1件1100円(税込み)〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月
2021年12月〜2022年2月中旬くらいまで、資格取得の勉強のため、鑑定はお休みします。よろしくお願いします。


2021年11月04日

うさきちかもしれなかったらどうしよう

211012_03.JPG
うさこ(仮)ちゃん、うちに来て9週目になる。
いろんなところで足を伸ばして、
リラックスしてくれている。
飼い主冥利につきる。

昨日のブログ書いてから、ずっと思っていること。
うさこなのか? うさきちなのか?
オスでもメスでも、
愛している気持ちには変わりないが、
呼び名がうさこちゃんからうさきちに変わることに、
ちょっと抵抗がある自分がいる。

もう2カ月も、うさこちゃん、と呼んでいる。
慣れ親しんでいる。
うさこちゃんも、うさこちゃんと呼ばれて、
走ってこちらに飛んでくる場面も多くなってきた。
『うさこ』が自分の名前だと認識し始めている。
わー名前がわかったんだー、と嬉しくなっている。

初代うさぎを飼った時に、
宍戸先生(4代目のお父さん先生)に、
オスかメスか診てもらって「メス」と言われた経験がある。
女の子なんだー、
うさぎちゃんだね、って思っていたら、
「うさぎちゃん」って呼んでいたら、
うちにきて4、5か月頃、
うさぎの股間にピンク色の物が出てきた。
睾丸がおりてきたのだ。
そして私に毎日カクカクするようになった。

次に宍戸先生に行った時「男の子だね。」と言われた。
ずっと女の子だと信じていたのに、実は男の子だった。
ものすごいショックだった。

かれこれ18年くらい前に、そういう経験がある。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
posted by 加祥(かしょう) at 11:35| Comment(0) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。