健の介護士のお兄さんに、「髪切られました?」
「ええ。ついさっき。」
毎日行ってるので職員の皆様から、
誰の娘さんなのか覚えられている。
掃除のおじさんとも毎日顔が会うので、
気さくに声をかけてもらっている。
悪いことはできない。
するつもりはないが、ここでは面がわれている。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 17:43| Comment(0) | 城東老健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。