1件1000円+税〜の価格で、九気性気学・周易鑑定をさせていただけるお客さまを募集しています。 郵送やパソコンメールで鑑定しますので、遠方の方も鑑定いたします。 詳細は次のリンクページをご覧ください。
九気性気学・周易の鑑定します2020年1月


2020年09月08日

整形外科 かーちゃんを落っことす、その後

土曜日に、かーちゃんを、
ベッドから車椅子に移乗の際、落っことした。
変な体制で7分くらいいた。
ケア21のヘルパーさんに来てもらって助けてもらった。
その後。

日曜午前中に、
かーちゃんの腕が青く内出血しているのを発見した。
手に触ると、腕がブランブランしている。
おかしい。
だけど痛がらない。
もしや骨が? と思って、城東の日曜診療に電話する。
思っていた通り、整形外科の先生はいなかったので、
すぐ診てもらいたかったが、
月曜に整形外科に行くようにした。

月曜日。
受付終わって整形外科の前で順番待ちをしていたら、
かーちゃんが臭い。
大の臭いがする。
かーちゃんはもう、自分の意識の管理で、
大と小ができないのだ。
出したい時に垂れ流し。
ズボンやら車椅子やらを汚していて、
かーちゃんは大をしていた。
急いであわてて持っていたティッシュで拭いたが、
それでは間に合わない。

デイケアの人に助けてもらおう。
そう思って、通路を通ってデイの方に行った。

運良く、老健ケアマネのI井さんが目の前にいた。
駆け寄って、「今整形外科で順番待ちしてるんですけど、(かーちゃんが)大の方を失禁しちゃって、服の替えとか持ってなくて、助けてもらえないですか?」と言うと、
「2階で聞いてきますから、ちょっと待っててくださいね。」と、快く返事をしてくれた。
2階で、かーちゃんの失禁の処理をしてくれた。
替えのズボンまで貸してくれた。

診察。
レントゲンを撮る。
結果。
「残念ですが骨折しています。」
入院か? と思ったが、先生が、
「手術するとなると、ご高齢ですし、全身麻酔のデメリットがあります。そういうことを考えると、このまま自然治癒の方がいいかもしれません。」と言われて、薬も痛み止めも処方がなかった。

私がかーちゃんを骨折させてしまった。
もう私1人では介護できないのかもしれない。
8月以降、かーちゃんの体の硬直が前より進んでいて、
移乗するのが、毎回大変だ。
また落っことしちゃうかもしれない。
毎回ヒヤヒヤしている。

だけど、何とか、
かーちゃんが家にいて過ごせるようにならないか?
かーちゃんのVHSコレクションを、

ようやっとダビングして、
ブルーレイで見られるようにしたばかりだ。
だけど、この8月以降、
「私はだぁれ?」と私の事を聞いても、返事をしない日が多い。
私が誰だかわからなくなってきている。
自分の名前を呼ばれても、
返事をしない日の方が多くなってきた。
だけど10日くらい前には、
自分が録ったVHSを「見たい!」と返事をした。
その返事を信じていた。

だけど、このままうちにいたら、
私がかーちゃんを殺してしまうかもしれない。
ミキサーとろみ食にしているが、むせる。
このまま詰まったらどうしよう、といつも思う。
またかーちゃんを落っことして、ケガをさせるかもしれない。
事実、そうなった。

何とかそれでも、まだ意識が残ってるかーちゃんが、
家で過ごせるようにならないか?
そう思って、私1人ではもう介護無理なので、
介護ヘルパーを入れるのを考えた。
自分ちでのかーちゃんと自分のサイクルを考えて、
ヘルパーさんに移乗をやってもらおう。
ケアマネに相談した。
「点数が足らないよ。」そう言われた。
私が理想としたヘルパーさん導入は、すぐ却下された。
それは昨日の話。

自分で移乗させないといけない。
それはもう無理だからできない。
「施設に入ってもらった方が、料金は安くなるよ。」そうケアマネは言った。
自分でできないのを人にやってもらうのに、
ヘルパーではなく施設入所を考えないといけないのなら、
家から近い施設がいい。
そう思った。

今日、老健に電話した。
入所したい旨を伝えた。
かーちゃんとさよならする日が近くなった。
泣きそうになった。
胸が痛い。
かーちゃんを施設に入れる私を、許してくれるだろうか。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
posted by 加祥 at 16:33| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

かーちゃんが腹が痛いって

「痛い! 痛い!」かーちゃん部屋から叫び声。
居間にいるのに、かーちゃんの声が大きく聞こえた。
お湯沸かしてたので、離れられなかったので、
終ってからかーちゃん部屋に行った。

「どこが痛いの?」
「この辺。」
かーちゃんはおへその右側に手を当てた。
「晩ご飯食べられる?」
「食べたくない。」と言う。
「病院行こうか? どうするか?」
「様子見でいい。」と、かーちゃんは言ったが、
様子を見ていると必ず悪化して入院する(逆流性食道炎の時)ので、
自室に戻って城東に電話した。
「先生診てくれるってさ。」
城東は東京都の第2指定病院なので、急患さんも診てくれる病院だ。
「車椅子を押して、20分で行きます。」受付事務のお兄さんの電話でそう答えた。
そんな良い病院が、あの急な橋を渡ればある。

レントゲン撮ってもらって先生の診察。
「うーーーん、レントゲンではどこも悪くないですよ。」
「あーーそうですか。良かったー。」と言ったが、
緊急入院してくれたら手間がかからなくていいのにな、とも思っていた。
その夢は終わった。

看護婦さんと介護士さんに
「ご飯1食くらい食べなくても大丈夫ですよ。」と言われたのだが、
「パーキンソンと糖尿の薬を飲ませないといけないので、どうしたらいいですか?」と聞いた。
「そしたらヨーグルトでもゼリーでもいいから、ちょっとお腹に入れて飲ませたらいいですよ。」

夜もカロリーメイトゼリーアップル味を食べさせる。
薬を飲ませる。
終了。

自分のご飯だけを作るのがめんどくさかったので、
久しぶりにマルタイの棒ラーメンを作った。
かーちゃんが誤嚥で麺類駄目になってから、
インスタントラーメンを食べられなくなった。
この間のネットスーパーで、マルタイラーメンを見つけたので、
どうしても食べたくなって1袋買って置いてあった。
「あんたが麺類食べられなくなったから遠慮してたけど、あたしラーメン食べよう。」

2年ぶりか3年ぶりくらいで、家でインスタントラーメンを食べた。
しかもマルタイ。
超バカうま。

「今度また痛くなったら言うように。」
今日はいつも通り、冬用のフリースとズボンをはかせていたが、
寝る前に春物の上下に着替えさせた。
「キルト綿の肌着で春物着てたら、そんなに寒くないから。」
ベッドに横にした。

明日は気温19度になるそうで、
何を着ていいかわからなくなってきている。
もう春物でいいな。
私も春物の上下に着替えた。
桜ももうじきなんだね。
そんなことを思った。

日曜日夜にかーちゃん腹が痛くなって城東に行った件、解決。




にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
posted by 加祥 at 22:39| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

整形外科 今週も膝が痛い

まだ膝が痛いと申すので、昨日連れて行った。
そしたらまー、混んでる混んでる。
連休明けの火曜、物凄い混み方。
しかも中澤先生休み!
本人は中澤先生に診てもらいたかったのに、駄目でした。

物凄い混み方だったので、
あーー西先生に行けばよかった。
どうして診療表確認して来なかったんだろう。
待ってる間中そんなことをずっと思っていた。

かーちゃんの痛い左足膝。
レントゲン撮っても異常なし。
初めて病院長先生に診てもらったが、
また湿布くれようとしたので、丁寧にお断りした。
ロキソニンだけ処方してくれた。

帰ってご飯食べて4時過ぎ。
日が落ちて夕方過ぎ、
行きたくなかったけど食材の買い物に出る。

夜ご飯の時間には全然お腹が空かなかったので、
昨日は1日2食になってしまった。

寝る時間ご飯時間等ズレズレになっちゃって、
かーちゃんは今朝はゼリー飲みながら舟を漕ぐ始末。
デイケア行っても眠いだろうな。

今回もまた膝の具合の様子見です。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 15:51| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

整形外科 原因がわからない膝痛

先週関節血症で行ったばかりで、
かーちゃんの膝痛は治ったと思っていたところ、
今週月曜にもまた膝痛になった。
「前と同じところが痛い。左が痛い。右が痛い。」
様々言うので困ったところ、
ベッドや車椅子に移動する時に力が入らず立てなくなり、
困ったことになった。

「あんた明日中澤先生と西先生どっちがいい?」
最高に贅沢な名医究極の二者択一だ。
選んだ方の病院に行こう。
中澤先生がいいと言った。

火曜午前中城東病院へ。
選んだ通り中澤先生に診てもらう。

先生と、痛くなった原因がわからない。
わからないのに、また膝にお注射だ。
かーちゃんの右膝、血が出てきたが、先週より出てこない。
「古い血がちょっとでてきたね。」
次は左膝。
こっちは何も出てこない。
針を膝の中でグリグリ回される。
もう見ているだけで痛そう。

左の膝内側がちょっと熱を持ってるようなので、
湿布をくれようとしたが、
「湿布薬売るほどあります!」と申し出て、
結果、痛み止めをもらって帰ってくる。

立てない。
テープ式おむつをしているくせにおしっこは漏らす。
車椅子に乗れない。
おむつ替えで足が痛いと騒ぐ。

あんた痛いのが治まるまで施設に入ってくれないか。
もう面倒みきれない。
うちは介護施設ではない。
そう話した。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 14:54| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

整形外科 関節血症

昨日の夕方5時過ぎ。
デイサービスから帰ってきて、ベッドに移したら、
かーちゃんは「痛い!」と叫んだ。
よくあることなので、あまり相手にしなかった。

そしたら晩ご飯時、痛くて晩飯が食えない、とぬかす。
どこが痛いの?
右の膝。
ご飯食べたくないの?
食べたくない。
仕方なく、ゼリー食わせる。
薬を飲ませる。

ぜリー食べさせながら、
火曜は中澤先生がいるので、診てもらいに行こう、と話した。
すっげー嫌な顔をした。
「西先生では入院できない。万が一(入院)があるから城東で診てもらう。どうせ診てもらうなら中澤先生がいい。」
反論のグゥの音も出ない決定打を言い放つ。

中澤先生は、
かーちゃん2015年大腿骨骨折の時に手術してくれた先生だ。
2017年圧迫骨折の時も診てくれた。

痛み止めを飲ませるか悩んだが、明日診てもらう時に、
痛みの具合がどんなかを説明しないといけないだろう。
なので可哀想だが飲ませなかった。

今朝朝9時半はまだ雨が降ってなかった。
かーちゃんと自分のウィンドブレーカーをカバンに入れて出撃。
かーちゃんの膝には、
初代うさぎがジッパーを壊したウィンドブレーカーをかけた。
こういう雨の日のために捨てられなかった。
今日活用。

病院で待った。
待ったけど中澤先生が診てくれた。
「右の膝腫れてるねぇ。水がたまってるみたい。とりあえずレントゲン。」
本当だ。
よく見たらかーちゃんの右の膝が1.5倍くらい腫れている。

レントゲン待ちながら
「言われないとわからなかったね。」とかーちゃん。
「本当に腫れてるね。」
右ひざをさする私。

レントゲン撮って、再度診察室に呼ばれる。
「骨は折れてない。だけど水か油がたまってるっぽいから、早速だけど注射で抜こう。」
いきなり注射器が出てきて、
「痛いよ。」と先生は言いながらお注射。
プスッ!
「ああっ! 血が出てきた! 疑痛風だと油が出てくるんだけど、これは疑痛風じゃなくて、関節血症だ!」

血を抜いてみて、様子を見ることになった。
「少し楽になるはずだから。薬も要らないよ。また痛かったら来て。」
本当に薬も何も出なかった。
自然治癒を目指すみたい。

病院を出たら雨。
持っていったウィンドブレーカーを着て帰る。
雨足がまだ強くなくて良かった。

うちのマンションのエレベーターに鏡がついてるんだけど、
「あんたほら見てごらん。2人でテルテル坊主みたいだよ。」
フードを頭からかぶって、2人で顔だけ出していた。
かーちゃんと笑った。

明日城東デイケアなんだけど、帰ってきてすぐ電話した。
「お風呂につかるのは駄目ですが、シャワーは良いそうです。」

シャワ―に入ってもらわなくては困る。
日曜のかーちゃんの頭の加齢臭はけっこう臭い。
私の鼻が曲がりそうになる。
「臭い。」と漏らすとかーちゃんが笑う。
そこ笑うところじゃないよ。
正直に臭いと思ってるんだよ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 17:30| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

内科32 無事退院

朝起きてご飯。
まず10時前に銀行に行く。
昨日看護師に言われた『7』引き落とす。
その足で車椅子持って迎えに行く。

お着替えを介護士さんに頼んで、お会計に行く。
お会計先にしないと、
薬やらサマリーやら情報提供書やらを渡してくれない。
ナースステーションで「お会計してきましたー。」
お部屋でお待ちください、と言われる。

待ってたら看護婦さんが来た。
情報提供書、薬をもらう。
ケアマネに言われた看護サマリーがない。
昨日の看護婦さんからは、
看護サマリー退院時にもらうことになっていると話す。
看護婦さん看護サマリーを用意してくれる。
部屋で待つ。

かーちゃんを車椅子に乗せてもらう。
看護サマリーもきたので、
その辺にいたお世話になったリハビリの先生やら、
去年から見知った看護婦さん等にご挨拶。
ナースステーションでご挨拶。
1階で、忘れてはならないテレビカードの清算。

「さぁ帰ろう。」
車椅子を押して橋を渡る。
うちから歩いて1分に公園があるので、
もう花びらの散った桜を見せていた。
「何とか桜に間に合ったね。」
枝の先の方に、まだ散らない桜が咲いていた。
そしたら城東から携帯に電話。

何事ぞ?
「すいません。渡し忘れた薬があるので、もうおうちにお帰りになりましたか?」
「あと10メートル。」
「すいません、取りに来ていただけませんか?」
車椅子押して戻るかどうしようかと思ったが、
かーちゃんを部屋に入れてテレビ見てもらうことにした。
私1人でズカズカ歩いた方が早い。
「じゃあ取りに伺います。」

かーちゃんに、
城東に薬を取りに行くからテレビ観てて、と言って、
居間のかーちゃん席に車椅子を置いて、高校野球をつける。
薬取りに行く。

退院時に挨拶できなかった顔見知りの、
看護婦さん介護士さんにまたご挨拶。
「もう来ないようにします。ありがとうございました。」

しかしこれが酷い話しの始まりだった。
酷い話しは長くなるので、一旦ここで退院の記事終了。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 16:45| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

内科31 明日退院だぞ

6月から始まる授業の日程がわかったので、
ケアマネに電話。
「明日11時退院ね。担当者会議は1時半。」
おおっ、早い。
12時には必ず飯にしなければ。
ケアマネHさんに、
看護サマリー欲しいと言われたので病院に確認。
明日持たせてくれるそうだ。

4時頃面会に行く。
すぐ帰るつもりだったが、
明日入院費いくら位持ってくればいいかわからないので、
その辺にいた看護師さんに問い合わせた。
「お部屋でお待ちください。」
待った。
待ってたら、
大腿骨骨折入院の時のリハの先生が顔を見せに来てくれた。
「相棒好きなんですねー。」
すぐ帰るつもりで、かーちゃんの耳にイヤホン差し込んで、
相棒を見せていた。
「もう来ないようにします。明日退院です。ありがとうございました。」

何時まで経ってもお金の話し伝えに来てくれない。
来ない。
小1時間くらい待った。
携帯のスケジュール見ながらジレジレしてきた。
あと5分待ったら言いに行こう。
そしたらリハビリの先生が来た。

「書類にサインお願いしますー。」
サインしないといけなかったので、結果的には待ってて良かった。
「今回(去年の圧迫骨折入院時と比較している)は受け答えもできるし、リハもできるし、本当に今回やって良かったです。字も書けるし、きれいにはっきり書いてくれました。」
「こっちが本当なんですよー。お喋りなんですよー。明日退院です。ありがとうございました。」
リハの先生に、お金の件で部屋で待っててと言われて、
小1時間くらい待ってるんですが、と言ったら、
「あ、看護師に伝えます。」

したらすぐ看護師さん来た。
「6くらい。」
「6より上ですか? 下ですか?」
「くらい、なので、上だと思います。」
「じゃあ7持ってきます。」
「その方が安心です。」
うひぃ〜〜〜〜〜7だってぇ〜〜〜〜〜。

今日は着替えのお洋服持っていった。
明日は車椅子を持っていかねば。
持ち出しのタオルとか、
肌着を持って帰る大きなカバンも持っていく。
明日銀行にも行かなければ。
帰ってきて、
区分3舌でつぶせるレトルト食も食べさせてみなければ。
その後担当者会議。

いっそがしーぞっ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 17:42| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

内科30 相棒に負ける

行ったらナースステーションで、
去年もお世話になった関西出身の看護婦さんがいて、
退院の時間をどうするか聞かれた。
10時でも10時半でも、と言ったら、
「決めた時間より遅くなっても早くなってもかまへん。大事なんは、昼ご飯を食べるかどうかや。」
セットで頼んだ昨日着た介護食がどのような様子か見たいので、
早くかーちゃんに食べさせたいので、
「昼はうちで食べる予定ですー。」
「ほな11時にしよかー。」

病室へ行く。
するとかーちゃんの耳にイヤホンが入ってて、
全然喋ってくれない。
おかしいと思ってテレビ画面を見たらもう相棒がついていた。
「誰がテレビつけたの?」これは聞こえたらしい。
「自分でつけた。」すぐ返事が返ってきた。
おぉ、自分でテレビつけられるようになったのか。
嬉しく思って喋りかけたが全然反応がない。
目はテレビに釘付け。
「じゃあもう帰るわ。」即退出。

ナースステーションによって、
「帰ります。よろしくお願いしますー。」
さっきの関西出身看護婦さん。
「もう帰るん?」変な顔された。
「行ったらもうテレビがついてて全然喋らない。(私より)相棒の方がいいんですよ。」
歩いていてこの話しが聞こえた介護士さんと、
ステーションにいた他の看護婦さんから失笑。

ケアマネHさんに、かーちゃん退院の時間、
電話して伝えるの忘れちゃった。
帰ってきてつい自分の晩飯の準備を先にしてしまった。
月曜朝一だな。
絶対忘れないように。

昨日区分3舌でつぶせるの、1週間分の介護食セットが来た。
昨日カロリーメイトゼリー(朝ご飯用)も箱買いした。
これから区分3舌でつぶせる介護食おかずの大人買いをしようと思ってる。
おかゆは介護食セットについてきたおかゆの様子を見て、
再現できそうなら自力でやってみるつもり。
無理そうならおかゆも大人買いする予定。
退院準備も佳境に入ってきた。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 17:45| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

内科29 それは京都じゃないよ

3時約束の栄養指導に行ってきた。
城東の栄養士さんと会う。
ケアマネHさん同席してくれる。

かーちゃんは重度の嚥下障害だそうだ。
食べさせていいものを聞く。
メーカーで介護食の基準の言い表し方がそれぞれ違っていて、
どれを選んで良いのかわからないので聞いてきた。

終わってHさんとバイバイしたが、
エレベーター前でちょっと立ち話し。
昨日伝えたショートの件話す。
なごやかさん月1って考えてたんだけど、
今までは水曜に城東デイケアだったんだけど、
そこをなごやかさんにしてもらうのはどうかな。
城東デイケアよりなごやかさんの方が融通が利く。
なごやかさんお付き合いを切れない。

病室に戻って、かーちゃんとちょっと話す。
「京都に行かないといけない。」
はぁ? 京都ぉ?
「あんたは京都なんて行かなくていいんだよ。」
どっから出てきた京都。
「行きたくないけど行かないといけない。」
京都ぉ? 京都ぉ?
あーーーーーーっわかったぁーーーっ!
「あんたそれはショート。京都じゃなくてショート!」
ゲラゲラ笑った。

行きたくないだろうが行ってもらわないといけない。
ショートに行ってもらわないといけない、
こちらの事情をくみ取って欲しい。

ナースステーションで看護婦さんに、先生に、
医療情報提供書を2通書いて欲しいのをお願いした。
退院まであと1週間。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 16:53| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

内科28 ちょっと状況が変わってきた

かーちゃんの状況は変わってないが、
自分の状況が少々変わりそう。
本当に受けたい授業が6月からある。
それに通いたい。

まずケアマネに相談してみた。
「夜7時くらいまでやっているデイサービスはありませんか?」
6時半くらいになら学校から帰って来れる。
7時までやってくれているところがあれば、
今の生活をあまり変えないで対応できる。

折り返し電話かかってきた。
法改正してから遅くまでやっていたデイサービスは、
皆撤退しちゃったんだって。
「ない。」って言われた。
明日栄養指導があるので、それはよろしくお願いします、と電話切る。

次に城東老健に行って、老健ケアマネに、
城東デイサービスはどんな感じなのか話しを聞く。
「何日、何日といった予約の仕方は現状やってません。」とのこと。

次にかーちゃんに面会。
受けたい授業があるのを話す。
夜までやってるデイサービスがないので、
ショートに行ってもらうしかない、と話す。
今授業を受けるこのチャンスを逃すと、
次は何年先になるかわからなくなる、と話した。
月曜にショートに行ってもらって火曜に帰ってきてもらって、
水曜になごやかさんか城東デイケアを選んでくれ、と話した。
明日までに考えてくれ、と話した。

明日ショートの話しをケアマネと多分進める。
今から予約しないと、多分6月なんてすぐ来る。

介護をしながら学校に行くのなんて、本当に大変。
だけど今踏ん張って勉強しとかないと、
本当に介護が終わったら何もできなくなってしまう。
再就職なんて無理に等しい。
在宅介護のスキルしかないこんなおばちゃん、
どこも雇ってくれない。

B型事業所で毎月内職代せいぜい5000円もらうのでは、
暮らしが立ち行かない。
E畠さんが焦ってるのがわかる。
うちよりE畠さんちの方が切羽詰まってる。
まー人のうちのことはその人でしか解決できないので、
口は挟まないが、痛みはわかる。

かーちゃんの介護やって、私が共倒れすることはできない。
それは回避しなければ。
そう思ってかーちゃんにその旨話した。
「ショートに行かないといけないんだね。」と言った。
かーちゃんはショートが何だかもわかってない。
わかってないが行ってもらわないといけなくなる。
6月から1年半我慢してください。
私は勉強に行く時間を取るつもりだ。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
posted by 加祥 at 18:54| Comment(0) | 東京城東病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする