1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2018年09月02日

枕カバー1

毎日面倒くさい病にかかっているわけではない。

昨日好きなことやっていいのよ、に、2時間時間が作れたので、
ミシンを出した。

180826_01.jpg
新しいミシン。
ジューキのミシンである。

180826_02.jpg
型番HZL-MM77E。
2018年製品。
今年製品というのが決め手で買った。

180826_03.jpg
一番欲しかった機能。
自動下糸調子。

180902_01.jpg
枕カバーだよー。

かーちゃんのブラウス、多分20年くらいお気に入りで着てて、
さすがの年代物で、もう縫い代がほつれちゃってて、
身ごろにまでほつれが出ていて、
「もうこれは直せない。捨てる。」と言ったら、
物凄く嫌な顔をしたので、じゃあ枕カバーにする、と返した。

左っ側の植物の生地は、かーちゃんのブラウス。
右っ側は、着るとお腹出ちゃって、
パツンパツンになってしまう私のアロハ。
もう何年か着てない。
2つを合体させた。

180901_01.jpg
何故合体なのかというと、
かーちゃんのブラウス隠しボタン式、
私のシャツはスナップボタン式。
どちらも押して止める式のボタンだ。
同じ形式のボタン同士で1枚布を作りたかった。
それでボタン部分をそのまま使えば、枕カバーの裏側に使える。
ジッパーつけなきゃ、とか、
そんなヒチ面倒くさいことに悩まなくて良い。
2枚のボタン部分を上手く合体させる。

裏で縫い代がほつれてくるのが嫌だったので、
表面で三巻縫いした。
強度も出る。

180901_02.jpg
ボタン閉じたところ。
シャツのボタン部分を使って、
いろいろリメイクされてる方けっこういる。
私はオレンジページのお裁縫記事で、
Yシャツを使ったクッションカバー、枕カバーを知った。
いつかやってみよう、と覚えていた。
今回は2枚のシャツを使っての応用編だ。

見えてないけどジグザグ縫いで縫い代もかがった。

物を作る作業ってやっぱし良い。
枕カバー1枚作るだけでストレスが抜けていく。
面倒くさい病が物凄く治まっていく。
そうだよ。この達成感が欲しかったんだよ。
枕本体を3つ作ったので、カバーもあと少なくても2つ作る予定。

かーちゃんが生きているうちからの、遺品整理な気分になった。
多分あと何年もこの枕カバー使うんだよ。
かーちゃんがそのうち死んだら、枕見る度に、
これはかーちゃんのブラウスだったな、と、
かーちゃんのことをきっと思い出すんだよ。

出来上がった枕カバーをかーちゃんに見せた。
「いいでしょう? ほら、裏に返すとちゃんとボタンで留められるんだよ。ジッパー要らずだよ。」
「いいね!」顔がほころんだ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

今さっきかーちゃんと話した。

枕カバーにリメイクされた植物柄のブラウスは、
かーちゃん自分で作ったそうだ。
20何年着ていたそうだ。
かーちゃんがWinsに行く時に、肌シャツの上に、
ひょいっと羽織って出かけるのを何度も見ていた。
お気に入りのシャツだった。

もう直せない、捨てる、と言って悪かった。
捨てると言った時、物凄く嫌な顔したのがわかった。
自分で作ったブラウスだもん。
愛着あるよね。
posted by 加祥(かしょう) at 10:33| Comment(3) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいセンスです!枕カバー。@@
私は、ミシンできなくて。手縫い派

ミシン、家にあったんだけど、
使いこなせなくて、だいぶ前に友人に
あげてしまった。^^;;

活用できてる人、尊敬します!
Posted by D at 2018年09月02日 13:05
私もね、前のミシン、コンピューターミシンでね、全然使いこなせないまま壊れた。

結局、基本直線とジグザグだけあるといいかな、それと自動下糸調整! という結論になって、
このミシンを買いました。

ミシンは慣れかな。
メーカーで個性が違うので、慣れれば扱いやすくなるよ。
Posted by よっしー at 2018年09月02日 14:20
あ、褒めてくれてありがとう。
すっごくうれちーーー。
Posted by よっしー at 2018年09月02日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。