2014年08月11日

チーズクッキー

チーズは普通のプロセスチーズを使います。
有塩バターで作ると塩みが強くなります。
無塩バターで作っても、チーズの塩分があるので塩みが出ます。

■材料■
・ 小麦粉     200g
・ プロセスチーズ 60〜80g(お好みで)
・ バター     100g (有塩でも無塩でもOK)
・ 砂糖      50〜70g(お好みで)

■作り方■
1. バターとチーズを1cmくらいにスライスし、 耐熱の器に入れ、ラップをしないでレンジに1分かける。

2. チーズが溶けているのを確認したら、すばやくボウルに移して泡だて器で混ぜる。(耐熱ボウルを使っている場合は、そのまま混ぜる。)チーズがすぐ固まってしまうので、すばやくグワーっと混ぜてください。

3. ある程度混ざったら、砂糖を入れてさらにグルグルよく混ぜる。 細かいチーズのかたまりがあってもかまいません。

4. 振るわなくても大丈夫ですが、振るった小麦粉を一気にボウルに加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。

5. 粉っぽさがなくなったら、ひとまとめにして冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

6. オーブンの予熱170℃開始。

7. 寝かせた生地を取り出し、5mmくらいの厚さで型を抜くもよし、円筒形にまとめて冷凍庫で冷やし、厚めに切るもよし。 好きな形に形成して16分ほど焼く。 冷めて固まったら出来上がり。

チーズクッキーうさぎちゃん.jpg
型抜きしてみました。
これはうさぎちゃん。

チーズクッキーくまちゃん.jpg
こっちはクマちゃん。
生地に見える粒つぶはチーズです。

漫画読みながらバリバリ食べたくなるので、
たまにヘビィーローテーション化して焼いています。
かーちゃんも朝のコーヒータイムで食べてます。
posted by 加祥(かしょう) at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

酢いりこ

酢いりこ01.jpg
その名もズバリ、酢いりこです。
かーちゃんのおやつとして年中常備しています。

材料
いりこ  80g
酢    100cc

作り方
1.密閉容器などにいりこを入れる。うちでは、はちみつの空き瓶を使用。
2.酢を入れてふたをし、酢がまんべんなくいきわたるように瓶を振る。
3.いりこが酢を吸ったらできあがり。
posted by 加祥(かしょう) at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

梅ジャム寒天

のし梅.jpg
梅ジャムを寒天で固めた、梅ジャム寒天です。
とってもおいちーです。
お店売りの、
梅味和菓子が食べられなくなりそうなくらいおいちーです。

材料
梅ジャム 350g
粉寒天 8g(または棒寒天1本 )
水 300cc
砂糖 100g

作り方
1.鍋に水と粉寒天を合わせ弱火で混ぜ合わせる
2.よく混ざったら砂糖を入れて5分ほど煮る
3.梅ジャムを入れてよく混ぜる
4.容器に流し込み冷蔵庫で冷やす
posted by 加祥(かしょう) at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

新じゃがと挽き肉の煮物

新じゃがの煮物.jpg
新じゃがとひき肉の煮物です。
新じゃがが出回ったらよく作ります。
ひき肉は何でもOK。
クックパッドのレシピでは甘すぎるので、
砂糖を減らしています。

材料
新じゃが  1袋
挽き肉(豚や鶏、合挽き) 150〜200グラム
さやえんどうや玉ねぎ 適量
水      300CC
顆粒だし   大さじ1
砂糖     小さじ1
醤油     大さじ1.5
片栗粉    大さじ1

作り方
1.新じゃがは洗って食べやすい大きさに切る。だいたい半分くらい。
2.耐熱皿にいれてラップをし、600wで7分くらい加熱する。うちはシリコンスチーマーを使っています。串を指しすっと通ればOKです。
3.鍋に挽き肉を入れて加熱し、炒める。油が出始めたら加熱したジャガイモをいれて混ぜ合わせ、彩りでえんどうなどを入れて炒める。
4.水、顆粒だしを入れて、沸騰したら火を弱めて砂糖、醤油を入れて中火で5分くらい煮込む。
5.一度火を止めて、水15ccで溶いた片栗粉を入れて混ぜ合わせ、再び火をつけ、とろみがついたら完成です。
posted by 加祥(かしょう) at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

納豆を美味しく食べよう

13042101-thumbnail2.jpg
血糖値を下げると言われている納豆。
うちではこんな風に食べています。

まず器に鰹節軽く1掴みを、手で細かくして入れる。
次に、冷蔵庫にある、
納豆に入れられそうな野菜を入れていきます。
この日は、大根、ねぎ、オクラがありました。

大根1人1センチほどの輪切りを鬼おろしでおろす。
ねぎはお好みでみじん切り。
オクラは1人3本ほど細切り。
野菜の量は、お好みで入れてください。

次に梅干し。
梅干しは細かく切って1人1個。

最後に納豆。
納豆のパックについているからしと出し醤油も入れて混ぜ混ぜ。
1パックを2人前にするので、半分を器に入れます。

野菜の分の塩分が足らないので、
醤油か塩をお好みの味付け分足します。

最後に、全部を混ぜて完成。
わたしはこれで、納豆嫌いを克服しました。
梅の風味が効いてて、鰹節の味も効いてて、
とってもおいちーです。
しらすや、じゃこの佃煮なんかを入れてもおいちーです。
posted by 加祥(かしょう) at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

炊飯器でかぼちゃの蒸し煮

炊飯器でかぼちゃの蒸し煮.jpg
炊飯器一升炊きの場合
・かぼちゃ   半分
・砂糖     大さじ3〜4
・お酒     大さじ3
・みりん    大さじ1
・塩      小さじ1
・顆粒だし   気持ち
・醤油かめん汁 好み(味が足りない場合や味が濃い方が好きな場合)

1.かぼちゃを1口大にカット。
2.炊飯器のお釜に、かぼちゃを入れる。
3.かぼちゃの上から、砂糖をまんべんなくふりかける。お釜を振って揺らして砂糖をいきわたらせる。
4.30分くらい放置。 すると砂糖が溶けて、かぼちゃから水分がでてくる。
5.そこに、塩、酒、みりん、顆粒だし、入れたければ醤油かめん汁を入れ、お釜を振って揺らして調味料をいきわたらせる。
6.炊飯スイッチオン 。

鍋で煮るより、かぼちゃがびちゃびちゃにならなくて美味しいです。
味も薄味で、かぼちゃがまるで栗のようにホクホクです。
posted by 加祥(かしょう) at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼きたてベーグル

ベーグル.jpg
■材料 ( 6個分 )
・強力粉 300g
・ドライイースト 小さじ1 (1袋3g)
・砂糖 大さじ1
・ぬるま湯 180cc(40℃。お風呂くらいの温度)
・塩 小さじ1
・はちみつ 大さじ2(なければ要らない)
・ハム、チーズ、あればレタス、トマトなど。(マヨネーズ)

■作り方
1.ボールに材料をすべて入れる。強力粉の真中にドライイーストと砂糖を入れて、端に塩を入れ、真中にぬるま湯を入れて、はじめは指先で混ぜて、全体に混ざったら手のひらで10分こねる。 はじめは手についていた生地が、こねるうちにだんだんまとまってくる。
2.生地を6等分して柔らかくラップをし、暖かい場所で10〜20分休ませる。(この醗酵が長いほどフワフワ、短ければずっしり。)
3.オーブンの余熱200℃を開始する。
4.丸めた生地の真中に人差し指を突き刺して,両手の人差し指でクルクル回して穴を大きくする。40回くらい回す。
5.フライパンにお湯を沸騰直前まで沸かし、湯に入れて片面30秒くらい両面ゆでる。 お湯にハチミツ大さじ2を入れるとつやが出る。(なければ省略)
6.ベーグルの水気をよく切って、予熱したオーブンで15分焼く。

※焼き立てに、ハムとチーズを挟みましょう。お店では食べられない味です。
posted by 加祥(かしょう) at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏ひき肉とごぼうのつくねハンバーグ

13051702-thumbnail2.jpg
■材料
・鶏挽肉 300〜400g
・ごぼう  1/2本
・すり胡麻 大さじ2  
・卵    1個
・料理酒  大さじ1
・片栗粉  小さじ2
・塩    小さじ1/2

■たれ
・みりん  50cc
・麺つゆ  50cc

■作り方
1.ごぼうを細かいささがきにする。アクを取る為に水に浸す。軽くアクが抜けたら水分を取る。
2.材料全てをボールでしっかり混ぜる。8等分にして小判型にする。
3.フライパンを熱して油を馴染ませて、形作った2を入れる。
4.弱火でじっくり中に火が通るまで片面10分焼いて、すこし焦げ目がついたら、裏返してさらに10分焼く。
5.たれのみりんとめん汁を入れ、煮詰めてからませる。
posted by 加祥(かしょう) at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

ベイクドチーズケーキ2013年度版

ベイクドチーズケーキ.jpg
■土台
・オレオ9枚94.5g(半パック)。はさんであるバタークリームも使用。
・バター30g

1.2重にしたビニール袋にオレオを入れて細かく砕く。
2.溶かしバターとオレオを混ぜる。 この時、指でさわってゴツッとしたオレオがあったら、指でつぶす。
3.型の周りにうっすらバターを塗っておく(バター分量外)。
4.スプーンの背を使ってグイグイ押しながら、20p丸型に敷き詰める。
5.生地が出来上がるまで冷蔵庫に入れておく。

■ケーキ生地
・クリームチーズ200〜250g
・砂糖60g
・卵2個
・生クリーム200cc
・レモン大さじ3(レモン半分)
・小麦粉大さじ3 (27g)

1.クリームチーズはレンジで30〜60秒加熱する。
2.オーブンを170度45分に予熱する。
3.クリームチーズを混ぜたら次は砂糖を入れて混ぜる、というように、 生地の材料を上から順番にボールに入れて混ぜていく。
4.全て混ぜ終わったら、生地を型に入れて、170度に温めておいたオーブンで45分焼く。
5.竹串になにも付いてこなかったらOK。
6.焼き上がったら、オーブンから出して粗熱を取り、型から外して網の上で冷ます。

ベイクドチーズケーキ切ったところ.jpg
去年12月にオーブンレンジを新しくしたのですが、
このオーブンだと焼き時間がちょっと長いみたいです。
ケーキの表面が多少いい色になっています。
焦げが気になるようだったら、焼き上がりの10分前くらいに、
アルミホイルをかけてみて、焼き色を調整してもいいです。

これは、東京福祉専門学校の、
キャリアデザインコミュニケーション科の生徒さんに、
教える機会
があったので、練習のために焼きました。
3年ぶりくらいかな。
講師をする時は、必ず作るものを練習します。

このケーキは、自分のお誕生日ケーキにもなりました。
作った初日、
「土台が苦い。」と、試食係から苦情をもらって、
かーちゃんは土台を食べ残していましたが、
「オレオはこういう味。」と言い返して、食べてもらいました。

作ってから4日目のケーキは、土台も味が馴染んだようで、
お誕生日には美味しく出来上がりました。

これを作り出すようになってからは、
他所でチーズケーキが買えなくなりました。
とってもおいちーですよ。
posted by 加祥(かしょう) at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酢ドリンク

お酢ドリンク.jpg
お酢ドリンクです。
作り方はとっても簡単。

酢1:果物1:砂糖1。

画像はバナナお酢ドリンクを作っているところ。
容器はいつもはちみつの空容器を使っています。
お酢250cc:バナナ:250g:氷砂糖250g。

容器に果物と砂糖を交互に入れていき、
最後にお酢を入れます。
ふたをして、冷蔵庫に入れ、毎日1回上下を混ぜます。
1週間で飲めるようになります。

お酢は血圧を下げて、血糖値を下げてくれます。
このドリンクは、糖尿高血圧予備軍の我が家に、
ぴったりの飲み物です。

いつもかーちゃんが家に帰った時に、
低脂肪乳で割って出しています。
お水やサイダーで割ってもおいちーですよ
posted by 加祥(かしょう) at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする