1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月
2021年12月〜2022年2月中旬くらいまで、資格取得の勉強のため、鑑定のご依頼はお休みします。よろしくお願いします。


2021年02月05日

小松クリニック54 バレンタインの練習したのをあげる

本日小松クリニック。
行ったら、何と! 待ち合いに誰もいなかった!
私1番目じゃん!
久しぶりに診察室へ入る。

「先生、昨日バレンタインの練習したんだけど、協力してくれない?」
いきなり切り出して、コンビニ袋から包みを出した。
210204_07.JPG
「うわぁ、どうしたの、これ?」
「昨日作った。」
昨日新しいレシピのクッキーを作った。
練習である。
ゆいでバレンタインにクッキーばら撒いていい許可を、
昨日O西さんから返事もらった。
なので、練習で焼いたやつを、
食べてもらうのに協力してほしかった。

「先生、受付のスタッフさんにもあげて。」
「じゃあ早速渡しておこう。」
先生はドアを開けて、
私が手作りしたお菓子だよ、と言って、
受付のお姉さんにレジ袋を渡した。

ずいぶん小松と話してなかったので、
かいつまんで近況をいろいろと話す。
「お母さん、どうした?」
「生きてる。」
「生きてるぅ?」
コロナで面会謝絶なのを話す。
「洗濯物が出てくるから、生きてるとしかわからない。」
「お母さん、老健から出てきてまた一緒に住むの?」
「次は特養。」
老健追い出されることになったら、
次は特養なのを話す。

今月末から介護職員初任者研修の資格を取りに行くので、
その話しもしておいた。
「先生、私ね、お菓子作るのと占いの勉強してるのと、介護しかしてないんだよ。お菓子は教室開けるようにしたし、占いの勉強もまだ続けるけど目途が見えてきたし、今度は介護の資格を取りに行く。」

午前中だけ働きたいのを話した。
コロナが治まったら、
午後はかーちゃんの食事介助に行かないといけなくなるだろう。
しかも毎日。
食事介助に来てください、と、
老健から言われるだろう。
だから午後は空けておきたい。
午前中にだけ仕事をしたい。
仕事をするにあたって、介護しかしてなかったから、
介護に関係ある仕事をするのがいいであろう。
仕事をしていないブランクがあるが、
かーちゃんの介護を今もしている。
その介護しているブランクになる期間は、
介護職ではプラスにとってもらえる。
なので、資格を取りに行くことにした。

本当は、
かーちゃんが家にいるころから取りに行きたい資格だった。
行きたいと思うようになってから、かーちゃんが、
あれよあれよと要介護5、要介護4になって、
私が家で介護しないといけなくなって、
何年も外に出られなかった。
今この状況なら、お教室に通える。
それで決めた。

診察室を出たら、受付のお姉さん2人に、
「売ってるお菓子みたい! すっごく可愛い!」と褒めてもらった。
「もう中身見たの?」と聞いたら、お姉さんは、
レジ袋からパッケージしてあるクッキーの入った袋を、
「ほら、可愛い!」と言いながら、目の前に出してきた。
袋の裏は、可愛いマステで止めただけ。
女子に好評である。
良かった良かった。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by 加祥(かしょう) at 17:25| Comment(0) | 小松クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。